Ubuntu Weekly Recipe

第64回 USBを使用して安全にUbuntuをインストールする

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

4月は新しいことが始まる季節です。それはUbuntuにとっても同じで,半年に1度の新バージョンのリリースがやってきます。それを記念して,今回はUbuntuのインストールという基礎の基礎をやってみようと思います。ただし,単なるインストールではなく,USBメモリやSDカードなど,HDDやSSD以外にインストールすることにします。これで,既存の環境を壊さずにUbuntuを使用することができます。

ここでは,例としてUbuntu 9.04 Betaをインストールすることにします。おそらくリリース版でも大きな違いはありません。

USBメモリの注意点

まず,ここではUSBメモリと括ることにしますが,Eee PCシリーズなどではSDカードから直接ブートできるので,そちらでもかまいません。もちろん,USBメモリに変換したSDカードやその他のフラッシュメモリでも同じです。

事前注意としては,HDDやSSDと比較して読み込み/書き込み速度ともに大きく劣るため,インストールには思うよりも時間がかかります。その点はご注意ください。

ISOイメージのダウンロード

ISOイメージのダウンロードはUbuntu Japanese Teamのサイトからダウンロードしてください。Ubuntu 9.04 日本語Remixは,4月25日までにはダウンロード可能になっているはずです。ここではBeta版を使用するので,国内ミラーからダウンロードします。

インストールメディアの用意

Ubuntuのインストール方法はいくつかありますが,ここではCD-Rからインストールする基本的な方法と,ISOイメージをUSBメモリにコピーし,そこからインストールする方法を紹介します。

CD-Rの場合は,適切なライティングソフトウェアを使用してください,ISOイメージをそのまま焼かないように注意しましょう。

USBメモリの場合はUbuntuの環境が必要です。ここでは例として,Ubuntu Japanese TeamのサイトからVMwareのイメージをダウンロードし,これでUSBメモリを使用することにします。[ubuntu-ja-8.04-vmware-i386.zip(仮想マシン本体)]をダウンロードしてください。VMware Playerをお使いでない方は,これもあわせてインストールしてください。

ubuntu-ja-8.04-vmware-i386.zipを解凍して,VMware Playerを起動します。[開く]をクリックし,解凍したフォルダを選択すると[Ubuntu.vmx]が選択されますので,[開く]をクリックして起動します。続いて質問に答えてアカウントを作成し,ログインします。いちおうアップデートマネージャを起動してアップデートし,再起動します。

[システム]-[システム管理]-[ソフトウェア・ソース]でソフトウェア・ソースを起動し,[アップデート]タブの[サポートされていないアップデート(hardy-backports)]にチェックを入れ,[閉じる]をクリックします。そしてリポジトリのアップデートを実行するため,[再読込]をクリックしてください。

図1 [サポートされていないアップデート(hardy-backports)]にチェックを入れる

図1 [サポートされていないアップデート(hardy-backports)]にチェックを入れる

 完了したら,usb-creatorというパッケージをインストールします。端末から次のコマンドを入力するか,Synapticで検索してください。

sudo apt-get install usb-creator

インストールが完了したら,再びソフトウェア・ソースを起動し,[アップデート]タブの[サポートされていないアップデート(hardy-backports)]のチェックを外すことをオススメします。

ダウンロードしたISOイメージは,WindowsでコピーしてVMware PlayerのUbuntuで[貼り付け]することができます。これを使用するのが一番簡単でしょう※1)。

次にUSBメモリを認識させます。Windows PCが認識すれば,VMware PlayerのUbuntuでも認識すると思いますが,もししなければVMware Playerのタイトルバーにある[デバイス]メニューから認識させてください。

[システム]-[システム管理]-[Create a USB startup disk]でusb-creatorを起動し,[other]をクリックしてISOイメージを指定し,[USB disk to use]でUSBメモリを選択します。その後[Make Startup Disk]をクリックし,作成してください。

図2 usb-creatorでUSBメモリにインストールイメージをコピーする

図2 usb-creatorでUSBメモリにインストールイメージをコピーする

※1
失敗するかもしれませんが,何度かやっていればうまくいくようです。それでもダメであれば,USBメモリにISOイメージを置き,それをVMware Playerで認識させてコピーするという手も使えます。

USBメモリのインストールメディアに使用する場合の注意点

インストールメディアに使用するUSBメモリは1GBのものがもっとも適していますが,2GB以上の場合はちょっとした工夫が必要になります。以下の作業を行わないと,ブートしません。

  1. gpartedをインストールする
  2. USBメモリを認識させる
  3. [システム]-[システム管理]-[パーティション・エディタ]を起動する
  4. 右上のドライブ選択でUSBメモリを指定する(多くの場合は/dev/sdb)
  5. その下の黄緑で囲まれた部分を右クリックし,[フラグの管理]をクリックする
  6. [LBA]にチェックを入れ,[閉じる]をクリックする

図3 パーティション・エディタ

図3 パーティション・エディタ

これでもブートしない場合は,gpartedで1GB以下のパーティションを作成してみてください。そこまでやってもダメであれば,BIOSの設定による問題の可能性が高いです。例えば筆者のとあるPCでは,Bootメニューにある[USB Mass Storage Emulation Type]を[All Fixed Disc]にしないと起動しませんでした。

なお,フォーマット形式はFAT32なので,Windowsでも可能です※2)。

※2
とはいえ,試してはいないものの,USBメモリのパーティションを切るのは無理だと思います。ごく簡単なフォーマットの場合にご使用ください。

BIOSの設定

詳しくは触れませんが,BIOSの設定を変更してCD-ROMドライブなりUSBメモリなりからブートできるように設定することを忘れないでください。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。

コメント

  • たすけて

    パソコンにガードがかかっています
    あまりいえないことなので
    ガードをしたままダウンロード
    できませんか?

    Commented : #1  ゆうき (2010/02/16, 15:01)

コメントの記入