Ubuntu Weekly Recipe

第74回 Ubuntuでデジタル一眼レフカメラを使う

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

RAWデータとは

最近は携帯電話にも当たり前のようにデジタルカメラが装備され,デジカメ自体はごく一般的な日用品になったのではないでしょうか。そんな中,レンズ交換式のデジタル一眼レフカメラも,ここ数年で随分手頃になったように感じます。

一般的なデジタルカメラはCCDやCMOSセンサが受光した情報を,カメラ内部でJPEG画像に変換しています。しかし画像生成する過程でセンサが受光した情報の一部を切り捨ててしまったり,非可逆圧縮のJPEGにしてしまうことによる画質の劣化は避けられません。撮影した画像はフォトレタッチソフトで編集するのが一般的ですが,編集前の画像からオリジナルの情報が欠落してしまっている状態では,画質の向上は望めません。

そこでデジタル一眼レフカメラの多くはカメラ内でJPEG画像を生成せず,CMOSセンサが受光した生のデータをそのままファイルとして保存する機能がついています。この生のデータをRAWデータ注1と呼び,ユーザはコンピュータ上でこのRAWデータを「現像」することで,JPEGのような一般的な画像データを得ることが出来ます。RAWデータにはカメラのセンサが受けた情報が全て記録されているため,自由に露出やホワイトバランスの調整を撮影後の画像に対して行うことができます。ただしその特性上,RAWデータはファイルサイズが極端に大きくなるため注意が必要です注2)。

注1
RAWデータとは生のデータという意味であり,特定のフォーマットを指す言葉ではありません。RAWデータの形式はカメラメーカーや機種ごとに異なります。
注2
筆者が使用しているPENTAX K20Dでは,一枚あたり約24MB(4GBのSDカードで160枚程度撮影可能)のサイズとなります。

UbuntuでRAWデータを現像するには

Ubuntu上でRAWデータの現像を行えるソフトウェアはいくつかありますが,その中でも特に有名であると思われる物を紹介します。ただし前述の通り,RAWデータの形式はメーカー毎,機種毎に異なるため,ソフトウェア側で対応されていない機種も存在します。手持ちのカメラに対応しているかどうかは,各ソフトウェアのマニュアルや開発元のWebサイトを参照してください。

UFRawとGimpプラグイン

UbuntuのリポジトリにはUFRawというRAWデータ現像ソフトが存在します。そしてUFRawをGimpから利用できるようにしたプラグイン版がgimp-ufrawです。もちろんapt-getやSynapticからインストールすることができます。このプラグインはUFRawの機能を利用して,Gimpからファイルを開く際にRAW画像を現像してから読み込めるよう,Gimpを拡張することができます。

gimp-ufrawパッケージをインストールしたら,アプリケーション -> グラフィックス -> Gimp画像エディタを起動してください。そして通常のファイルを開くのと同様に,ファイル -> 開くとメニューを実行します注3)。

図1 クリックでプレビューも可能なダイアログ

図1 クリックでプレビューも可能なダイアログ

注3
PENTAXのRAWデータの拡張子はPEFとなります。

この画面で画像のプレビューを確認しながら,ホワイトバランスや露出,トーンカーブの調整,トリミングなどを行うことができます。OKをクリックすると設定したパラメータで画像を現像し,現像した画像はそのままGimpに読み込まれます。

図2 UFRawの現像画面

図2 UFRawの現像画面

gimp-ufrawで現像し,Gimpでリサイズした写真が以下のものになります注4)。

カメラPENTAX K20D
レンズsmc PENTAX-DA 10-17mm FISH-EYE
焦点距離17mm
絞りF4.5
ISO感度200
露光時間1/250

図3 Gimpでリサイズした写真

図3 Gimpでリサイズした写真

注4
この記事のために急遽庭先で撮影した写真のため,あまり綺麗な例ではありません。綺麗な写真で現像を試してみたい方は,カメラメーカーがサンプルとして提供している画像を使って手元で試してみるとよいでしょうKodakの例)。なお余談ですが筆者は魚眼レンズが大好きです。

著者プロフィール

水野源(みずのはじめ)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。理想のフリーデスクトップ環境を求めて東へ西へ……のはずが,気がついたら北の大地で就職していたインフラ寄りのエンジニア。株式会社インフィニットループ所属。

コメント

コメントの記入