Ubuntu Weekly Recipe

第75回 SMPlayerで擬似HD(High Definiton)動画再生

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

UbuntuとDVDとFull HDディスプレイ

Ubuntuは動画※1の再生時に自動的に使われているコーデックを検出し,インストールするウィザードを表示するなど,特に煩わしいことをしなくてもたくさんの形式の動画再生が可能です。標準の動画プレイヤーはTotemといい,通常の用途であれば不満を抱くこともないでしょうが,VLCMPlayerといった,何年も開発が継続され,ユーザも多いメディアプレイヤーもあります。特にMPlayerは機能豊富で,かつ標準でもGUIフロントエンドはついているものの,使い勝手がいいとはいえず,それを補うたくさんのサードパーティ製GUIフロントエンドが存在します。SMPlayerもそのひとつで,これはMPlayerの多くの機能をサポートしているGUIフロントエンドです。

最近はFull HD※2の液晶ディスプレイが2万円も切ることも常態化し,お使いの方も多いのではないでしょうか※3)。とはいえBlu-rayを再生するならともかく※4),多くの場合はDVDの再生で,高解像度の恩恵にはあずかれていないでしょう。DVDの解像度は720x480で,Full HDの液晶ディスプレイで再生するにはちょっと解像度が小さいです。

そこで登場するのがSony PlayStation 3などに搭載されている「アップスケーリング」という機能で,擬似的にDVDの解像度をFull HD相当に変換します。最近はPowerDVDWin DVDなど,Windows用のDVD/Blu-rayプレイヤーでこの機能が搭載されたものがあります。

実は,SMPlayerでは[ソフトウェア スケール]という機能があります。これは「アップスケーリング」のことであり,UbuntuでもFull HDディスプレイの恩恵にあずかることができます※5)。

図1 SXGA環境で[ソフトウェア スケール]を使用したものを縮小した画像ですが,著作権処理済みで何をどのぐらいきれいに再生しているのか不明なのが残念

図1 SXGA環境で[ソフトウェア スケール]を使用したものを縮小した画像

※1
厳密にいえば,動画ばかりではなく音楽もそうです。
※2
解像度1920x1080がFull HDの定義だそうです。
※3
ちなみに筆者はまだです……。すべて1280x1024で検証しているので,これから書くこともFull HDだとまた違う結果になるかもしれません。
※4
今のところLinuxでは普通にBlu-rayを再生することはできないと思いますが……。
※5
もちろんFull HDでなくても,DVDの解像度よりも大きいディスプレイだと効果があります。

SMPlayerのインストール

Ubuntu 9.04であればSMPlayerもMPlayerもリポジトリにあるのでインストールすることができますが,PPAにある最新版を使うことにします。説明を簡単にするため,コマンドを使用します。

まずは[アプリケーション]-[アクセサリ]-[端末]で端末を起動し,geditで/etc/apt.sources.listを開きます。

$ sudo gedit /etc/apt/sources.list

以下の4行を追加し,保存します。

deb http://ppa.launchpad.net/rvm/smplayer/ubuntu jaunty main 
deb-src http://ppa.launchpad.net/rvm/smplayer/ubuntu jaunty main
deb http://ppa.launchpad.net/rvm/mplayer/ubuntu jaunty main 
deb-src http://ppa.launchpad.net/rvm/mplayer/ubuntu jaunty main

GPGキーを登録します。

$ sudo apt-key adv --recv-keys --keyserver keyserver.ubuntu.com 03E02400
$ sudo apt-key adv --recv-keys --keyserver keyserver.ubuntu.com E4A4F4F4

リポジトリ情報を更新します。

$ sudo apt-get update

SMPlayerをインストールします。

$ sudo apt-get install smplayer

インストール終了後,[アプリケーション]-[サウンドとビデオ]-[SMPlayer]で起動してください。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。

コメント

コメントの記入