Ubuntu Weekly Recipe

第78回 Ubuntuと携帯電話でTODO・タスク管理~TasqueとRemember The Milkを使う~

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

皆さんは,PCで作成・収集した情報を外出先で利用しているでしょうか。最近では,⁠Dropbox」に代表されるオンラインストレージを使って,自宅のデスクトップPCとモバイルPCのファイルを同期させている方も多いかもしれません。通常のファイルを複数のPCで共用する場合には,この方法は非常に便利です。

しかしながら,PCで管理しているタスクリスト(やるべきことの一覧)に関しては事情が異なります。まず,外出先でタスクリストを確認するためだけにPCを取り出すのは面倒です。さらに,混んでいる電車内や布団に入った後など,PCを使えない状況で実行したいアイデアを思いつくこともあります。ならば,タスクリストを携帯電話で管理すれば良い気もしますが,それではPCで得た情報を活用することが難しくなります。

やはり,PCと携帯電話で同一のタスクリストを相互に参照・編集できるのが理想的でしょう。そこで今回は,携帯電話からも利用できるタスク管理ツール「Remember The Milk」を,Ubuntuデスクトップにインストールした「tasque」で利用する方法を紹介します。

Remember The Milkとは

「Remember The Milk」は,インターネットを利用したタスク管理ツールです。通常のWebブラウザだけでなく,携帯電話からも利用できます。Googleカレンダーにタスクを表示したり,Twitterからタスクを登録できるなど,他のネットサービスとマッシュアップしている点も大きな特徴だと言えるでしょう。基本的なサービスは無料で利用することができますが,Proアカウント(年間25ドル)を取得すれば,メールによる優先サポートが受けられるほか,新機能をいち早く使うことができます。詳しくは,Remember The MilkのWebサイトを参照してください。

Remember The Milkを使ってみる

まず,Remember The Milkのトップページにアクセスし,アカウントを登録します。登録方法は一般的なWebサービスと同じですので,迷うことはないでしょう。Remember The Milkのアカウント登録や詳しい使い方については,これなら毎日できるタスク管理 1から学ぶRemember The Milkを参照してください。また,Remember The Milk 日本版 公式ブログも参考になります。

Tasqueを使ってRemember The Milkのタスクを管理する

WebブラウザでRemember The Milkを使いつづけることもできますが,Remember The Milkにアクセスし,ログインしてタスクを追加する画面を開き…と操作しているうちに,思いついたアイデアを忘れてしまいかねません。やはり,タスクは思いついたらすぐに入力できるようにしておくべきです。そこで,⁠Tasque」というアプリケーションを使います。Tasqueは,Ubuntu 9.04よりUniverseレポジトリに追加されたタスク管理のためのGUIアプリケーションです。バックエンドとして,Remember The Milk,Evolution Data Server,そしてローカルファイルの3種類を選択することができます。ここではRemember The Milkを使う方法を紹介します。

まず,tasqueパッケージをインストールします。図1のように,⁠アプリケーション]⁠-⁠追加と削除...]を起動して追加することができます。

図1 アプリケーションの追加と削除によるインストール

図1 アプリケーションの追加と削除によるインストール

インストールすると,⁠アプリケーション]⁠-⁠オフィス]⁠-⁠Tasque]が追加されます。起動しすると図2の画面が表示されます。タスク管理システムとしてRemember The Milkを選ぶと,図3の画面に変わります。ここで「Click Here to Connect」をクリックすれば,ブラウザが起動して図4のようなページが表示されます。

図2 tasque初回起動時

図2 tasque初回起動時

図3 Remember The Milk選択時

図3 Remember The Milk選択時

図4 APIを使ったアクセスの許可確認ページ

図4 APIを使ったアクセスの許可確認ページ

これは,TasqueにRemember The Milk APIを使ったアクセスを許可するかどうかの確認ページです。問題なければ,⁠OK, I'll allow it」をクリックしましょう。その後,Tasqueに戻って「Click After Authorizing」をクリックすれば,Remember The MilkのタスクがTasqueに読み込まれます図5)⁠

図5 Remember The Milkからタスクを読み込んだTasque

図5 Remember The Milkからタスクを読み込んだTasque

これで,タスクの参照と追加ができるようになりました。なお,タスクにチェックを入れると10秒後に「完了」となります。その他,優先度と期日も設定することができます。

さらに,ログイン時にTasqueが自動起動するように設定しておきましょう。そうすれば,ログイン中はいつでもすぐにタスクを操作することができるようになります。まず,⁠システム]⁠-⁠設定]⁠-⁠自動起動するアプリ]を開きます。そして「追加」をクリックし,図6のように入力して「追加」を押します。これで完了です。次回のログイン時より,自動的にTasqueが起動します。

図6 Tasqueの自動起動設定

図6 Tasqueの自動起動設定

なお,Tasqueが起動すると右上のパネルに緑のアイコンが追加されます。クリックするとウィンドウの表示・非表示を切り替えることができます。また,右クリックすることで設定やタスクの再読み込み,終了を行うことができます。

著者プロフィール

小林準(こばやしじゅん)

Ubuntu Japanese Team リーダー。2005年より日本国内でUbuntuの普及活動を行っている。著書に,Linuxシステムの管理に必要な知識を解説した『独習Linux』がある。

コメント

コメントの記入