Ubuntu Weekly Recipe

第79回 Ubuntu標準の音楽プレイヤー「Rhythmbox」を利用する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

先日のUbuntu Weekly Topicsでお知らせしたとおり,7月10日と11日にOSC 2009 Kansaiが開催されました。多数の皆様にお越しいただき,誠にありがとうございました。

今回は,本稿の締め切りとニアミスしていたため,会場で執筆していました!……というのは,冗談です。そのようなことはしておりません。事前に,OSCで発表する資料と平行して執筆作業を進めました。資料制作や執筆作業は,皆様に楽しんでいただいている姿を想像すると,ちっとも苦ではありません(これは嘘ではありません)。

さて,そのような作業に必要なのは,音楽です。筆者はどこかの音楽ショップのキャッチコピーのように,音楽がないと生きていけません。CD購入量もおそらく平均より多いですし,いつも何らかの曲を聴いています※1)。最近はWindowsよりもUbuntuで聴くことが多くなりました。

しかし,Ubuntu(というかGNOME)標準の音楽プレイヤーはRhythmboxですが,必ずしも気に入っているわけではありませんでした。他にもさまざまなプレイヤーがありますが,いろいろ試してみたもののRhythmboxに慣れるのが一番良さそうという結論に達しました。そこで今回は,Rhythmboxの使い方を紹介します。

ところで,筆者はオープンソースよりもオープンスタンダードのほうが重要だと思っています。具体的には,可能な限りフリーなファイルフォーマットを使用するようにしています。オフィススイートはOpenOffice.orgのODFを使用し,音楽ファイルにはOgg Vorbisを使用しています。Ogg Vorbisに関する詳細な解説はここではしませんが,Rhythmboxなどでは標準のファイルフォーマットになっています。Windows用の音楽プレイヤーでも再生できるものはありますし,携帯音楽プレイヤーでも対応しているものはあります。Ogg Vorbisの特徴は,MP3の短所を克服したことですが,同時に長所を生かすことができません。すわなち,再生できるプレイヤーが限られていることです。このような弱点の克服方法も説明できればと思います。

※1
執筆時にAMラジオを聴いていることもありますが……。

Rhythmboxの基本

Rhythmboxは,[アプリケーション]-[サウンドとビデオ]-[Rhythmbox ミュージック・プレイヤー]で起動します。他のプレイヤーと若干レイアウトが異なりますが,左上のソース・リストで何を選択したかによってレイアウトが変化します。ここでは[ライブラリ]の[楽曲]を選択しています。中央と右上が[ブラウザ]で,音楽ファイルに埋め込まれているアーティスト名とアルバム名でソートされます。そして,その下に[トラック・リスト]が表示されます。

図1 Rthythmbox起動直後の初期画面

図1 Rthythmbox起動直後の初期画面

リッピング

RhythmboxにはCDからリッピングする機能があるので,これを利用し,ライブラリを充実させます。CDを挿入したら,自動的に認識します。MusicBrainz!に登録されているCDの場合は,自動的にデータを取得します。デフォルトのエンコード形式はOgg Vorbisになっていますが,これは変更することができます。[編集]-[設定]-[楽曲]タブ-[フォーマット]です。具体的には,次のとおりです。

  • CD Quality, Lossless (.flac)
  • CD Quality, Lossy (.ogg)
  • Voice, Lossless (.wav)
  • Voice, Lossy (.spx)

Losslessというのは可逆圧縮,Lossyというのは非可逆圧縮です。ご覧のとおり,MP3はデフォルトでは含まれません。MP3でエンコードしたい場合は,[gstreamer0.10-plugins-ugly-multiverse]というパッケージをインストールしてください。すると[CD Quality, MP3 (.mp3)]が追加されます。他にもプラグインのインストールの関係で,ここに追加されることがあります。

[編集]で細かな設定ができますが,デフォルトで充分なクオリティになっているので,特に設定する必要はないでしょう。

設定完了後は,ツールバーの[ライブラリに追加]をクリックしてください。すると,指定のフォルダ(デフォルトでは$HOME/音楽)以下にリッピングされ,音楽ファイルが作成されます。

図2 [ライブラリに追加]をクリックすると,すべての収録曲のリッピングが開始される

図2 [ライブラリに追加]をクリックすると,すべての収録曲のリッピングが開始される

音楽ファイルの置き場所

ここでは,音楽ファイルの置き場は前述のとおり$HOME/音楽を想定していますが,これはどこでもかまいません。もちろんリモートでも問題ありません。GNOMEに統合されているので,ローカルもリモートも同じように扱えます。例えば筆者は,音楽ファイルはすべてsambaが動いているファイルサーバに置き,どのOSからでもアクセスできるようにしています。

演奏キュー

エンコードされた音楽ファイルは,自動的に[楽曲]に登録されます。アルバムやアーティスト単位で再生するのが普通だと思いますが,いろいろなアルバムやアーティストをつまみ食いして聴きたい場合もあるでしょう。

そのような場合は,[演奏キュー]を使うと便利です。演奏キューに追加したい曲を右クリックし,[演奏キューに追加する]をクリックしてください。そうすると,ソース・リストにある[演奏キュー]に追加されます。ここに追加された曲は,再生されると消えていきます。

図3 再生したい曲を演奏キューに登録した。ここでは,トークとカラオケを抜いている

図3 再生したい曲を演奏キューに登録した

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。

コメント

コメントの記入