Ubuntu Weekly Recipe

第88回 プレゼンツール「impressive」を使う

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

年度前期の締めくくりに入るこの時期,研究経過発表など,プレゼンテーションの準備に忙しい方も多いでしょう。OpenOffice.orgのImpressで作成して,そのままプレゼンテーションを実行するのもいいですが,今回は「impressive」というツールを使う方法を紹介します。

impressiveとは

impressiveは,スライドを作成する機能を持たず,⁠スライドを観せる」ことに特化したツールです。よって,impressiveを使うには,まずOpenOffice.orgのImpressなどでスライドを作成しておき,PDFとしてエクスポート図1しておかなければなりません。

そしてそのPDFファイルを入力として渡してimpressiveを起動することで,プレゼンテーションが始まります。OpenGLを利用した滑らかな視覚効果(トランジション,サムネイル表示など)が特徴で,ハイライト表示,マウスポインタ強調表示など,プレゼンテーション時にあると便利な機能も備えています。

図1 OpenOffice.org Impressで,PDFとしてエクスポートしておく

図1 OpenOffice.org Impressで,PDFとしてエクスポートしておく

インストールと起動

[アプリケーション]-[アクセサリ]-[端末]で端末を起動し,次のコマンドでインストールします注1)⁠

$ sudo apt-get install impressive

ホームディレクトリに保存されている「slide.pdf」というファイルでプレゼンテーションを開始するには,次のコマンドを実行します。

$ impressive ~/slide.pdf

すると,おまかせ設定(フルスクリーン)でプレゼンテーションが始まります。

impressiveは拡張デスクトップには対応していないので,内蔵モニタとプロジェクタの出力をミラーするのがよいでしょう。出力切り替えに関する説明は第48回を参考にしてください。

また,プレゼンテーションを実行する際の注意事項として,スクリーンセーバーをオフにしておく,省電力設定で画面がオフにならないようにしておく,などがあります注2)⁠

注1
Ubuntu 9.04からパッケージ名が「keyjnote」から「impressive」に変更されました。Ubuntu 8.10以前を使用している場合は,⁠impressive」の代わりに「keyjnote」としたものを実行してください。
注2
Notify OSDでTwitterのつぶやきを表示するように設定している場合は表示されないようにしておく,という注意事項もあります。せっかくのプレゼンテーションがTwitterのつぶやき1つで台無しになってしまうのを防ぎましょう。

impressiveの操作方法

impressiveのキー割り当ては以下のようになっています。

「Esc」,「Q」impressiveを終了する
左クリック,「Page Down」,右または下矢印キー次のページへ送る
右クリック,「Page Up」,左または上矢印キー前のページへ戻る
「Home」最初のページへ
「End」最後のページへ
「F」フルスクリーン切り替え
「T」経過時間表示/非表示切り替え
マウスドラッグで範囲指定ハイライトボックス作成図2
ハイライトボックス右クリックハイライトボックス消去
「Enter」スポットライトモード切り替え図3
「+」「-」スポットライトの大きさ変更
「Tab」,中クリックサムネイル表示図4
「Z」ズームモード
ズームモード中に右ボタンドラッグズーム範囲移動
「B」,「W」黒画面,白画面へ注3
注3
この機能はプレゼンテーションを中断して,ホワイトボードなどに書きながら説明する際に役立ちます。

図2 ハイライトボックス

図2 ハイライトボックス

図3 スポットライト

図3 スポットライト

図4 サムネイル

図4 サムネイル

impressiveの設定

impressiveは起動時にオプションを渡すことで細かな設定ができます。ここでは筆者がよく使うオプションを紹介します。

  • --mousedelay:マウスポインタが非表示になるまでの時間をミリ秒で設定します
  • --transition:トランジションを指定します
  • --transtime:トランジションの効果時間を設定します

トランジションは,以下のコマンドで一覧を取得できます。

$ impressive --listtrans

毎回長いオプションを入力するのは大変なので,テキストエディタで,以下のような内容を入力してシェルスクリプトとして保存しておくとよいでしょう。

#!/bin/bash

/usr/bin/impressive \
--mousedelay 500 \
--transition Crossfade \
--transtime 500 \
~/slide.pdf

また,興味深いオプションとして,⁠--duration」があります。これはプレゼンテーションの予定時間を指定するオプションで,画面下端に経過時間を示すプログレスバーを表示してくれます図5)⁠予定時間を迎えると緑色のバーが画面幅いっぱいになり,予定時間の125%で黄色に,150%で赤色になります。

図5 画面下端に緑色のプログレスバーが表示される

図5 画面下端に緑色のプログレスバーが表示される

著者プロフィール

村田信人(むらたのぶと)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntuオフラインミーティングに参加するうちにUbuntu Japanese Teamの活動に興味を持ち,2009年8月に加入。

コメント

コメントの記入