Ubuntu Weekly Recipe

第93回 Ubuntu 9.10以降のインプット・メソッド「IBus」を使用する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

仕様変更

Ubuntu 9.10でのインプット・メソッドは,これまでのSCIMからIBusに変更になります。そこで今回は,やや先取りではあるものの,IBusの特徴や使い方の紹介と,これまでどおりSCIMを継続して使う方法を紹介します。

IBusとは

IBusは, Red HatのShawn.P.Huangによって開発されているインプット・メソッドです。今のところ標準のインプット・メソッドとして採用しているのは Fedora(そして今回からのUbuntu)程度ですが,現在もっとも活発に開発されているので,採用するLinuxディストリビューションも増えていくことでしょう。日本語のブリッジ(IBusの用語でいうとエンジン)はAnthy用のIBus-Anthyしかありませんが(※1),すこし前から日本人によって開発されるようになり,実用上問題ないぐらいまでは開発が進みました。

※1
ibus-skkも欲しいという話は聞きますが,今のところ開発されていないようです。興味のある方は, ibus-tmplを参考にして,開発されてみてはいかがでしょうか。

NetbookやMID(Mobile Internet Device)用のプラットフォームを開発するMoblinも,いつの間にかIBusの入力用のモジュールを開発しており,もはやSCIMからの代替を決定的なものにしたといっていいでしょう。

PPAの追加とパッケージのアップデート

ご存じのとおり現在はまだ9.10は開発中であり,これは日本語Remixも同じです。よって,開発用のPPAリポジトリを追加するわけですが,今までだと以下の作業をが必要でした。

1. /etc/apt/sources.listをエディタで開き,次の行を追加する
deb http://ppa.launchpad.net/japanese-testers/ppa/ubuntu karmic main
deb-src http://ppa.launchpad.net/japanese-testers/ppa/ubuntu karmic main
2. 次のコマンドで鍵を登録する
$ sudo apt-key adv --recv-keys --keyserver keyserver.ubuntu.com F720CFCA

しかし,9.10からは以下ののコマンドを実行するだけで,上記の作業を自動的にやってくれるようになります。

$ sudo add-apt-repository ppa:japanese-testers/ppa

GUIで追加する場合は,[システム]-[システム管理]-[ソフトウェア・ソース]を起動し,[他のソフトウェア]タブを開きます。左下の[追加]アイコンをクリックし,APTラインの行に以下を入力し,[ソースを追加]をクリックします。

ppa:japanese-testers/ppa

最後に[閉じる]をクリックすると,[利用可能なソフトウェアの情報が古くなっています]というダイアログが表示されるので,[再読込]をクリックしてください。これでリポジトリの情報がアップデートされます。

次に,実際にパッケージをアップデートします。端末から実行する場合は,以下の作業を行えば,日本語Remixで採用される予定のパッケージにアップデートされます。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade

GUIで実行する場合は,[システム]-[システム管理]-[アップデート・マネージャ]を起動し,[アップデートをインストール]でインストールしてください。

最後にもう一度書きますが,Ubuntu 9.10日本語Remix CDからインストールする場合は,上記の操作は必要ありません。ただし,実験用のパッケージがアップロードされることはあるので,テストしてもいいよという方は追加してください。

図1 ソフトウェア・ソースを使ってPPAのリポジトリを追加する方法。結果的に例を完全に無視していることになっているが,問題はない

図1 ソフトウェア・ソースを使ってPPAのリポジトリを追加する方法

図2 アップデート・マネージャでアップデートを行う。これまでと違い,リポジトリ名(ここではLP-PPA-japanese-testers)が表示されている

図2 アップデート・マネージャでアップデートを行う

IBusとIBus-Anthyの使い方

インストール後は一度ログアウトして,再ログインしてください。 IBusはSCIMと同じく,半角/全角キーあるいはCtrl+スペースキーで起動します。ツールバーはSCIMと違いエンジン名(この場合だと Anthy)が表示されていない以外はおおよそ同じです。あえていえば個人辞書ツール(霞)の起動用ボタンがないくらいですが,IBusがオンの時は Ctrl+F7キーで起動できます。

右から2番目のアイコンをクリックすると,設定画面が表示されます。

図3 IBusのツールバー。すっきりしている

図3 IBusのツールバー。すっきりしている

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。

トラックバック

  • Ubuntu 9.10 で 日本語入力とEmacsのMark Set を両立させる

    Ubuntu 9.10 をインストールしたが、日本語入力方法がデフォルトでは iBus-Anthy というものになっていて、今までのscim-anthyとは若干違いがあるみたいです。
    私はEmacsを使うことがあるのです...

    Tracked : #1  ges で ゲス。 (2009/11/07, 11:38)

コメント

コメントの記入