Ubuntu Weekly Recipe

第95回 複数のOSを使う(1)LiveCD,VirtualBoxの利用

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

先日Windows 7の販売が開始され,続いてUbuntu 9.10も無事リリースされました。Windows 7もUbuntu 9.10もインストールしたいと思っている注1そんな今だからこそ少し立ち止まって,複数のOSを使うことについて改めて考えていきましょう。

注1
筆者はWindows 7 Home Premiumを購入しました。

インストール,アップグレードをあせらないでください

Ubuntuに限らず,様々なOSに言えることですが,リリース前にある程度のユーザ数と環境でテストが行われているものの,正式リリース後に多数のユーザによって様々な環境で使われるようになると,思わぬ不具合が発覚することがあります。そのような不具合も修正されて一段落した頃が,インストールに適しています。Ubuntuでは,リリースから1ヶ月ほど経った時期がよいでしょう。

今回のレシピは3週に渡ってお送りする予定で,3週分のレシピを全て読み終わってから,自分に適したインストール方法を1週間じっくり検討していただくと,ちょうどリリースから1ヶ月頃となります。

LiveCD,USBスタートアップディスク

LiveCD

Ubuntuを試すための基本はLiveCDです。Ubuntuを触るのが初めてという方だけではなく,アップグレード前に新バージョンの動きを確認するためにぜひ使っていただきたいです。

LiveCDで起動して,画面出力は正常か,音は出るか,有線LANまたは無線LANに接続できるか,アプリケーションは正常に動くか,などを確かめてください。

特に,universeやmultiverseリポジトリに含まれているアプリケーションは,Ubuntuの新しいバージョンへの対応が間に合わず,正常に動作しない,起動すらできないという場合があります。自分にとって必要なアプリケーションでこのような状況に遭遇した場合,Launchpadのバグ報告ページやプロジェクトのページなどで,解決策や,解決までの予想期間などを調べた上で,代わりとなるアプリケーションを探したり,Ubuntu自体のインストールまたはアップグレードを延期するべきでしょう。

USBスタートアップディスク

アプリケーションをインストールして試す場合に便利なのがUSBスタートアップディスクです。

[システム]-[システム管理]-[USBスタートアップ・ディスクの作成]から作成できます。

作成の際に,⁠行われた変更を保存」に設定しておけば,インストールしたアプリケーションは再起動後にも使用できます図1)⁠USBスタートアップディスクの作成に必要なのは,データが全て消去されてもよい1GB以上のUSBメモリですが,⁠行われた変更を保存」を使用する場合は2GB以上を推奨します。

図1 ⁠行われた変更を保存する」に設定すると再起動後にもデータが使用できる

図1 「行われた変更を保存する」に設定すると再起動後にもデータが使用できる

インストール先を考える

LiveCDやUSBスタートアップディスクで試して,自分の使用しているパソコンで正常に動くとわかった場合,次に考えるのはインストール先です。

主なインストール方法は以下の4つです。

  1. やはり実マシンはやめておいて,仮想マシンを作成する
  2. Ubuntu専用のドライブ(HDD,USB外付けHDDなど)を用意する
  3. Wubi
  4. GRUBを使って1つのHDDでデュアルブート

このうち,2と3については来週,4については再来週取り上げます。

仮想マシン

家電量販店で売られているパソコンは,ほとんどがWindowsプリインストール(購入して電源を入れるとWindowsが起動する)ですから,やはり誰でもそのWindowsは残した上で,Ubuntuも使いたいわけです。

そこで仮想化ソフトウェアを用いて,仮想マシンの中でもう一方のOSを動かしてみましょう。

プリインストールされているWindowsは仮想マシンの中で動かすことが認められていないため注2)⁠プリインストールのWindowsとUbuntuを共存させたい場合は,必然的にWindows上に仮想化ソフトウェアをインストールして,その中でUbuntuを使うことになります。

このような場合,WindowsはホストOS,UbuntuはゲストOSと呼ばれます。

注2
マイクロソフト カスタマーインフォメーションセンターに問い合わせて確認しました。

仮想マシンを使う方法では,Windowsの起動処理の部分には一切手を加えないので,Windowsが起動しなくなるといったトラブルとは無縁である,WindowsとUbuntuを同時に使えるというメリットがある一方で,ホストOSを動かすためのメモリに加えて,ゲストOSを動かすためのメモリも同時に必要になるため,メモリ容量に余裕がなければならない注3ゲストOSは必ずしも実マシンにインストールしたときと同じ性能が出るとは限らないなどのデメリットもあります。

注3
ホストOSがWindows VistaやWindows 7の場合は,2GB以上のメモリを推奨します。

今回は,仮想化ソフトウェアとして,VirtualBoxを取り上げます。

著者プロフィール

村田信人(むらたのぶと)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntuオフラインミーティングに参加するうちにUbuntu Japanese Teamの活動に興味を持ち,2009年8月に加入。

コメント

コメントの記入