Ubuntu Weekly Recipe

第98回 FreeNXでリモート・デスクトップ環境を実現する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

FreeNXをUbuntuにインストールすれば,UbuntuやWindows,Mac OSXがインストールされた他のマシンからUbuntuのデスクトップが利用できるようになります。VNCなど,他にもリモート・デスクトップを実現するソフトウェアはありますが,FreeNXの特徴は低速な回線でも快適に利用できることです。また,セキュリティを重視した仕組みであるため,インターネット経由で使うようセットアップするのも簡単です。今回はFreeNXのインストールから使い方までを解説します。

インストール前の準備

FreeNXをインストールする前に,SSHサーバをセットアップしておく必要があります。インストールしていなければ,端末を開いて以下のコマンドを実行しましょう。

sudo apt-get install openssh-server

インターネット経由で接続するのであれば,アタック対策としてfail2banパッケージをインストールしておくのも良いでしょう。

また,DHCPサーバからIPアドレスを取得している場合は,固定のものを設定しておいたほうが良いでしょう。IPアドレスを固定にするにはを参考に固定のIPアドレスを設定してください。

なお,FreeNXで接続するUbuntuマシンにはデスクトップ環境が必要です。UbuntuのDesktop CDでインストールした環境ならば問題ないでしょう。デスクトップ環境がインストールされていない場合は,インストールしておきます。「ubuntu-desktop」パッケージをインストールするのが簡単でしょう。

FreeNXのPPAを追加する

FreeNXのパッケージは,Personal Package Archive(PPA)で提供されています。FreeNXのPPAページを参照し,レポジトリを追加しましょう。

9.10の場合

先月(2009年10月)にリリースされたUbuntu 9.10より,PPAのレポジトリが簡単に追加できるようになりました。FreeNXのPPAを追加するには,端末を開いて以下のコマンドを実行します。

sudo add-apt-repository ppa:freenx-team

これで,リポジトリと公開鍵の追加が行われます。続けて,以下のコマンドでパッケージ情報をアップデートしておきましょう。

sudo apt-get update

9.04以前の場合

9.04以前の場合は,少し複雑になります。FreeNXのPPAページにある「Technical details about this PPA」をクリックし,現れたドロップダウンボックスから該当するUbuntuのバージョンを選択してください。すると,以下のような行が表示されます。

deb http://ppa.launchpad.net/freenx-team/ppa/ubuntu VERSION main
deb-src http://ppa.launchpad.net/freenx-team/ppa/ubuntu VERSION main

「VERSION」は,選択したUbuntuのバージョンに対応したコードネーム(たとえば,8.04なら「hardy」)となっているはずです。この2行を,/etc/apt/sources.listに追記します。

さらに,端末で以下のコマンドを実行してFreeNXのPPAで使われている公開鍵を登録しておきましょう。

sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys D018A4CE

最後に,以下のコマンドでパッケージ情報をアップデートしましょう。

sudo apt-get update

FreeNXをインストールする

PPAを追加したら,FreeNXのインストールしましょう。以下のコマンドを実行するだけです。基本的な設定は自動で行われます。

sudo apt-get install freenx

NXクライアントをインストールする

FreeNXサーバに接続するためのクライアントアプリケーションとして,イタリアのNoMachines社が無償で配布している「NX Client」を利用することができます注1)。ダウンロードページで,クライアントのOSに応じたNX Clientをダウンロードしましょう。

注1
FreeNXで使われている「NX technology」は,NoMachines社が開発したものです。同社は,「NX Server」を販売するほか,「NX Client」を配布しています。無償で利用できる「NX Server Free Edition」も配布していますが,同時接続可能なセッション数に上限が設定されています。一方,この記事で取り上げた「FreeNX」は,Fabian Franz氏が開発したNXサーバのフリー実装であり,同時接続セッション数に制限はありません。また,他のフリーなNXサーバとしてGoogleが開発した「Neatx」があります。本稿執筆時点では,Ubuntu 9.10用のneatxパッケージがFreeNXのPPAレポジトリで提供されています。ただし,FreeNXやNeatxには商用のNX Serverに含まれる機能のすべてが実装されているわけではありません。とはいえ,リモートからログインしてデスクトップを使うための基本的な機能は提供されています。

Windowsの場合は,ダウンロードページにある「NX Client for Windows」として配布されているファイルをダウンロード,実行します。セットアップ・ウィザードが起動するので,通常はデフォルト設定のままインストールすれば完了です。なお,Add-On Downloadsとしてフォントを追加するプログラムが提供されていますが,古いUnixアプリケーションを使うのでなければ必要ないでしょう。

Ubuntuの場合は,ダウンロードページ「NX Client DEB for Linux - i386 」(32bit版)もしくは「NX Client DEB for Linux - x86_64」(64bit版)をダウンロードしましょう。ダウンロードしたパッケージをインストールすれば,メニューの「アプリケーション」「NX Client for Linux」「NX Client for Linux」で起動することができます。

著者プロフィール

小林準(こばやしじゅん)

Ubuntu Japanese Team リーダー。2005年より日本国内でUbuntuの普及活動を行っている。著書に,Linuxシステムの管理に必要な知識を解説した『独習Linux』がある。

コメント

コメントの記入