Ubuntu Weekly Recipe

第104回 標準搭載予定のPiTiViでビデオ編集

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

4月にリリースが予定されているUbuntu 10.04 LTSに向けて,LiveCDに収録するアプリケーションを見直すという動きがあります。

その中で,動画編集アプリケーションのPiTiVi図1が新たに収録されることになっており,毎日更新されるテスト用LiveCDイメージにはすでに含まれています注1)⁠

デジカメや携帯電話で簡単に動画が撮影できる今,YouTubeにアップロードする前に動画の前後をカットしたい,動画をつなぎたい,そんな要望に応える注目のビデオ編集ソフトPiTiViはUbuntu 9.10でも使えるので,さっそく使ってみましょう。

図1 動画編集アプリケーションPiTiVi

図1 動画編集アプリケーションPiTiVi

注1
ただし,Beta 1の前に標準搭載するかどうかの最終決定が行われる予定です。審査に通らなければ,今まで通り各自インストールする形になります。

PiTiViのインストール

メインメニューから[アプリケーション]-[Ubuntuソフトウェアセンター]を開きます。⁠PiTiVi」という名前で検索するか,⁠サウンドとビデオ」のカテゴリからインストールします図2)⁠

図2 PiTiViのインストール

図2 PiTiViのインストール

基本的な使い方

[アプリケーション]-[サウンドとビデオ]-[Pitivi Video Editor]から起動します。

まずは,[Project]-[Project Settings]を開いて,作成するプロジェクトの出力解像度や出力形式を選択します。

次に,[Project]-[Import clips]を選択するか,ファイルブラウザから直接ドラッグアンドドロップして,使用する動画をインポートします。

ファイルブラウザNautilusだけでなく,動画プレイヤーTotemや音楽再生Rhythmboxなどからもドラッグアンドドロップができるので,TotemやRhythmboxなどで素材を一通り再生して,気に入ったものだけをインポートするといった使い方もできます。

インポートできる動画や音楽の種類は,GStreamerを使用しているためTotemやRhythmboxで再生できるものほぼすべてです。

インポートしたクリップは,画面下部にドラッグアンドドロップすると,実際にタイムラインに追加されます。または,キーボードの「Insert」キーを使うと,クリップをタイムラインの末尾に追加できます。

タイムラインは,マウスのホイールを回転させると水平方向に移動でき,⁠Ctrl」を押しながら操作すると拡大縮小,⁠Shift」では垂直方向に移動できます。

編集後に[Project]-[Render Project]をクリックすることで,編集結果を実際に動画ファイルとして書き出します。

編集機能

動画のカット

動画の前後をカットするには,タイムライン上のクリップの両端を,ドラッグアンドドロップの要領でつまんでから好きなところまで移動して離します図3)⁠

また,クリップ同士が隣接しているポイントでは,⁠Shift」「Ctrl」を押しながら操作することで,⁠Ripple editing」「Roll editing」といった技が使えます。

図3 カットしたいクリップの両端をドラッグアンドドロップで移動

図3 カットしたいクリップの両端をドラッグアンドドロップで移動

動画の分割

動画を分割するには,[Timeline]-[Razor]を選択してから,動画の分割したいポイントをクリックします図4)⁠

図4 Razorを選択してから動画の該当部分をクリックして分割

図4 Razorを選択してから動画の該当部分をクリックして分割

音量の調整

音声部分に表示されている赤いバーは,音量調節用です。ドラッグアンドドロップで,バーを持ち上げたり,下げたりすることで音量の調節ができます。最下部が音量0%,最上部が音量200%を表します。

音量は全体を調節するだけでなく,部分的に強調したり,弱くしたりできます。赤いバー上でダブルクリックしてコントロールポイントを追加します。

コントロールポイントをドラッグアンドドロップで移動することで,複雑な音量調整が行えます図5)⁠

コントロールポイントはもう一度ダブルクリックすると削除できます。

また,映像と音声のグループ化を解除しておくと,音声を削除して別の音楽に替えるなどの操作ができるようになります。

図5 音量の複雑な調整が可能

図5 音量の複雑な調整が可能

著者プロフィール

村田信人(むらたのぶと)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntuオフラインミーティングに参加するうちにUbuntu Japanese Teamの活動に興味を持ち,2009年8月に加入。

コメント

コメントの記入