Ubuntu Weekly Recipe

第105回 Acer Aspire Timeline 1410でUbuntu 9.10を動かす

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

死角のないノートPC

Acer Aspire Timeline 1410(以下1410)はWindows 7と同時に発売された,いわゆるCULV※1ノートです。発表当初から5万円程度で買えることで話題になり,筆者も発売と同時(すなわちWindows 7と同じ2009年10月22日)に購入しました。購入価格は50,800円で,とてつもないお買い得感でした。一時期値段が上がったようですが,今ではAmazonなどでも5万円以下で購入できるようです。

1410はとにかく値段を含めて高いバランスでまとまっているノートPCで,注目すべき点がたくさんあります。

  • CPUがCeleron SU2300で,Atomよりも高速でVT(仮想化)対応※2
  • メモリは標準で2GB。4GBまで増設可能
  • HDDは250GBで十分な容量
  • ディスプレイのサイズは11.6インチ。解像度は1366*768で,充分な広さ
  • 筐体が薄く,重さも1.38キロと,持ち運べるサイズ
  • 有線LANはGigabit Ether。無線LANは801.11n対応で,Bluetoothも搭載
  • 6セルバッテリで,バッテリの持ちもいい
  • プリインストールのWindows 7 Home Premiumは64bit版

筆者はメモリを2GB増設し,VirtualBoxをインストールして原稿を執筆しています。VirtulaBoxも,VTのおかげでそれほど重いとは思いません。キーボードは若干打ちにくいですが,問題ないレベルでしょう。外付けのDVDドライブを接続し,DVDビデオを見たりもしています。

1410をこれまでずっとWindows 7で使ってきましたが,重い腰を上げて(?)Ubuntuをインストールすることにしました※3)⁠今回は,その記録を紹介します。

※1
Consumer Ultra Low Voltageの略で,Atomよりも1ランク上のノートPCで使用されるCPUの特徴のこと。
※2
ただし,BIOSのアップデートが必要です。
※3
実はUbuntuを一度インストールしたことがありますが,大変なことになってしまってそれ以降使っていませんでした。詳しくは筆者のブログをご覧ください。

インストール

まずは事前に,リカバリDVDだけは作成しておいてください。使い込んでいるのであればバックアップも取ってください。Windows 7 Home Premiumにはバックアップ機能があります※4)⁠

インストールは普通にUbuntu 9.10日本語Remix CDから行いました※5)⁠Wubiは使用していません。1410はHDDのすべての領域を確保済みなので,Ubuntuをインストールするパーティションを確保しなくてはいけません。今回はUbuntuのインストーラでNTFSの領域を縮小しました。特に問題がありませんでしたが,失敗することも考えられます。あまり知られていないようですが,Windows 7からもオンラインリサイズが可能です。この方が安全性が上かもしれません。

図1 Windowsでオンラインリサイズ(ただし縮小済)

図1 Windowsでオンラインリサイズ(ただし縮小済)

インストールだけなら,これ以外には特に注意点はありません。

図2 インストールしたUbuntu 9.10(壁紙変更済)

図2 インストールしたUbuntu 9.10(壁紙変更済)

※4
ただし,外付けHDDなどが必要で,ネットワーク越しではできませんが……。
※5
今回は『Ubuntu Magazine Japan vol.02』付録の特製レーベルのものを使用しました。

ハードウェアの認識

1410の有線LANや無線LAN,Bluetooth,SDカード,カメラ,サウンドと,ひととおり試してみましたが,特に問題ありませんでした。有線LANがうまく動作しないという情報を目にしたこともありますが,手元では再現しませんでした。もっとも無線LANばかり使っているため,検証不十分の可能性はあります※6)⁠

また,手前左側に無線LANとBluetoothのスイッチがありますが,どちらも正しく動作しています。

※6
つまり,動作を保証するわけではありません。

ホットキー

ホットキーは数が多いので,以下の表にまとめました。おおむね問題ないことがわかります。

タッチパッドのオン/オフ
キーWindowsでの機能Ubuntu 9.01での動作
Fn+F1電源オプションの表示△(電源の情報を表示)
Fn+F2システムのプロパティ表示×
Fn+F3BlueToothのオン/オフ○(ただし画面の輝度も上がる)
Fn+F4サスペンド○(注意点は後述)
Fn+F5ディスプレイの切り替え×
Fn+F6ブランクスクリーン
Fn+F7
Fn+F8スピーカーのオン/オフ

これ以外の矢印キーを使った,画面の輝度やボリュームの調整も正しく動作します。

Windowsの電源オプションは「どのように省電力にするのか」を調整しますが,Ubuntuでは「ACで動作している」であったり,⁠バッテリの場合はどのぐらい残量がある」といった情報が表示されます。

サスペンド/ハイバネートの問題点

サスペンド/ハイバネート自体には特に問題ありませんが,レジュームした場合に正しく動作しなくなります。キーボードでキーが入力できなくなったりと致命的なレベルで,全く実用に耐えません。これは簡単な解決方法があり,/etc/modprobe.d/blacklist.confの最下行に以下を追記し,再起動するだけです。

blacklist acer-wmi

カメラを使用する

Ubuntu 9.10のデスクトップ版ではデジタルカメラを活用するアプリケーションが標準でインストールされてないため,cheeseをインストールします。端末からでもいいですし,[Ubuntuソフトウェアセンター]の[サウンドとビデオ]からでもインストールできます。ただし,試しに表示してみたら若干黄色みがかかっていて,あまり実用的ではなさそうです。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。

コメント

コメントの記入