Ubuntu Weekly Recipe

第115回 Ubuntuでゲームを楽しむ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

明日から新年度です!

いよいよ2010年度がはじまります。この春からの新入社員や新入学生の方の中には,これから学校/職場でLinuxを使い始めるという方も多いでしょう。Ubuntuは使いやすいデスクトップOSですが,やはりWindowsとは流儀が違うため,初心者の方はどのように環境を構築してよいか戸惑いがちです。

そこで今回は,職場や学校に必須のソフトウェア……そう,Ubuntuで遊べるゲームを紹介します!

なお,UbuntuにはDebian由来の数多くのパッケージが用意されているため,ほとんどのソフトウェアは「Ubuntuソフトウェアセンター」からインストールすることが可能になっています。

Secret Maryo Chronicles

「Secret Maryo Chronicles」は,主人公が走ったり跳ねたりキノコを食べたりしながらゴールを目指す,2D横スクロールのアクションゲームです注1)⁠

図1 Secret Maryo Chroniclesのスクリーンショット。もうどこから見てもアレにしか見えません

図1 Secret Maryo Chroniclesのスクリーンショット

インストールするためには,ソフトウェアセンターから"ゲーム" => "Secret Maryo Chronicles"を選択してください。またapt-getコマンドでインストールする場合,パッケージ名は「smc」を指定してください。さらにBGMを鳴らしたい場合は「smc-music」パッケージも追加でインストールする必要があります。

デフォルトではキーボードでMaryoを操作することになりますが,やはりアクションゲームは専用のゲームパッドで遊びたいものですね。SMCではUbuntuが認識するゲームパッドであれば,特に設定することなく使用することが可能です。タイトル画面から"Options" => "Controls"と辿ることで,キーアサインの変更もできるため,使いやすいボタン配置に変更するとよいでしょう。筆者はPlayStation用ゲームパッドをUSBに変換するアダプタを経由して,PlayStatin2のゲームパッドを使用してみましたが,問題なく動作することが確認できました。

図2 キーアサインの変更画面

図2 キーアサインの変更画

注1
一目みてわかる通り,元ネタはヒゲの配管工のおじさんが活躍するあのゲームです。

NEXUIZ

NEXUIZはQuakeエンジンを使用した対戦型FPS(一人称視点シューティング)ゲームです。インターネットを経由して最大32人での対戦を楽しむことが可能になっています。

図3 NEXUIZのスクリーンショット。最大32人での対戦が可能だ

図3 NEXUIZのスクリーンショット

インストールはやはりソフトウェアセンターから"ゲーム" => "Nexuiz"を選択してください。apt-getからインストールする際のパッケージ名も「nexuiz」です。なお3Dゲームの常ですが,プレイするにはそれなりの3Dアクセラレーションが可能なグラフィックカードを搭載している必要がありますのでご注意ください。

インターネットで見知らぬライバルと対戦するのもよいのですが,LANの中で仲間と遊ぶことも可能です注2)⁠ゲームを起動したら,サーバ役になるプレイヤーは"Multiplayer" => "Create"を選択してゲームルールの設定を行った後,"Start Multiplayer!"を実行してください。ゲームに参加するプレイヤーは"Multiplayer" => "Servers"を選択し,画面下部の"Address"欄に「サーバマシンのIPアドレス:26000」という書式でIPアドレスとポートを記入します注3)⁠IPアドレスとポートが正しく入力されていれば,"Join!"をクリックすることでゲームに参加することができます。

図4 一人二役で対戦プレイ中の筆者のデスク。よいこのみんなはお友達と遊んでください

図4 一人二役で対戦プレイ中の筆者のデスク

なお,ソフトウェアセンターからインストール可能な対戦型FPSとしては,他に"Alien-Arena"や"Warsow"などがあります。FPSが好きならば一度試してみるのもよいでしょう。

注2
大学の研究室にはPCもネットワークも対戦相手も豊富に揃っていますので……くれぐれも遊びすぎには注意してください。
注3
ポートはデフォルトで26000が使用されます。

著者プロフィール

水野源(みずのはじめ)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。理想のフリーデスクトップ環境を求めて東へ西へ……のはずが,気がついたら北の大地で就職していたインフラ寄りのエンジニア。株式会社インフィニットループ所属。

コメント

コメントの記入