Ubuntu Weekly Recipe

第139回 UbuntuにおけるFirefox

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ご存知の通りUbuntuの標準ウェブブラウザはFirefoxです。しかし,過去138回を数えるこの連載では,Firefoxについて詳しく触れていませんでした。そこで今回は,UbuntuでFirefoxを使うポイントを紹介します。

アドオンをAPTでインストールできる

アドオンは,Firefoxメニューの[ツール]-[アドオン]から,またはMozilla.orgのアドオン配布ページからインストールできます。

さらにUbuntuやDebianでは,Firefox用のアドオンのうち代表的なものがパッケージとして提供されています。膨大な数のアドオンの中から自分に合ったものを探すのは大変なので,まずはすでに一定の人気があってパッケージ化されている中から探してみるといいでしょう。

また,APTを使うと,Ubuntuシステム上の全ユーザ,Firefoxの全プロファイルにアドオンをインストールできます注1)⁠筆者のようにFirefoxのプロファイルを5つ使い分けていて,Flashblockなどの必須アドオンを全プロファイルにインストールするのが面倒だという場合に重宝します。

注1
システムを複数のユーザで使用している場合には,APTでインストールする前に他のユーザにも必要なアドオンかどうか確認したほうがいいでしょう。また,APTでインストールすると,ユーザによってFirefox内からアドオンの削除はできなくなりますが,無効化は可能です。APTを使ったからといってアドオンの使用を全ユーザに強制できたりはしません。

Ubuntu 10.10のリポジトリでは,標準状態でインストールされるubufoxを除いて,次のようなパッケージが利用できます。

  • xul-ext-adblock-plus - 広告をブロックする
  • xul-ext-all-in-one-sidebar - サイドバーの機能を拡張する
  • xul-ext-bindwood - Firefoxのブックマークをcouchdbと同期する(Ubuntu Oneで使用)
  • xul-ext-downloadstatusbar - ダウンロード時のステータスバー表示を改善する
  • xul-ext-firebug - Web開発用のプラグイン
  • xul-ext-firegpg - ブラウザ上でGnuPGを使う
  • xul-ext-flashblock - Adobe Flashコンテンツをブロックする
  • xul-ext-flashgot - 外部のダウンロードマネージャをFirefoxから使う
  • xul-ext-gears - Webアプリケーションをより強力に使う
  • xul-ext-gnome-pm - GNOMEの電源管理との統合
  • xul-ext-greasemonkey - ユーザのスクリプトでWebページのカスタマイズを可能にする
  • xul-ext-mozgest - マウスジェスチャーを設定する
  • xul-ext-notify - ダウンロード完了のお知らせをNotifyOSDを使って表示する
  • xul-ext-pwdhash - サイトごとのパスワードを生成する
  • xul-ext-sync - デバイス間でブックマーク,パスワード,その他のデータを同期する
  • xul-ext-webdeveloper - Web開発者用のツール集

日本/日本語環境へのローカライズ

UbuntuのFirefoxパッケージは,ローカライズのためのデータを含まない単一のソースコードからビルドされています。そのため,Mozillaが提供している日本語版Firefoxと比べると,日本でよく使われる検索エンジンのデータが入っていないなど,足りない部分があります注2)⁠

注2
これは日本だけの話だけではなく,各国に影響するバグとして登録されています。この中でUbuntu MozillaチームのメンバーであるChris Coulson氏はUDS-NでFirefoxのl10nについて話し合う予定だと発言してます。

UbuntuのFirefoxでMozillaの日本語版と同じ検索エンジンを使えるようにするには,次のコマンドでMozillaのリポジトリからファイルを取得して配置します。ここでは特定のプロファイルに対してインストールするので,⁠xxxxxxxx.PROFILE_NAME」の部分は環境に合わせて変更してください。

$ wget http://hg.mozilla.org/l10n-central/ja/archive/tip.tar.bz2
$ tar xjf tip.tar.bz2
$ cd ja-*/
$ cp browser/searchplugins/* ~/.mozilla/firefox/xxxxxxxx.PROFILE_NAME/searchplugins/

Firefoxを再起動すると,日本向けの検索エンジンが追加されます図1)⁠

図1 日本向けの検索エンジンが追加された

図1 日本向けの検索エンジンが追加された

Mozilla Japanの検索エンジンのインストールページでは,追加の検索エンジンをインストールできます。

また,OpenSearchプラグインに対応したページ(Wikipedia日本語版,YouTubeなど)を開くと検索バーのアイコンの背景色が変化するので,アイコンをクリックして検索エンジンを追加できます図2)⁠

図2 OpenSearch対応ページでも検索エンジンを追加できる

図2 OpenSearch対応ページでも検索エンジンを追加できる

余談ですが,Launchpad用の検索エンジンを追加する"firefox-launchpad-plugin"というパッケージも提供されています図3)⁠

図3 Launchpad用の検索エンジンもある

図3 Launchpad用の検索エンジンもある

それぞれの役割は次のようになっています。

Bug Lookup
バグ番号を入力し,バグ報告ページへ飛びます。例えば"1"と入力して検索した場合には,有名なLP: #1のページへ飛びます。
People / Team Search
Launchpadに登録しているユーザ・チームを検索します。
Ubuntu Bugs Search
名前の通りUbuntuのバグを検索します。ただし筆者がバグを検索する際にはGoogleのサイト内検索(site:bugs.launchpad.net/ubuntu/)を使っています。
Ubuntu Package Bug List
Ubuntuパッケージに対して報告されているバグのリストを表示します。
Ubuntu Package Search
Ubuntuのパッケージを検索します。ただし,アーカイブサーバから消えてしまったバージョンを手に入れたいという場合でなければ,Ubuntu Packages Searchを使ったほうが便利かもしれません。
Ubuntu Specification Search
Blueprintsを検索します。
Ubuntu Support Search
Answersを検索します。

著者プロフィール

村田信人(むらたのぶと)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntuオフラインミーティングに参加するうちにUbuntu Japanese Teamの活動に興味を持ち,2009年8月に加入。

コメント

コメントの記入