Ubuntu Weekly Recipe

第142回 さくらのVPSでUbuntuを使う

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

さくらインターネットが提供しているVPS(仮想専用サーバ)サービスさくらのVPSでは,標準OSであるCentOS 5以外に,10月8日からUbuntuを含めたさまざまなOSがインストールできるようになりました注1)⁠

仮想マシン一台に対する完全な制御権を持っているため,公式に提供される前から他のOSをインストールできてはいましたが,公式に選択できるようになったことで敷居が下がったと言えます注2)⁠今回はさくらのVPSでUbuntuを使う方法を紹介します。

注1
OS毎に利用できる機能に差異があります。また,標準OSであるCentOSではOSの再インストールを実行すると,展開済みの初期イメージに置き換える形のため数分で完了しますが,他のOSでは通常のインストール過程を経るため時間がかかります。
注2
VPS自体ある程度敷居の高さがありますが…。

Ubuntuのインストール

カスタムOSのインストールには,ブラウザ上でTightVNC Java Viewerが使われます。あらかじめ,"icedtea6-plugin"パッケージをインストールしておきます。

VPSコントロールパネルの[OS再インストール]-[カスタムOSインストールへ]を選択したら,あとはオンラインマニュアル - カスタムOSインストールガイド : Ubuntu 10.04にしたがって進めていきます。

注意するポイントは,IPアドレスとゲートウェイアドレスにVPSコントロールパネルに表示されている値を入力すること,ディスクの割り当ては「リサイズ」ではなく「全体を使う」「マニュアル」を選択すること,さらにインストール完了後は再起動ではなくシャットダウンされるためVPSコントロールパネルで起動操作をすることです。

ここまでの操作で,Ubuntuの最小構成とOpenSSHサーバがインストールされたUbuntuマシンが完成しました注3)⁠次のコマンドを実行してタスクを選択すると,さまざまなタイプのサーバができあがります図1)⁠

$ sudo tasksel

図1 タスクの選択画面。DNSサーバ,LAMPサーバ,メールサーバなどのタスクが用意されている

図1 タスクの選択画面。DNSサーバ,LAMPサーバ,メールサーバなどのタスクが用意されている

注3
OpenSSHサーバが何かわからないという方は,"openssh-server"パッケージを削除しておいてください。

デスクトップ環境のインストール

せっかくVNCが使えるので,デスクトップ環境をインストールしてみます。taskselでubuntu-desktopを選択してしまえば終わりですが,ネットワーク経由で大量のパッケージをダウンロードしなくてはならないため,10.10リリース直後ではサーバにも余計な負荷がかかります。

そこで,10.10のAlternateイメージを使って10.10にアップグレードし,その後にデスクトップ環境を導入する手順を紹介します。BitTorrentでAlternateイメージをダウンロードする以外は,ネットーワークを使用せずに済みます注4)⁠

まずはBitTorrentクライアントをインストールします。

$ sudo apt-get install transmission-cli

BitTorrentでのダウンロードを開始します。筆者はi386をインストールしたためi386を使っていますが,amd64の場合はamd64用のtorrentファイルを指定してください注5)⁠

$ transmissioncli http://jp.releases.ubuntu.com/10.10/ubuntu-10.10-alternate-i386.iso.torrent
注4
10.04のままデスクトップ環境を入れたい場合は,10.04のAlternateイメージを使います。
注5
提供されているUbuntuが10.04でLTSのため,サーバ用途で使用していて10.10にアップグレードしたいという方は少ないと思いますが,サーバ版もCDイメージからのアップグレードが可能です。その場合は,サーバ版のtorrentファイルを指定してください。

マウントポイントを作成します。

$ sudo mkdir /media/maverick-cd

/etc/fstabを使ってマウントするので,次のコマンドで/etc/fstabの編集画面を開きます。

$ sudo editor /etc/fstab

次の内容を追記して保存します。

/home/user/Downloads/ubuntu-10.10-alternate-i386.iso  /media/maverick-cd  iso9660  ro,loop  0  0

追記した内容を反映させます。

$ sudo mount -a

ここまでで準備は完了です。CDイメージからのアップグレードを始めます。

$ sudo sh /media/maverick-cd/cdromupgrade

次のように,アップグレード中に最新のパッケージをインターネットから取得するか聞かれますが,ミラーサーバの設定をしていないのでNo(n)と答えます。

Include latest updates from the Internet?

アップグレードが完了したら再起動します。再起動後に次のコマンドを実行して,APTでのインストール元にCDイメージを登録します。

$ sudo apt-cdrom -d /media/maverick-cd -m -o=Dir::Media::MountPath=/media/maverick-cd add

その後,次のコマンドを実行してデスクトップ環境のパッケージ一式をインストールします。

$ sudo tasksel install ubuntu-desktop

インストールが完了したら,再起動します。見慣れたデスクトップ画面が現れるはずです図2)⁠

図2 さくらのVPSでも見慣れたデスクトップ環境が使える

図2 さくらのVPSでも見慣れたデスクトップ環境が使える

著者プロフィール

村田信人(むらたのぶと)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntuオフラインミーティングに参加するうちにUbuntu Japanese Teamの活動に興味を持ち,2009年8月に加入。

コメント

コメントの記入