Ubuntu Weekly Recipe

第143回 新インターフェースUnityを使いこなす

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

デスクトップ版でもUnityの要素を使う

通常のGNOMEデスクトップを使ったままでも,Unityに使われている要素の一部を取り込めます。まったく同じ機能というわけにはいきませんが,デスクトップ版をより便利に使えるようになるでしょう。

アプリメニュー

"indicator-applet-appmenu"パッケージを使います。パッケージをインストールしたら,一度ログアウトして再ログインし,上部パネルをクリックして「パネルへ追加」を選択します。利用できるパネルアプレットの一覧の中から「インジケーターアプレット・アプリメニュー」を探して追加します。するとGNOMEパネルにアプリケーションのメニューバーが表示されるようになります図14⁠。

図14 GNOMEデスクトップでも,メニューバーを上部パネルに統合できる

図14 GNOMEデスクトップでも,メニューバーを上部パネルに統合できる

Zeitgeist

Zeitgeistを利用したアプリケーションはいくつかありますが,ここではGNOME Activity Journalを紹介します。"gnome-activity-journal"パッケージをインストールします。インストール直後は,まだ履歴の情報が蓄積されていないため何も表示されませんが,何日か使っていると,⁠何月何日にどんなファイルを使ったか」という情報が表示されるようになります。

一日に使ったファイルをサムネイルで一覧したり図15⁠,どの時間にどのファイルを使っていたかの情報を表示させたりできます図16⁠。

図15 一日に使ったファイルをサムネイルで表示

図15 一日に使ったファイルをサムネイルで表示

図16 どの時間にどのファイルを使っていたかがわかる。起きている間は必ずパソコンに触っているという場合には,簡易睡眠記録になるかも

図16 どの時間にどのファイルを使っていたかがわる。起きている間は必ずパソコンに触っているという場合には,簡易睡眠記録になるかも

第132回で紹介したDockyでも"Zeitgeist Integration"ヘルパーを有効にすると,関連付けられているアプリケーション(テキストファイルはgedit,画像ファイルはeogなど)で,よく使うファイルや最近使ったファイルが表示されるようになります図17⁠。

図17 DockyでもZeitgeistの機能が使える

図17 DockyでもZeitgeistの機能が使える

Ubuntuのイベントやります

突然ですが,Ubuntuを触ってみたい,インストールしてみたい,Ubuntuユーザと話をしてみたい,という方にぴったりなイベント「Ubuntu 10.10リリースパーティー東京」をやります。イベントの概要は次のページをご覧ください。

10月30日(土)までに参加申し込みが50名に達しないと中止となってしまうので,東京近郊にお住まいの方はぜひ参加申し込みをご検討いただければ幸いです。

著者プロフィール

村田信人(むらたのぶと)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntuオフラインミーティングに参加するうちにUbuntu Japanese Teamの活動に興味を持ち,2009年8月に加入。