Ubuntu Weekly Recipe

第167回 UbuntuでEclipseことはじめ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

拡張機能

EclipseはもともとJavaの開発環境でしたが,現在では拡張機能を適用することでさまざまな用途に利用できます。筆者はこの拡張機能を利用することで,PHP,XHTML,CSS,JavaScriptの作業環境を整えています。

Ubuntuの場合,拡張機能は2通りの適用方法があります。

ひとつはUbuntuのリポジトリーからパッケージとしてインストールする方法です。例えばCDT(C/C++ Development Tools)やPleiadesはこのタイプの拡張となっています。Ubuntuソフトウェアセンターなどでインストールが可能なため,簡単に適用できます。以下の表がパッケージタイプの主な拡張の一覧ですが,表内の上4つは依存関係により標準でインストールされます。

表1 パッケージでインストールできる拡張機能

拡張機能名 パッケージ名
RCP(Rich Client Platform) eclipse-rcp
EMF(Eclipse Modeling Framework) eclipse-emf
PDE(Plug-in Development Environment) eclipse-pde
JDT(Java Development Tools) eclipse-jdt
CDT(C/C++ Development Tools) eclipse-cdt
RSE(Remote System Explorer)Maverick以降 eclipse-rse
Pleiades日本語化拡張 pleiades

特にpleiades日本語化拡張は,eclipseの設定ファイルを1行修正するだけでEclipseのほとんどを日本語にしてくれる,とても強力な拡張です。

Eclipseの設定ファイルは「/etc/eclipse.ini」です。pleiadesをインストールしたら,管理者権限でこのファイルを開き,以下の一行を追記します。

-javaagent:/usr/lib/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

このプラグインはスプラッシュスクリーンを素敵な画像に差し替えることもできます。その場合は,先の設定ファイル「/etc/eclipse.ini」から以下の行を削除します。

-showsplash
org.eclipse.platform

図3 pleiadesのスプラッシュスクリーン

図3 pleiadesのスプラッシュスクリーン

もうひとつは,Eclipseの操作画面から新規ソフトウェアのインストール機能を利用する方法です。こちらはEclipseにおいて標準的な方法で,オペレーティングシステムを問わず同じ方法となりますが、Ubuntuの場合、パッケージが提供されていない拡張、例えばWTP(Web Developer Tools)やPDT(PHP Development Tools)⁠Subversiveはこの方法で適用します。また,Lucid以前のRemote System Explorerもこちらの方法となります。この場合,Eclipseに「update-site」と呼ばれるリポジトリーを登録し,そこから拡張をインストールすることになります。

拡張をインストールするには,メニューバーから「ヘルプ」⁠⁠新規ソフトウェアのインストール」と進みます。ウィンドウが新たに開きます。プルダウンリスト「作業対象」から適当なソフトウェア・サイトを選択します。しばらく待つと,適用可能な拡張の候補が表示されます。

図4 新規ソフトウェアのインストール画面。大抵の拡張は登録されているGalileo Update Siteからインストールできる

図4 新規ソフトウェアのインストール画面。大抵の拡張は登録されているGalileo Update Siteからインストールできる

もし希望する拡張がない場合は,プルダウンリストの下の「使用可能なソフトウェア・サイト」というリンクをクリックします。そうすると別なダイアログが開きます。ここで,すでに登録しているupdate-siteのロケーションを使用可能にしたり,新規に登録したりすることができます。

図5 使用可能なソフトウェア画面。ソフトウェア・サイトの追加・編集・除去などの操作ができる

図5 使用可能なソフトウェア画面。ソフトウェア・サイトの追加・編集・除去などの操作ができる

インストール機能で適用できる拡張機能(リンクはupdate-siteのURL)

著者プロフィール

坂本貴史(さかもとたかし)

Ubuntuのマルチメディア編集環境であるUbuntu Studioのユーザ。主にUbuntu日本コミュニティとUbuntu Studioコミュニティで活動。いつかユーザ同士で合作するのが夢。