Ubuntu Weekly Recipe

第172回 Bluetoothヘッドセット/ヘッドフォンを使う

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

さまざまな入出力装置をコンピュータに接続して作業していると,ケーブルの取り回しが面倒だったり,ケーブル長が足りずにやきもきするといったことがあります。読者の皆さんの中にも,イヤフォンやマイクを使っている際に資料を取ろうと思って手を伸ばしても届かず,腕がもう少し長ければという怒りに任せてケーブルを引きちぎった経験がある方がきっといるかと思います。

今回は,このような不幸な事故を防いでくれるBluetoothヘッドセット/ヘッドフォンを例に挙げ,BluetoothデバイスをUbuntuで使う方法をお届けします。

Bluetoothとは

Bluetoothは無線LANと同じく無線規格のひとつです。無線LANとは異なり,携帯機器やUSBデバイスなどの固定機器を接続するケーブルを置き換えることを主目的としています。そのため,Wireless Personal Area Network(WPAN)とも呼ばれています。通信距離が短いため低消費電力でバッテリーに優しく,モバイル用途に適しています。すでにマウスやキーボード,ヘッドセットやヘッドフォンなど多くの製品が発売されており,ラップトップ・コンピューターの多くがBluetooth送受信機を搭載しています。

規格の策定はBluetooth Special Interest Group(Bluetooth SIG)が行っており,各社はそのメンバーとなり製品に対する認証プログラムを通過することで,ロゴの使用許可を得ることになっています。Bluetooth規格の最新は2010年6月30日のバージョン4.0です。2002年に1.1相当がIEEEの802.15.1として採択され,その後2005年に改訂されています。

LinuxのBluetoothサブシステム「BlueZ」

UbuntuのBluetooth機能は「BlueZ」を利用しています。BlueZはLinux向けのオープンソースのBluetooth実装です。デバイスドライバとしてのLinuxカーネルモジュールと,ソフトウェアから利用するためのライブラリを含んでいます。

オープンソースなBluetooth用コードプロジェクトは,Axis Communication社のOpenBTプロジェクトがそのはしりでした。しかし,こちらは2005年4月14日に開発を停止しています。

Ubuntuでのペアリング

それではUbuntu 11.04(Natty Narwhal)でBluetoothを使ってみましょう。まずお持ちのコンピューターにBluetooth送受信機が接続されていることを確認してください。筆者が使っているコンピューターは送受信機を搭載していないため,今回はUSB接続のBluetooth送受信機を使用しました。

キーボードで「Alt」キーと「F2」キーを同時に押し、コマンドからアプリケーションを実行するウィンドウを開きます。⁠bluetooth-properties」を入力して実行すると,⁠Bluetooth設定」ウィンドウが開きます。もしBluetooth送受信機が接続されていなければ,以下のような画面が表示されます。

図1 Bluetooth送受信機が接続されていない場合

図1 Bluetooth送受信機が接続されていない場合

Bluetooth送受信機を接続して「Bluetooth設定」ウィンドウを開くと,以下の画面が表示されます。

図2 Bluetooth送受信機が接続されている場合

図2 Bluetooth送受信機が接続されている場合

「Bluetoothをオンにする」ボタンを押して,Bluetooth送受信機を使用可能とします。

図3 Bluetooth送受信機が接続されている場合

図3 Bluetooth送受信機が接続されている場合

Bluetooth送受信機が使用可能となると画面が更新され,Bluetooth装置の検索と登録を行うための画面となるはずなのですが,変化しません。Natty Narwhalではここにバグが報告されています注1)⁠

そこで,Bluetoothサブシステムの再起動をします。GNOME端末(gnome-terminal)を起動し,以下のコマンドを実行します。

$ sudo service bluetooth restart;

再起動した結果,⁠Bluetooth設定」ウィンドウが以下のように更新されます。これで,Bluetoothデバイスが登録できるようになりました。

図4 Bluetooth装置の登録管理画面

図4 Bluetooth装置の登録管理画面

次にBluetoothデバイスのペアリングを行います。あらかじめBluetoothデバイスのマニュアルを参照してペアリング状態にしておいてください。⁠Bluetooth設定」ウィンドウで「新規デバイスの設定」ボタンをクリックすると「Bluetooth新規デバイス設定」ウィンドウが開き,ペアリング状態となっているBluetoothデバイスの検索を開始します。

図5 ⁠Bluetooth新規デバイス設定」ウィンドウ

図5 「Bluetooth新規デバイス設定」ウィンドウ

このスクリーンショットでは筆者所有のBluetoothヘッドセットが検索されています。登録したいデバイスを選択して「進む」ボタンを押し,登録を完了します。登録の際PINコードを指定することもできますが,Bluetooth規格の2.1以降に対応するデバイスであれば,パスキー(PINコード)を入力しなくても登録が可能なものもあります。

登録されると,⁠Bluetooth設定」ウィンドウの一覧に表示されるようになります。

図6 登録されているBluetoothデバイスの一覧

図6 登録されているBluetoothデバイスの一覧

注1
Bug #762964 Bluetooth doesn't work in Ubuntu 11.04

著者プロフィール

坂本貴史(さかもとたかし)

Ubuntuのマルチメディア編集環境であるUbuntu Studioのユーザ。主にUbuntu日本コミュニティとUbuntu Studioコミュニティで活動。いつかユーザ同士で合作するのが夢。

コメント

コメントの記入