Ubuntu Weekly Recipe

第204回 Unity Lens 10番勝負

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Ubuntu標準のデスクトップインターフェースであるUnityには,⁠Lens」と呼ばれる検索システムがあります。今年最後のレシピではこのLens用に公開されているさまざまなアドオンを紹介します。

UnityのLensシステム

UbuntuはSuper(Windows)キーを押した時に表示されるDashを使うことで,アプリケーションやファイル,音楽コンテンツなどさまざまなものを検索・表示・インストールできます図1)⁠

図1 Superキーを押した状態。Lensは画面下のアイコンをクリックするか,TABキーで切り替えられます

図1 Superキーを押した状態。Lensは画面下のアイコンをクリックするか,TABキーで切り替えられます

この検索機能は,検索対象ごとにLensとScopeというデーモンがバックエンドで動作し,UIや検索結果を提供しています。このためプラグインという形で,自由に検索機能を追加できるのです。

さらにLensに関するAPIや独自のLensの作成方法は公開されているため,Ubuntu 11.10以降さまざまなLensが作成されました。そこで今回は,公開されたLensから便利そうなものを紹介します。

Lensのインストールについて

今回のレシピではPPAを使ってインストールする方法をたくさん紹介しています。これはLensの作成が11.10のリリース以降に活発になり,公式リポジトリで提供するタイミングを逃しているためです。

これらのPPAは,公式リポジトリのような審査を経たわけでもなく,さらにPPAを追加することで他のパッケージが更新される可能性もあるので,それなりのリスクは十分理解した上でインストールしてください。

今回画像付きで紹介したLensについては,以下のPPAにコピーしています。とりあえず試してみたいだけの場合は,以下のコマンドを実行した上で,インストール時はadd-apt-repositoryを飛ばした上でapt-get installコマンドのみを実行すると良いでしょう。

sudo add-apt-repository ppa:cosmos-door/lenses
sudo apt-get update

ちなみに,Lensはインストールしてから一度再ログインをしてUnityセッションを再起動しないと反映されません。

ウェブサービス系Lens

Gwibber Lens

Gwibber LensはソーシャルネットワーククライアントであるGwibberで取得したストリームを検索するためのLensです図2)⁠

図2 直近のメッセージを表示するだけでなく,画像やURLで絞り込むことも可能です

図2 直近のメッセージを表示するだけでなく,画像やURLで絞り込むことも可能です

例えばTwitterアカウントをGwibberに登録しておくと,TweetやReplyだけでなく,URLや画像が含まれる投稿を個別に検索できます。

今回紹介するLensで唯一,公式リポジトリからインストールできるLensになります。

sudo apt-get install unity-lens-gwibber

Bookmarks Lens

Bookmarks LensはFirefoxのブックマークを検索するLensです図3)⁠

図3 Bookmarksの場合はとくに絞り込みがなく,ただただBookmarkのみを検索します

図3 Bookmarksの場合はとくに絞り込みがなく,ただただBookmarkのみを検索します

WEB UPD8のPPAでパッケージが公開されています。

sudo add-apt-repository ppa:nilarimogard/webupd8
sudo apt-get update
sudo apt-get install bookmarks-lens

Google Docs Lens

Google Docs LensはGoogle Docsを検索するためのLensです図4)⁠

図4 突貫工事で作ったせいか,なぜかPythonのアイコンです

図4 突貫工事で作ったせいか,なぜかPythonのアイコンです

Unityの開発者の一人であるnjpatelが作成しWEB UPD8のPPAでパッケージが公開されています。

sudo add-apt-repository ppa:nilarimogard/webupd8
sudo apt-get update
sudo apt-get install unity-lens-gdocs

さらに,/usr/bin/unity-lens-gdocs.pyの,GDOC_USERNAMEとGDOC_PASSWORDにGoogle DocsのIDとパスワードを記述します。つまり,IDとパスワードが「平文で」保存されることになるので注意してください。

再ログインする前に一度,以下のコマンドを実行してサービスを起動します。

unity-lens-gdocs.py

一度起動したら,自動起動するアプリケーションに追加されますので,上記コマンドは一度実行するだけで大丈夫です。

AskUbuntu Lens

Ask UbuntuはUbuntuのQ&Aサイトの一つで,数多くのユーザーや開発者による質問や回答が投稿されています。このため,Ubuntuで疑問が生じたとき,まずはAsk Ubuntuで検索するとすぐに答えが得られることも多いです。

AskUbuntu Lensはこのサイトを検索するためのLensで図5)⁠Ask UbuntuのPPAで公開されています。

図5 ただ質問と回答を検索するだけではなく,投稿フォームをブラウザで開くこともできます

図5 ただ質問と回答を検索するだけではなく,投稿フォームをブラウザで開くこともできます

sudo add-apt-repository ppa:askubuntu-tools/ppa
sudo apt-get update
sudo apt-get install unity-askubuntu-lens

なお,Ask UbuntuだけでなくStack OverflowなどStackExchangeを使っているWebサービスも検索できます。Lensの「検索の絞り込み」から必要なサービスを適宜選択してください。

Book Lens

Unity Book Lensはドキュメントディレクトリや,電子書籍管理ツールCalibreのライブラリ,さらにはProject Gutenbergなどのインターネットサービスから電子書籍を検索するLensです。

図6 もちろん日本語での検索も可能です

図6 もちろん日本語での検索も可能です

sudo add-apt-repository ppa:davidc3/books-lens
sudo apt-get update
sudo apt-get install unity-lens-books

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。

コメント

コメントの記入