Ubuntu Weekly Recipe

第206回 UbuntuとGIMXでPlayStation3を楽しもう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

読者の皆様,2012年も楽しくゲームで遊んでいるでしょうか? 最近はXbox360やPlayStation3といったゲーム機でPCと同じゲームがリリースされることも多くなり,ハイスペックなWindows機を用意しなくても手軽にゲームが楽しめるようになりましたね。筆者もたいへん助かっています。

しかし,据置き家庭用ゲーム機にも問題があります。PCの場合はキーボードとマウス,それにオプションとしてゲームパッドやジョイスティックを利用するのが一般的です。そしてこれらのデバイスは,好みのものをユーザーが自由に選ぶことができます。これに対し家庭用ゲーム機は,USBポートこそ備えていますが標準のHIDゲームパッドをサポートしていないか,もしくは動作するデバイスが限定されています。またゲーム自体もゲームパッドのみで操作を行なえるように調整されており,PC版とは「別ゲー」になっていることも多々あります。特に顕著なのがFPSで,標準ゲームパッドのスティックでの照準にイライラしているのは,筆者だけではないでしょう。

そこで今週のレシピでは,Ubuntuマシンのキーボードとマウス(と,ゲームパッド)でPlayStation3を動かせるソフトウェア,Game Input MultiplexerことGIMXを紹介します。

GIMXとは?

SonyのVAIOには,VAIOをPlayStation3のコントローラとして利用できるようにするリモートプレイ with PlayStation3というソフトウェアが用意されています。GIMXはリモートプレイ with PlayStation3のオープンソース実装と言えるソフトウェアで,LinuxマシンをPlayStation3の(そして最新版ではXbox360の)コントローラにすることが可能になります。

UbuntuでPlayStation3を操作する

それでは早速,GIMXを用いてPlayStation3のゲームを遊んでみましょう。

PS3とUbuntuの接続方式は,USBとBluetoothから選ぶことができます。しかしUSBでの接続には少々工作が必要なため,Bluetoothでの接続を前提に解説します。もしもPCにBluetoothが搭載されていない場合は,USB接続のBluetoothドングルを別途用意してください。

ほとんどのゲームをXbox360で遊んでいる筆者としては最新版のGIMXとXbox360を使いたいところですが,原稿を書きはじめた日にコードがコミットされたばかりでまだパッケージが用意されていないことや,Xbox360ではBluetoothが使えないため,例によってUSB AVR開発ボードとUSBシリアルTTLコンバータが必要など色々と面倒なので,今回はPS3のみの解説とします。

GIMXをインストールする

GIMXはUniverseリポジトリにあるlibwxbaseやlibwxgtkといったライブラリに依存しています。もしもUniverseリポジトリを無効にしている場合は,あらかじめ有効にしておいてください。次に,開発元によって用意されているUbuntu用のバイナリパッケージをダウンロードします。使っている環境に応じて,32bit/64bitのどちらかを選択してください。パッケージをダブルクリックすることで,依存パッケージも含めてインストールが行なわれます。

図1 sixemuパッケージをインストールする

図1 sixemuパッケージをインストールする

GIMXの起動と初期設定

まず,あらかじめPS3本体とのペアリングを済ませたPS3のコントローラ(Sixaxis)を,USBケーブルでUbuntuマシンに接続します。lsusbコマンドを実行して,PlayStation 3 Controllerが見えていればOKです。接続が確認できたら,DashからGimx-bluetoothを検索して起動してください。

図2 lsusbコマンドを実行した例。PlayStation 3 Controllerが確認できる

図2 lsusbコマンドを実行した例。PlayStation 3 Controllerが確認できる

図3 Dashからgimxを検索する

図3 Dashからgimxを検索する

Gimx-bluetoothが起動すると,接続されているBluetoothドングルとSixaxisのアドレスが表示されているはずです。複数のドングルが接続されている場合は,プルダウンから使用するドングルを選択してください。正しいドングルが選択できたら,Set Dongle Addressをクリックします。また,メニューの「File」「Save」を実行すると,SixaxisのアドレスとPS3本体のアドレスを保存します。これで次回起動時からはSixaxisをUSB接続する必要がなくなるので,最初に一度実行しておきましょう。

図4 Gimx-bluetoothの画面。BluetoothドングルとSixaxisのアドレスが表示されることを確認しておこう

図4 Gimx-bluetoothの画面。BluetoothドングルとSixaxisのアドレスが表示されることを確認しておこう

アドレスが保存できたら,SixaxisをUbuntuマシンから外します。ここでSixaxisの電源は自動的に切れるはずですが,もしも電源が入りっぱなしの場合はPSボタンを長押しして電源を切ってください。先ほどSixaxisのアドレスを保存したことからもわかる通り,GIMXはこのSixaxisになりすますので,電源が入ったままだと誤動作の原因になります。

次に,エミュレーションの設定を選択します。これはキーボードやマウスにどのようにSixaxisのボタンをアサインするかという設定で,Configのプルダウンにいくつかの設定があらかじめ用意されています。例えば「BattlefieldBadCompany2.xml」を選択すると,キーボードとマウスそれぞれにSixaxisの軸とボタンがアサインされ,PC版のバトルフィールドと同じように操作をすることが可能になります。

Configの中には「X360Pad.xml」といった設定も用意されています。これはその名の通り,Xbox360のUSBゲームパッドを,GIMXを経由してPS3で使うための設定です。SixaxisよりもXbox360ゲームパッドの方がアナログスティックの操作がしやすい※1のですが,Xbox360ゲームパッドをPS3に直接接続しても,「不正なUSBデバイス」と言われ使用することができません。そのため海外ではこのような製品も存在しますが,GIMXを使えば同様のことをUbuntuで実現することができます。

図5 Xbox360用ゲームパッドでPS3を操作してみた

図5 Xbox360用ゲームパッドでPS3を操作してみた

Configを選択したら,Startをクリックしてください。Sixaxisのエミュレーションが開始され,キーボードとマウス(あるいはUbuntuに接続したゲームパッド)でPS3が動くようになります。エミュレーションを終了するにはEscキーを押します。続いてStopボタンをクリックしてください。

※1
個人の感想です。

著者プロフィール

水野源(みずのはじめ)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。理想のフリーデスクトップ環境を求めて東へ西へ……のはずが,気がついたら北の大地で就職していたインフラ寄りのエンジニア。株式会社インフィニットループ所属。

コメント

コメントの記入