Ubuntu Weekly Recipe

第221回 GW特別企画・Goldencheetahでレッツサイクリング!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

5月。いい陽気になりましたね。まさに行楽シーズンです。

そういえば,IT業界には自転車好きの方が多いようです。⁠男は30過ぎたら自転車」のスローガンのもと,今週のレシピは関西Debian自転車部※1による淀川ツーリング with Ubuntuといった趣きでお届けします。

※1
関西Debian勉強会は,大阪を中心に毎月勉強会を開催している,Debian開発者を目指すDebianユーザーの集まりです。しかし単にDebianに関する勉強をするだけでなく,様々な共通の趣味を持った有志たちが,勉強会の外でも「部活」を行なっていたりします。自転車部のほかには関西Debian光画部,唐揚げ部,ビール部,カレー部などの存在が確認されているようです。

そうだ,サイクリングに行こう!

筆者は京都市内に住んでいますので,桂川-木津川サイクリングロード~淀川サイクリングロードというルートで,ひたすら南西を目指します。

写真1 今回は筆者の愛車「SCOTT SPEEDSTER S20」で大阪を目指す

写真1 今回は筆者の愛車「SCOTT SPEEDSTER S20」で大阪を目指す

午前7:30ごろ,京都市内を出発。五条通りから桂川に出て自転車道に入ります。

写真2 久世橋。午前中はまだ涼しく,走りやすい

写真2 久世橋。午前中はまだ涼しく,走りやすい

三川合流を越えて,淀川へ。

写真3 木津川。ここから淀川サイクリングロードへ

写真3 木津川。ここから淀川サイクリングロードへ

写真4 淀川河川公園枚方にて。このあたりは道も広くてのんびり走れる

写真4 淀川河川公園枚方にて。このあたりは道も広くてのんびり走れる

写真5 守口にて部長と合流。ここまでの走行距離は約45km

写真5 守口にて部長と合流。ここまでの走行距離は約45km

そしてこの後,筆者はヘロヘロになりながら元来た道を京都まで引き返して,この日のツーリングは終了です。休憩も含めた走行時間は7時間ほどでした。

サイクルコンピューターを使ってみよう

システム管理者の皆さんは,サーバーのCPU負荷やネットワーク負荷,メモリ使用量などを常に監視しているかと思います。リソース消費量の変化を,muninやzabbixを用いてグラフに描画する,などというのは基本中の基本ですよね。

この「現状の把握と,状態変化の記録と監視」とは,なにもコンピューターに限ったことではありません。例えば,ジョギングをするような人にはNike + iPodが有名でしょうし,最近ではパソコンでデータを管理できる歩数計や,Twitterと連動するヘルスメーターといった商品も登場しています。

当然世の中には,自転車の走行データを記録するための装置も存在します。こういった装置はサイクルコンピューターといいます。サイクルコンピューターは,自転車の走行距離や速度,ケイデンス※2)⁠サイクリストの消費カロリーなどを記録できる小型のコンピューターです。そしてUbuntuには,このデータを管理し,可視化するための,Goldencheetahというアプリケーションが用意されています。まさにゴールデンつながり。

※2
1分間にどれだけクランク(ペダル)を回したかを表す数字です。rpmで表記します。

著者プロフィール

水野源(みずのはじめ)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。理想のフリーデスクトップ環境を求めて東へ西へ……のはずが,気がついたら北の大地で就職していたインフラ寄りのエンジニア。株式会社インフィニットループ所属。

コメント

コメントの記入