Ubuntu Weekly Recipe

第231回 ownCloudで自分専用クラウドストレージ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

ownCloudはWebDAVを使ったファイル共有サービスを立ち上げるための,FLOSSなサーバーアプリケーションです。2012年5月24日にリリースされた4.0は,非常に多くの新機能が追加され,既存の有料サービスにも引けを取らない完成度に仕上がってきました。そこで今回はこのownCloudをUbuntu上で試します。

ownCloudとは

ownCloudはKDEやSUSEの開発者が開発したオープンソースのファイル共有サーバーアプリケーションです。そのソースコードはAGPLv3でライセンスされており,現在はownCloudコミュニティで無償のコミュニティ版を開発し,それをサポートするownCloud社が商用サポートを提供するという開発体制をとっています。コミュニティ版と有償版の違いは主にサポートの有無とライセンスの違いであり,コミュニティ版でもほぼ全機能を使うことが可能です。

図1 ブラウザーで操作できるファイル共有サーバー

図1 ブラウザーで操作できるファイル共有サーバー

ファイル共有部分はWebDAVを,インターフェース部分はPHPを使って実装しています注1)。PHPを使って誰でもアドオン(アプリ)を作ることができるので,PDFのインライン表示や外部ストレージサービスのマウントといった機能を自由に追加できます。

そのため,ただファイルを共有できるだけでなく,共有カレンダーの作成やアップロードした音楽ファイルの配信など,統合的なクラウドストレージサービスを実現できるのです。

2012年5月24日にリリースされた4.0は,ファイルのバージョン管理や暗号化,ブラウザーへのドラッグアンドドロップアップロード,ODFファイルのインライン表示,データのバックアップやマイグレーションという機能が追加されました。デスクトップクライアントだけでなく,AndroidクライアントやLDAPを使ったユーザー管理もできるので,さまざまなユースケースに応えてくれるでしょう。

注1
以前紹介したSparkleShareは普通のウェブサーバー上にGitリポジトリを構築してファイル管理するタイプでした。

ownCloudを試す

ownCloudのインストール

ownCloudのインストール方法にはドキュメントに掲載されているソースコードを展開する方法と,OpenBuildServiceのパッケージをapt-getでインストールする方法があります注2)。

ownCloudのデータを既存のウェブサーバーの任意の場所にインストールしたい場合や,アプリを独自にインストールしたい場合はソースコードを展開する方法を使うと良いでしょう。ウェブサーバー上の既定の場所にインストールしても良い場合や,ownCloudのデスクトップクライアントを使いたいならリポジトリを導入したほうが簡単です。今回はお手軽に試したいために,OpenBuildServiceのパッケージ使います。

# リポジトリの鍵のインストール
$ wget -q http://download.opensuse.org/repositories/isv:ownCloud:ownCloud2012/xUbuntu_12.04/Release.key \
  -O- | sudo apt-key add -

# リポジトリの追加
$ echo 'deb http://download.opensuse.org/repositories/isv:ownCloud:ownCloud2012/xUbuntu_12.04/ /' \
  | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/owncloud.list
$ sudo apt-get update

# パッケージのインストール
$ sudo apt-get install owncloud

依存関係にしたがって,apacheやphp,その他の開発パッケージもインストールされるので,サイズに注意してください。ownCloudに関するデータやツールは/var/www/owncloudにインストールされます。

注2
12.04の公式リポジトリにもownCloudが存在しますが,4.0ではなく3.0.0です。QuantalやDebian Wheezyには4.0のパッケージが用意されています。

アカウントの作成

インストールした時点でサービスが立ち上がっているので,さっそくアクセスしてみましょう。任意のブラウザで次のURLを開いてください。ownCloudのログイン画面が表示されるはずです。

http://インストールしたマシンのアドレス/owncloud/

図2 インストールが成功すればログイン画面が表示される

図2 インストールが成功すればログイン画面が表示される

もしログイン画面が表示されず,「No database drivers (sqlite, mysql, or postgresql) installed.」というエラーが表示されるなら,一度Apacheを再起動します。その後,ページをリロードしてもまだエラーが出るなら,マシンの再起動も試してみてください。

$ sudo service apache2 restart

アカウントを作成したらログインしてみましょう。初期状態だとユーザーのインターフェースは英語になっています。ページ左下の歯車ボタンをクリックして「Personal」を選べば,言語を選択できますので,「Japanese(日本語)」に変更すると良いでしょう注3)。

図3 個人設定から言語を設定できる

図3 個人設定から言語を設定できる

注3
「翻訳に協力する」を押すと,Transfexのページに移動してUIの翻訳に参加できます。

ファイルのアップロード

アカウントを作成したらファイルをアップロードしてみましょう。ログイン直後の画面は,ファイルブラウザーが表示されているはずです。ここで,緑色の矢印アイコンで表示されるアップロードボタンを押せば,ファイル選択ダイアログが開き,ファイルをアップロードできます。

ファイルのアップロード先は以下のディレクトリになります。実際にデータがアップロードされているかを確認してみると良いでしょう。ちなみにアップロードしたファイルのオーナーはwww-dataになります。

/var/www/owncloud/data/ユーザー名/files

ウェブブラウザー上にファイルを直接ドラッグアンドドロップして,ファイルをアップロードすることも可能です。また,アップロードボタンの隣にある「新規」からURLを選択し,URLを入力すればURLのデータを直接アップロードできます。

フォルダーの作成は「新規」ボタンから,アップロードしたファイル名の変更や削除はファイルの上にカーソルを合わせると表示されるメニューから行えます。

アップロードしたファイルを他の人と共有したい場合は,ファイルにカーソルをあわせて「共有」を選びます。「User or Group」からownCloud内部のユーザーやグループを指定して共有できますし,「Share with private link」にチェックをいれたら外部からアクセス可能なURLが表示されるので,それを他の人に教えると良いでしょう注4)。

図4 表示されるURLを渡せば他のユーザーもファイルをダウンロードできる

図4 表示されるURLを渡せば他のユーザーもファイルをダウンロードできる

注4
もちろん,ownCloudを設定したウェブサーバーに外部からアクセスできる必要があります。

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社 創夢所属。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。

コメント

コメントの記入