Ubuntu Weekly Recipe

第256回 新春特別企画・Android上でUbuntu…ではなくDebianを使う

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

明けましておめでとうございます。Ubuntu Japanese Team代表の小林です。このUbuntu Weekly RecipeおよびUbuntu Weekly Topicsの連載が始まって,今月で丸5年となります。読者のみなさま,編集の高橋様,そして執筆していただいた皆さんに感謝しております。今後とも本連載をよろしくお願いいたします。

さて,「記念すべき第256回」ということで,「特別企画でもやりませんか」と執筆陣のひとりである柴田さんに振られました。そこで,前からやってみたかった「AndroidでUbuntuを動かすネタでもやるか!」と思って取りかかったのですが…うまくいかず挫折しました。幸いDebianは問題なく動いていますので,今回はそのセットアップ方法を紹介します。root化されたAndroidデバイスが必要となりますので,誰にでもお勧めできる内容ではないかもしれませんが,特別企画ということでご容赦ください。

Note:
私としては「連載256回です!16進数で100回ですよ!」って言うのは,ちょっと恥ずかしい感じがあるんですよね。こういうのは,16進数を意識するコーディングをバリバリやってる人が言い出したことじゃないかと思うんですよ。おそらく,そういう人は16進だとピッタリとかゾロ目になる数字をみたら自然と「おっ」となるんでしょう。私はそんな世界とは無縁ですので,まったく思いません。そんな私が「ちょうど256回です!!!」とか書くと,なんだか体がかゆくなってしまいます。

Ubuntu Phone OS発表

本題に入る前に触れておきたいのですが,今月3日にUbuntu Phone OSが発表されました。シャトルワースの紹介動画がうまくできていて分かりやすく,各所で話題になっているようです。

Ubuntuの初リリースは2004年10月ですので,その頃はiPhoneやiPad,そしてAndroid Phoneも登場していませんでした。Ubuntuのバグ管理システムに最初に登録されたバグは「PC市場においてMicrosoftのシェアが大きすぎる」というものですが第120回参照),もはやPCの重要性は相対的に低くなってしまいました。多くの「普通の人」がPCよりもスマートフォンやタブレットでインターネットを活用している今日の状況をみれば,「フリーソフトウェアで構成された,自由で無料のOSを広く普及させる」という目標をかかげるUbuntuが,スマートフォン向けOSの開発を進めるのは当然の流れでしょう。

さて,Ubuntu Phone OSなんて聞かされると,すでに手持ちのAndroidデバイスでUbuntuを使いたいなと思いますよね。私は思いました。できるという話も聞いたことがありますし,やってみようと思ったんです。その時は,茨の道にはまりこむとは思いもしませんでしたが。

増殖するAndroidデバイス

また,Androidデバイスが最近とても安くなっています。私もNexus 7を買って毎日使っています。

他に便利に使っているのが,このところ増えてきたHDMIスティック型のAndroid端末です。昨年,「MK802」「MK808」を買いました。7,000~8,000円くらいだったと思います。このAndroidスティック,テレビに刺せば大画面Android端末に早変わりという優れものです。タブレットやスマートフォンを自室に置いたままでも,リビングでニュースやメールを簡単にチェックできて重宝しています。PCやタブレットを出さなくても,家族と大画面でYouTubeを見られるのも良い点です。リモートデスクトップクライアントを入れて,離れた部屋にあるPCを遠隔操作するという使い方も便利でしょう。

そんなこんなで,昨年は自宅内のAndroidデバイスが大幅に増えてしまいました。

図1 気がつけば増えているAndroidデバイスと関連機器

図1 気がつけば増えているAndroidデバイスと関連機器

最近Androidデバイスを使っていてよく思うのが,「普通のLinuxアプリも使えたらいいのに」ということです。普段からUbuntuを使い慣れていることに加え,トラックボールやトラックポイント付きのキーボードで操作しているため,Androidだと今ひとつしっくりこないせいもあるでしょう。Nexus 7でも,やはりキーボードをつなぐと,思わずUbuntuで使っているアプリを起動しようとして「あ,これUbuntuじゃなかった」と思ってしまうことがあります。

Mote:
Androidスティックの工場を取材した動画がYouTubeにアップロードされていました。想像以上に手作業で作られています。表面のプリント作業シーンは,小学生の時に先生が学級新聞をガリ版で刷っていたのを思い出させてくれました。

UbuntuをAndroidデバイスに入れることもできますが…

では,上記のAndroidデバイスにUbuntuを入れることができるのかというと,できます。

Nexus 7でUbuntuが動作することについては,各所で取り上げられているのでご存じの方も多いのではないでしょうか。Ubuntu Wikiにも手順がまとめられています

Androidスティックも,「MK802」や改良版の「MK802+」のように「Allwinner A10」が搭載されているモデルについては簡単にUbuntuなどのLinux OSが動作します。Linux OSを入れたMicroSDを差し込んで起動するだけという簡単さです。

「MK808」などの「RockChip RK3066」を搭載したモデルについては,メーカーがソースコード公開に積極的ではなかったこともあって,なかなかLinux OSが動かない状況でした。しかし,昨年11月ごろから積極的にハックする人物が現れ,今では概ね問題なく動作するところまで来ているようです。

でも私がやりたいのは,Ubuntuだけを動かすことではないのです。普段はAndroidを便利に使いつつ,必要なときだけLinuxで一般的なアプリやコマンドを使いたいんです。そのためには,Android内でLinux OSを動かさないといけません。

Note:
Androidスティックは,中国の複数メーカーが同じような名前をつけて販売しているようで,混沌とした状態となっています。よく似た名前なのにメーカーも仕様も違ったり,逆にまったく同じ仕様なのに違う名前だったりします。型番は今ひとつたよりにならないため,CPU,RAMの容量,NANDフラッシュの容量を確認してから購入するようにしてください。

著者プロフィール

小林準(こばやしじゅん)

Ubuntu Japanese Team リーダー。2005年より日本国内でUbuntuの普及活動を行っている。著書に,Linuxシステムの管理に必要な知識を解説した『独習Linux』がある。

コメント

コメントの記入