Ubuntu Weekly Recipe

第263回 Ubuntu Touch Developer PreviewとUbuntu SDK PreviewをGalaxy Nexusで早速試してみた

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Ubuntu Japanese Team代表の小林です。みなさん,こんにちは。

2月22日と23日に,オープンソースカンファレンス 2013 Tokyo/Springが開催されました。Ubuntu Japanese Teamも出展させていただき,ブースでのDVD配布やセミナーを行いました。ご来場いただいたみなさん,ありがとうございました。長南さんによるセミナーの資料は,Ubuntu Japanese Team Wikiで配布しております。後日,動画もアップロードする予定です。

この週末,主要執筆陣はオープンソースカンファレンスに参加しており忙しかったため,参加しなかった私が今回のレシピを担当することとなりました。ちょうど先週21日に「Ubuntu Touch Developer Preview(開発者向けプレビュー版)⁠が公開されましたので,これを取り上げます。Galaxy Nexusにインストールし,Ubuntu PCで作成したアプリを動作させ,日本語フォントを導入するまでにやったことを紹介します。

Ubuntu Touchとは

Ubuntu Touchとは,Ubuntuのモバイル向けインタフェースの呼称です。今年1月2日に発表されたUbuntu for phones」⁠2月19日に発表されたUbuntu on tabletsのユーザーインタフェースです。

Canonical社は,モバイル端末からPC,各種サーバーからスーパーコンピューターまで,あらゆるコンピューターにプラットフォームを提供することを目標としてUbuntuの開発を主導してきました。この取り組みの中で,Ubuntu Touchはタッチパネルを搭載したモバイル端末向けのインタフェースとなるものです。これにより,スマートフォンやタブレットに最適化されたUbuntuが提供されることとなります。次の動画で,どのようなものになるかが紹介されています。

Ubuntu Touchを搭載した端末のリリースについては今年中とも来年とも言われていますが,現時点では確定的な情報はありません。少なくともソフトウェアとしては,遅くとも2014年4月にリリース予定の14.04 LTS(長期サポート版)のリリース時に,一定の完成をみたものが提供されるでしょう。

前述のとおり,Ubuntu Touchの開発者向けプレビュー版が今月21日に公開されています。あくまでもプレビュー版ですので,使える機能は限定されています。しかしながら,上の動画にあるような四辺のスワイプによる操作を試したり,無線LANを設定してWebブラウザやFacebookアプリを使うことができます。

Galaxy NexusにUbuntu Touchをインストール

本記事執筆時点で,インストールして試した方が多くいるようで,Webを検索すればインストール方法を紹介したサイトもいくつか出てきます。インストール方法はいくつかありますが,私はUbuntu Wikiに記載されている導入手順で行いました。

注意していただきたいのですが,Galaxy NexusやNexus 7および10にUbuntu Touchをインストールすると,デバイス上のデータはすべて消えてしまいます。また,手順を間違えるなどのトラブルにより,デバイスが使えなくなってしまう可能性もあります。さらに,メーカーやキャリアの保証を受けることもできなくなってしまいます。このように導入のためのリスクが高く,また実用に向かない開発者向けのプレビュー版ですので,よほど興味のある方にしか導入はおすすめできません。

もし作業される場合は,導入手順にしたがって注意深く作業してください。また,あわせてリリースノートにも目をとしておくと良いでしょう。

Ubuntu Touchを試してみた

Ubuntu Touchをインストールして起動すると,次のような画面が表示されました。⁠ロックスクリーン」ではなく「ウェルカムスクリーン」と呼ぶようです。

図1 Ubuntu Touchの「ウェルカムスクリーン」

図1 Ubuntu Touchの「ウェルカムスクリーン」

一見してどうしたら良いのか分からなかったのですが,スクリーン右端から左に向かって「スワイプ」すると,ホーム画面が現れました。

図2 Ubuntu Touchのホーム画面

図2 Ubuntu Touchのホーム画面

この画面で,スクリーンの端に指がかからないよう左右にスワイプすると,⁠Apps」「People」といった画面に切り変わります。各画面にはデモ用らしきデータが入っており,タップしても反応しないものも多くありました。

アプリケーションランチャーは,画面の左端からスワイプして引き出します。

図3 Ubuntu Touchのランチャー

図3 Ubuntu Touchのランチャー

指を離してからアイコンをタップして起動する方法と,スワイプしたまま指を離さず上下に動かして選択する方法があります。

その他,画面右上には各種インジケーターアイコンと時計が表示されており,こちらも画面端からのスワイプでアクセスします。最初,インジケーターアイコンが小さくて選びにくいと思ったのですが,スワイプしたままアイコンのすぐ下で指を止め,左右にスライドすることで選択を切り替えることができました。

次にWebブラウザを試したかったので,ここで無線LANへの接続を設定しました。

ブラウザを開いてみると,www.ubuntu.comが開きました。ここで,他のページを開いてみようとして戸惑ったのですが,アドレスバーがありません。いろいろ試してみると,画面下端からのスワイプで表示されました。

どうも,アプリケーションに関するメニューは画面下からのスワイプで表示される仕組みのようです。ここで気づいたのですが,画面下からスワイプすると中央に虫眼鏡のようなアイコンが現れます。スワイプした指をそのままアイコンまで進めて離すと,個々のアプリを操作するためのものと思われるメニューが表示されます。まだタップしても何も反応しない部分が多いですが,アプリの終了は左下の×ボタンで行うことができました。

画面上端からスワイプしてメニューを閉じ,ブラウザのアドレスバーにwww.ubuntulinux.jpと入れてみたところ,サイトが開きはしたのですが日本語が表示されません。どうも,日本語のフォントが入っていないようです。これは,Ubuntu Touchでサンプルアプリを動かしてみようとUbuntu SDK Preview導入した後で解決しました(後述)⁠

著者プロフィール

小林準(こばやしじゅん)

Ubuntu Japanese Team リーダー。2005年より日本国内でUbuntuの普及活動を行っている。著書に,Linuxシステムの管理に必要な知識を解説した『独習Linux』がある。

コメント

コメントの記入