Ubuntu Weekly Recipe

第273回 Unity 7の新機能

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

Ubuntu 13.04がリリースされてから3週間ほどが過ぎ,そろそろ12.10から移行された方も増えてきたかと思います。今回のリリースでは,Unityの変化はそれほど大きくないものの,安定度やリソース消費量が大幅に改善されました。そこで今回は,13.04で採用された新しいUnityのチャームポイントを紹介します。

Unityの新しい機能

パッケージのダイレクトインストール

アプリLens(Super+A)でアプリを検索したとき,未インストールのアプリをソフトウェアセンターを起動することなくインストールできるようになりました。これまでは,自動的に起動したソフトウェアセンター上で,⁠インストール」ボタンを押すというステップが必要でしたが,より素早く短いステップでアプリをインストールできます注1)⁠

図1 ⁠フリーダウンロード」をクリックするだけで直接インストールできる

図1 「フリーダウンロード」をクリックするだけで直接インストールできる

注1)
ただし提供元によっては,これまでどおりソフトウェアセンターが起動する場合もあります。

ソーシャルLensとオンラインアカウントの連携

システム設定の「オンラインアカウント」で,ソーシャルネットワークサービスのアカウントを登録すると,それに関連するLensが自動的に登録されるようになりました。たとえばTwitterアカウントを登録するとFriends Lensが,Flickrアカウントを登録するとPhoto Lensが追加されます。

図2-1 オンラインアカウントにアカウントを登録する

図2-1 オンラインアカウントにアカウントを登録する

図2-2 Friends Lensが表示されるようになった!

図2-2 Friends Lensが表示されるようになった!

Dashの訂正機能

誤入力訂正ライブラリであるlibcolumbusが導入されたことで,Dashは多少の誤字や脱字を見逃してくれるようになりました。たとえば「gedit」「gdiet」と入力しても,候補に「gedit」が表示されます。ただし,今のところ英語のみの対応です。

図3 ⁠gdiet」と入力しても予想される正しい値を推測してくれる

図3 「gdiet」と入力しても予想される正しい値を推測してくれる

クイックリストでウィンドウ管理

Launcherのアイコンを右クリックして表示される「クイックリスト」にウィンドウ管理機能が追加されました。同じアプリを複数ウィンドウで開いている場合に,クイックリストの後半にそれぞれのウィンドウタイトルが表示されます。また,フォーカスがあたっているウィンドウについては「●」マークが付きます。

さらにタイトルをクリックすることでフォーカスを合わせることができるので,これまで以上に簡単にウィンドウを切り替えられるようになりました。

ちなみにLauncherのアイコン上にマウスカーソルを合わせた上でスクロールさせると,高速にアプリウィンドウを切り替えられます。

図4 複数ウィンドウを開いていたらこのように,ウィンドウのリストが表示される

図4 複数ウィンドウを開いていたらこのように,ウィンドウのリストが表示される

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。

コメント

コメントの記入