Ubuntu Weekly Recipe

第281回 LibreOffice Impressでデジタルサイネージを作成する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回はLibreOffice(以下LibO)Impressでデジタルサイネージ(自動プレゼンテーション)を作成する方法を紹介します。

デジタルサイネージ

最近街でよくデジタルサイネージを見かけるようになりました。液晶画面の大型化/長寿命化・制御部分の小型化など技術革新によるものだとは思うのですが,人間というか動物の本能として動くものに目が行くので,広告としての効果も高いのだと思います。

今回はそんなデジタルサイネージで使用できそうなプレゼンテーションを作成する方法を紹介します。原理的には複数枚のプレゼンテーションを作成し,それを一定秒数ごとに表示を切り替えます。そして最後に到達したら最初に戻る,という仕組みです。別に「オートデモ」とかでもいいのですが,せっかくなのでイマドキっぽいタイトルにしてみました。もちろん宣伝以外のものにも有効活用できるでしょう。

LibO Impressを使用するメリット

最近のディスプレイは16:9ないし16:10のものが主流であり,この比率でプレゼンテーションを作成できるのが望ましいです。Apache OpenOfficeにはこの比率はありません注1が,LibOにはありますので,これは多大なメリットといえます注2)⁠

あとは別にLibOだけのメリットというわけではありませんが,ライセンス費用がかからないのでチェーン店などに大量に配布する場合に有利であるとか,フルスペックのオフィススイートなのでプレゼンテーションの内容を一部切り出してPDFなどにしたり,印刷したりできるということなどです。飲食店であれば日替わりランチメニューがあるかもしれませんし,スーパーにも日替わり特価品があるかもしれませんが,そういうのは画面で表示するだけではなくて座席に置いたり,チラシとして配布したりしたいこともあるでしょう。であれば,プレゼンテーションの内容にそのようなことを盛り込んでおけば,あとは該当のページを印刷するだけで済み,そのためだけにチラシを別途作成する必要はありません。

Windows XPのサポート期限が来年,2014年4月で切れてしまうので,XPを使用していたパソコンにUbuntuをインストールし,デジタルサイネージ用のパソコンにしてしまうのもいいかもしれません。Ubuntuを使用するメリットは,あくまでWindowsと比較してですがフォントのレンダリングがきれいなので,見栄えがすることです。

注1)
近日中にリリース予定の4.0にもありませんでした。
注2)
Microsoft PowerPoint 2007以降にもあります。

ページの書式設定

まず最初に,ページの書式設定を決定します。Impressを起動し,⁠書式][ページ]を開いてください。デフォルトだと[書式][画面 4:3]になっていますが,⁠画面 16:9][画面 16:10]にも変更できます。目安として解像度が1920×1080だと16:9,1920x1200だと16:10です。

図1 デフォルトの[画面 4:3]の下に[画面16:9][画面 16:10]がある

図1 デフォルトの[画面 4:3]の下に[画面16:9]と[画面 16:10]がある

ページの最初に戻る設定

プレゼンテーションが終了したら最初に戻るように設定するには,⁠スライドショー][スライドショーの設定][種類][自動]にします。その下の[00:00:10]は最初のページに戻るまでの待ち時間で,この場合は10秒を意味します。通常10秒はやや長めに感じると思うので,5秒程度にしておくといいのではないでしょうか。⁠ロゴを表示]は,待ち時間中にLibOのロゴを表示します。必要であればチェックを入れてください。

図2 画面切り替えは[種類][自動]にする。これはわかりにくいというか,知らないと設定できない

図2 画面切り替えは[種類]を[自動]にする。これはわかりにくいというか,知らないと設定できない

画面切り替え設定

右側のタスクペインにある[画面切り替え]を表示し,⁠スライドを進める]から[次の時間後に表示]を選択し,切り替えまでの時間を指定します。原則としてはすべてのページに設定する必要がありますが,⁠すべてのスライドに適用]をクリックすると,すべてのページを一括して変更することができます。とはいえ,実際には表示したい時間はページによってまちまちでしょうから,使用する機会は多くないかもしれません。

画面切り替えの際に効果を使用したい場合は,⁠切り替えなし」「ランダム」を含めて72の効果から選択できます。デフォルトでプレビューするようになっているので,気に入った効果を探してみてください。もっとも,やりすぎると鬱陶しくなってしまいますので要注意です。

図3 ⁠次の時間後に表示]を選択する。遷移する時間を入力するのを忘れないように注意する

図3 [次の時間後に表示]を選択する。遷移する時間を入力するのを忘れないように注意する

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。

コメント

コメントの記入