Ubuntu Weekly Recipe

第286回 UbuntuからEPSON複合機EP-805Aを使用する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回はプリンター複合機をUbuntuで使用する方法を紹介します。

複合機購入

もともとスキャナーをWindows Vistaで使用していたのですが,このPCが動作しなくなり環境を破棄しました。そしてWindows 7にしたのですが,このスキャナーが古すぎて64bit版のドライバーが存在せず,使えなくなってしまいました。なんだかんだとスキャナーを使用することもあるので,このまま使えないのは困ります。

プリンターはブラザーのPostscript互換モノクロレーザープリンターがありますが,最近は大量に印刷することもないうえにそろそろトナー切れなので,どうするかを考える時期でした。そんなこんなで,いい機会なのでプリンター複合機を買うことにしたのです。

機種を何にするのかは相当悩みました。Ubuntuで使用するならHPがベストですが,もう少し冒険してみたくなりました。次に考えたのはBrotherですが,ドライバーは供給してくれているもののi386ばかりで,確かにAMD64でも動くのですが,multiarchの関係上動作させるのにたくさんのパッケージをインストールする必要があります。CanonはUbuntu用のドライバーを配布してはいるものの,まったく更新されないのでUbuntuが新しくなると注1動作させるのが困難になります。以前はCanonのインクジェットプリンターを使用していましたが,結局これが原因で使用しなくなってしまいました。

というわけで残ったのはEPSONです。EPSONは,よくよく調べてみるとプリンターに関しては2種類のドライバーをリリースしていることがわかりました。すべての機能が使えるけれども更新されない(更新が期待できない)ドライバー(full feature)と,機能は限定されるものの更新され続けるドライバー(generic)です。ほとんどの場合はただ印刷できればいいので,機能限定版で問題ないでしょう。しかも機能限定版はソースコードが公開されているうえにバイナリーの部分がないので注2)⁠将来的に自分でドライバーをビルドすれば長期的に使い続けることができると期待できます。

機種選定は,この機能限定版ドライバーが使用できる機種で,かつ両面印刷,無線LAN,タッチパネルに対応しているもの,ということで EP-805Aにしました。

そろそろプリンターのモデルチェンジの季節なので,新機種が出たら在庫処分で安く買えるようになるかもしれません。あるいは継続機種になるかもしれませんが,いずれにせよお得に買い物するにはちょっと難しい時期かもしれません。とはいえ,EPSONの体制がいきなり大幅に変わることもないでしょうし,後継機種でもおおむね役に立つ情報ではないかと思います。

注2)
厳密にはCUPSのバージョンが上がると。
注2)
EPSONもCanonもBrotherも,ドライバーのソースコードは限定的で,主要部分はバイナリーのライブラリにまとめられています。

初期設定

箱から取り出してインクのセットとかはマニュアルに従って行ってください。

ネットワークは,無線LANをWPSで設定しました。その後固定IPアドレスを設定しました。タッチパネルで設定できるのですごく簡単です。今回はIPアドレスは192.168.12.42をサンプルで使用します。

USBケーブルが届くところにPCがある場合は,USB接続のほうがいいかもしれません。

ほかには,保存用のUSBメモリーないしSDカードを挿しておいてください。数GB程度のもので充分です。

ドライバーのダウンロード

ドライバーのダウンロードは,専用のWebサイトから行います。個々に機種名を入れて検索してください。今回は⁠EP-805A⁠(引用符不要)です。

全部で3つのドライバーが表示されますが,上2つはプリンター,下がスキャナーです。プリンタードライバーは同時にインストールしてもさしたる問題はありません。その場合は,上のほう(full feature)が優先して使用されます。ドライバーの違いは後述します。

Ubuntuなので拡張子が.debのものを選択します。あとはアーキテクチャ(i386かAMD64か)を間違えずにダウンロードしてください。日本語Remixをお使いの場合はi386になると思います注3)⁠

スキャナーのドライバーは何をダウンロードしたらいいのかわかりにくいですが,Ubuntu 8.10以降ではファイル名に⁠libltdl7⁠が入っているものを選択してください。あとは⁠iscan-data⁠も必須です。⁠userg_revQ_j.pdf⁠は日本語マニュアルです。今回は使用しませんが,ダウンロードしておくといいでしょう。

図1 EP-805Aのドライバー

図1 EP-805Aのドライバー

注3)
ただし現在発売中のUbuntu Magazine Japan 2013 Summerには,AMD64版の日本語Remixも収録されています。

ドライバーのインストール

プリンタードライバーをインストールする前には⁠lsb⁠パッケージを,スキャナードライバーをインストールする前には⁠xsltproc⁠パッケージをインストールしてください。

たとえばこんな感じです。筆者の環境はAMD64なので,パッケージもそれ用をインストールします。

$ sudo apt-get install lsb xsltproc
$ sudo dpkg -i iscan-data_1.23.0-1_all.deb iscan_2.29.1-5~usb0.1.ltdl7_amd64.deb epson-inkjet-printer-201209j_1.0.1-1lsb3.2_amd64.deb epson-inkjet-printer-escpr_1.2.3-1lsb3.2_amd64.deb

epson-inkjet-printerがfull featureで, epson-inkjet-printer-escprがgeneric driverです。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。

コメント

コメントの記入