Ubuntu Weekly Recipe

第301回 Ubuntuでハイレゾ音源を扱う

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

ハイレゾ音源とは

最近ハイレゾ(Hi Resolution)音源という言葉をよく耳にするようになりました。おそらくきっかけになったのはウォークマンの最新モデルがハイレゾ音源に対応し,同時に音楽配信サイトmoraでハイレゾ音源の配信を開始するというニュースでしょう。

そもそもハイレゾ音源とは何でしょうか。明確な定義はないようですが,CDよりも情報量の多い音源のことを指すようです。「CDよりも情報量が多い」だとなんのことだかわかりにくいので,音ではなくディスプレイで例えてみましょう。

ディスプレイの表示は,解像度と色深度で決定されます。とはいえ昨今は色深度は気にしなくなりましたが,昔だと1,024×768ドット(解像度)の16ビットカラー(65,536色)とか24ビットカラー(16,777,216色)とかがありました。これはディスプレイというアナログ表示をデジタルで処理する場合に必要なルールです。音もまったく同じで,アナログの音をデジタルに変換する必要があり,そのルールがCDだと44.1kHzの16ビットで行われます。44.1kHzは1秒間に44,100回,16ビットの深度でデジタル化(サンプリング)しています。ディスプレイだと横×縦で解像度を表現しますが,音の場合はサンプリングする間隔(サンプリング周波数)になります。「色深度」という言葉はあっても「音深度」という言葉がないのでわかりにくいですが注1),ディスプレイでの例えを見ればわかるとおりビット数が多いほうがより精度が高いということになります。

次のステップに進むためには,レコーディングがどのように行われているのかを事前に知っておく必要があります。話をわかりやすくするために,1960年代にThe Beatlesがどのように録音を行っていたのかというと,2~8チャンネルのマルチトラックレコーダー(以下MTR)と呼ばれるもので録音を行い,それをほとんどの曲でモノラル(1チャンネル)とステレオ(2チャンネル)でミキシング注2し,レコードで再生できるように注3マスタリングしてからレコードをプレスしていました。

The Beatlesが最初に発売したアルバムPlease Please Meは1963年2月11日に2チャンネルのMTRで録音され注4),同年3月22日にモノラル盤が,同年4月26日にステレオ盤がイギリスで発売されています。要するにステレオ盤なんて当時誰も買う人がいなかったということですが注5),現在発売されているCDはステレオ盤なので注6),聞いてみると左に演奏,右にボーカルが収録されており,ミキシングは行われていません。モノラル盤はボーカルと演奏のバランスを取るようにミキシングされています。チャンネルが増えるとどの楽器を左右のどこから聞こえるようにするのか,ボーカルはどうか決定する作業が行われます。これが昨今のミキシングです。

今回の例はあまりにプリミティブな環境ですが,方法としては今も大差はありません。MTRではなくDAW(Digital Audio Workstation)を使うようになったとか,演奏どころかボーカルまで注7いわゆる打ち込みで行うようになり,ミュージシャンが楽器を演奏しなくても(それどころか歌わなくても!)レコーディングできるようになったとかの進歩は当然ありますが。

現在DAWを使用して192kHz/24bitなどCDの規格には合わない形式でレコーディングやミキシングが行われていますが,マスタリングの段階でCDの規格にしてしまいます。つまりハイレゾ音源は,CDの規格にまでクオリティを下げることなく配信してしまおうというものです。

注1)
「ビット深度」という用語はあります。
注2)
ミックスダウンやトラックダウンとも言います。
注3)
配慮を怠るとレコードの針が飛んでしまう恐れがあったようです。
注4)
しかも585分だそうです。
注5)
そもそもステレオがあまり普及しておらず,モノラルのレコードかラジオで聞いていたようです。ステレオ盤だとPlease Please MeでJohn Lennonが歌詞を間違えたテイクが販売されていることからも,当時はまったく注目されなかったことがわかります。
注6)
モノラル盤は単体販売されず,ボックスセットで販売されている。
注7)
初音ミクなどのいわゆるボーカロイドを指しています。

ハイレゾ音源のフォーマット

ハイレゾ音源では,WAVないしFLACというフォーマットで配信されることがほとんどです。WAVは今さら解説不要だと思いますが,FLACはあまり馴染みがないかもしれません。FLACはFree Lossless Audio Codecの略で,その名のとおりロスレス(可逆圧縮)です。ロスレスの反対はロッシー(Lossy)ですが,通常は非可逆圧縮と呼ばれます。MP3やOgg VorbisやAACなど,よく使用するCodecはすべてこれです。

そしてFLACはその名のとおりフリーであり,特許の問題もありません。当然Ubuntuでも問題なく扱えます。

今回扱うハイレゾ音源

今回はe-onkyo musicで配信されている『ラブライブ!』の曲を扱います。これは筆者が「ラブライバー」と呼ばれる同作品の熱心なファンだからというわけではありません。筆者が最初に購入したハイレゾ音源はかれこれ3年ほど前のAll Things Must Pass(George Harrison)が最初であり,以後コンスタントに,おもにPaul McCartney注8のアルバムを購入してきました。しかし,サンプルとしては『ラブライブ!』がピッタリなのです。なぜかというと,入手が極めて容易であること,WAVで配信されていること,ジャケット画像までも配信されていることが注9その理由です。

WAVのままで再生するのもいいのですが,DAP(Digital Audio Player)ではちょっと扱いにくいのです。最近のDAPはファイル名ではなく埋め込まれているメタタグで分類されているのですが,WAVだと規格上埋め込めません。よって,WAVをFLACに変換し,メタタグを埋め込んだりジャケット画像を埋め込んだりします。

注8)
本来はSir Paul McCartneyと表記するべきですが,今回はSirは省略します。
注9)
ただしシングルとしてオフボーカルバージョンも購入しないといけません。

ハイレゾ音源を購入する意味

ハイレゾ音源は,場合によってはCDよりも価格が高いものもあります。再生環境が貧弱でどうせハイレゾでも恩恵が受けられないんじゃないか,だったら安いほうがいいのではないかと思われるかもしれませんが,これは違います。まずはDRMなしであればいついかなる時でもどのような形式にでも変換できます。iPhoneやiPodで再生するためにApple LosslessやAACに変換すればいいのです注10)。あとは世の中にはリマスター商法というものがあり,もちろんこれを否定するわけではないのですが注11),同じCDを何回も購入する必要があるので無駄に思えてしまうかもしれません。ハイレゾ音源であればそれ以上の品質はあり得ないということになり,結果としてお得,ということになります。

たとえばPaul McCartneyは先日の来日公演でアルバムBand on the Runから3曲注12演奏しています。Paulにとっても重要なアルバムであることに疑いはないのですが,

  • Band on the Run(1995年11月8日)
  • Band on the Run 25th Anniversary Edition(1999年3月22日)
  • Band on the Run Paul McCartney Archive Collection(2010年11月17日)

の少なくとも3回,CDになってから発売されています注13)。そのうち下2つではリマスター(マスタリングをやり直すこと)が行われています。それだけでもずいぶんと音質は向上するのですが,そもそもマスタークオリティであれば何度も買い直す必要はないのです注14)。

しかも今回取り上げる『ラブライブ!』の楽曲は,マスタークオリティではなくマスターそのものです。正確にはミキシングしたものであってマスタリングしていないものですが,筆者はもうこれだけで感激してしまいました。

注10)
今回は取り上げませんが。
注11)
その時代の技術的要因や流行の音というのがあるのです。
注12)
2013年11月19日の公演では4曲。
注13)
おそらく1993年にも発売されていると思うのですが,手元に確たる資料がありませんでした。
注14)
アナログマスターかデジタルマスターでも違いはありますが,ひとまず置いておきます。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。

コメント

  • うーん

    ubuntu でハイレゾのまま再生する方法まで突っ込んでいただくと嬉しいのですが。ubuntu(Linux)はWindowsも対応していないUSB Audio Class2.0 をサポートしているので一部のピュアAUな方々が使用しているとうかがっています。(Voyage MPD ディストリビューションとか)DACの選択とかMPDのセッティングとか期待しています

    Commented : #1  小川嘉徳 (2013/12/04, 19:44)

コメントの記入