Ubuntu Weekly Recipe

第335回 MATEデスクトップ環境をビルドする【前編】

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

今回はMATEデスクトップ環境を自力でビルドし,インストールする方法のうち,ビルドの部分だけを紹介します。インストール方法は次回の【後半】で紹介します。

MATEとは

MATE(マテ)はGNOME 2.xから派生したデスクトップ環境です。Ubuntuでは長らくMATE(プロジェクト)が用意しているパッケージをインストールする以外に使用する方法はなかったのですが注1),一式がDebianのリポジトリに入りそれにともなって開発中のUbuntu 14.10(Utopic Unicorn)でも使用できるようになりました。

Ubuntu Weekly Topics 2014年7月11日号で紹介されたUbuntu MATE Remixは,そんな開発版をベースにリリースしたようです。

とは言え14.10の開発版を今から使用するのはしんどいですし,せっかくなので自力で14.10向けのパッケージを14.04でビルドしてみたらどうかなと考えました。ちなみにこれをバックポートと言います。PPAにも今のところは14.04向けのMATEはなさそうでした。少なくともMATE 1.8のうちは,将来的にも同じ方法でビルドできると思います。

読み進めていただければわかりますが,パッケージ数が多いので手間はかかりますが,難易度はそんなに高くありません。夏休みに挑戦してみる価値は充分にあるでしょう。

ついでに言うと,筆者はMATEのことはあまり好きではありません。権利関係に疎い人達がやっているという固定観念があるからです。とは言え次期Vine LinuxがMATEをデフォルトにすることを決定したり,また個人的にも(古くても)軽量なデスクトップ環境が必要になり,無視はできなくなった,というのが正直なところです。

注1)
Ubuntu派生版のLinux Mintを使用するという手もあります。

準備

何はなくともビルド環境を用意します。今回はVirtualBoxのゲストOSとしてUbuntu Serverをインストールしましたが,LXCやDockerでも良いでしょう。インストール自体の方法はここでは解説しませんが,VirtualBoxの場合注2はネットワークをブリッジモードにするといろいろ手間が省けます。インストール完了後,適宜アップデートなどを行ってから最低限必要なパッケージをインストールします。

$ sudo apt-get install ssh avahi-daemon vim lv

お好みで増減していただきたいところですが,インストールが終わってsshが起動したら,別のPCからログインします。ブリッジモードにしてある場合は

$ ssh (ビルド環境のホスト名).local

でログインできます。ログイン後,byobuを実行するのも良いでしょう。

VirtualBoxを使用している場合は,Guest Additionsをインストールすると便利です。

$ sudo apt-get install virtualbox-guest-utils

新し目のVirtualBoxを使用したい場合は,筆者のリポジトリを追加してください。

$ sudo add-apt-repository ppa:ikuya-fruitsbasket/virtualbox
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install virtualbox-guest-utils

インストール後vboxsfグループに自身を追加してから再起動してください。

そしてビルドに最低限必要なパッケージをインストールします。

$ sudo apt-get install build-essential devscripts
$ sudo apt-get install ubuntu-dev-tools --no-install-recommends

ホームフォルダー直下にmateというフォルダーを作成し,実際のビルドはここで行うことにします。また,パッケージを入れておくpackageフォルダーも作成します。

$ mkdir -p mate/packages
$ cd mate

今回は頻繁にchangelogを変更します。ここには名前とメールアドレスが入ります。必須ではありませんが,自動的に自分の名前とメールアドレスを入れるようにするにはDEBEMAILDEBFULLNAMEという環境変数を指定します。例としては,

export DEBEMAIL="ikuya@mail.example.com" 
export DEBFULLNAME="Ikuya Awashiro"

のような感じで,これを~/.bashrcに追加します。

$ source ~/.bashrc

を実行し,.bachrcを読込し直すとこれらの環境変数を反映します。

準備はこれで完了です。

注2)
VMwareでも同様です。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。

コメント

コメントの記入