Ubuntu Weekly Recipe

第336回 軽量で高機能な画像ビューアー「Geeqie」を使う

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

今週のレシピでは,より強力な画像管理ツールであるGeeqieの使い方を紹介します。GeeqieはUNIXライクなOSで使える,軽量で高機能な画像ビューアーです。もともと,GQviewからフォークすることで開発が開始されました。ExifなどのメタデータやRAWフォーマットの取り扱いはもとより,ImageMagickやGIMPなどの外部プログラムとの連携も考慮されています。

Geeqieの特徴

Geeqieは以下のような特徴を備えています。

  • サムネイル一覧,スライドショー,フルスクリーン表示などの機能を備えた,軽量なビューアー
  • 表示エリア分割して,複数の写真を同時に閲覧
  • メタ情報のオーバーレイ表示
  • ヒストグラムやEXIF情報などを表示できるサイドバー
  • コレクションを使った画像の管理
  • 名前,日付,サイズ,類似した写真といった条件が指定できる,強力な検索機能
  • 似ている画像同士をグルーピングしてリストアップ

Ubuntu 14.04 LTSにはフォトアルバムを管理できるShotwellが搭載されていますが,お手軽な半面,機能面で見劣りする部分があります。普段から多くの画像を扱うのであれば,このような特徴を持つGeeqieは,使用を検討する価値が十分にあります。

Geeqieのインストール

Ubuntuソフトウェアセンター,あるいはaptコマンドでインストールできます。パッケージ名は「geeqie」です。

 Geeqieをインストールする

$ sudo apt-get install geeqie

画像ビューアーとして使う

Geeqieのウィンドウは,3つのペインに分割されています。大きく左右に分割されているうち,右側が画像の表示されるイメージペインです。左側のペインはさらに上下に分割されており,上側がフォルダーの表示されるフォルダーペイン,下側がフォルダー内のファイル一覧が表示されるファイルペインです。

GeeqieはShotwellのように,事前に画像をインポートする作業は必要ありません。フォルダーペインで画像の保存されているフォルダーを選択すると,ファイルペインにファイル一覧が表示されます。ファイルペインで画像ファイルを選択すると,その画像がイメージペインに表示されます。表示する画像はクリックで選択することもできますが,表にあるショートカットを使うのが便利です。

イメージペインに表示された画像に対し,拡大縮小,回転といった操作を行うことも当然可能です。メニューの「表示」「Zoom」から操作を実行しても良いのですが,表にあるショートカットを活用すると,より快適に画像を閲覧できるでしょう。

 Geeqieのインターフェース

画像

 画像選択のショートカット

キー動作
BackSpace, PageUp前の画像を表示
Space, PageDown次の画像を表示
Home最初の画像を表示
End最後の画像を表示

 画像操作のショートカット

キー動作
+, =拡大表示
-縮小表示
xウィンドウに合わせて表示
hウィンドウの幅に合わせて表示
wウィンドウに高さに合わせて表示
z等倍表示
]時計回りに90度回転
[反時計回りに90度回転
Shift+R180度回転
Shift+M左右反転
Shift+F上下反転

フォルダーとファイルの表示方式を変更する

メニューの「表示」「Files and Folders」では,フォルダーペインやファイルペインの表示形式を変更できます。デフォルトでは,現在開いているフォルダー内のサブフォルダーのみが表示される「Folder List」になっていますが,「Folder Tree」を選択すると,ファイルシステムの全フォルダーがツリー状に表示されるモードに切り替わります。

ファイルペインには,ファイル名,サイズ,タイムスタンプが一覧表示されています。メニューの「表示」「Files and Folders」「Show Thumbnails」を実行すると,サムネイル画像が追加で表示されるようになります。「アイコン表示」を選択すると,サムネイル画像とファイル名のみが格子状に表示されるようになります。筆者のお勧めは,画像の内容と情報がわかる「Image List」+「Show Thumbnails」です。

 サムネイル表示とアイコン表示

画像

画像

イメージペインをカスタマイズする

イメージペインは上下,または左右2分割することができ,合わせて最大4枚の画像を同時に表示することができます。メニューの「表示」「Split」から「Horizontal(上下に2分割)」「Vertical(左右に2分割)」「Quad(4分割)」を選択してください。それぞれのペインに任意の画像を表示するには,まず分割されたイメージペインの該当部分をクリックして選択注1してから,ファイルペインで画像を選択します。

イメージペインが分割できると,何が嬉しいのでしょう? 複数の画像を同時に表示できれば,解像度の高いディスプレイを有効に使えますが,それだけではありません。前述の拡大,回転といった画像操作は,分割されたペインそれぞれに対し,独立して実行することができます。つまり同じ画像を左右に並べて表示し,片方だけに操作を行って見比べる,などと言った利用もできるのです。例として,左右に分割したペインの片方に対し「表示」「Color Management」「Toggle grayscale」を実行し,グレースケール表示させてみました。

拡大,縮小の操作も,分割したペインごとに独立して適用されますが,メニューの「表示」「Zoom」「Connected Zoom」からコマンドを実行すると,全ペインに対して一括して処理を適用することができます。またキーボードショートカットを使う場合は,Shiftキーを併用することで,Connected Zoomと同じ効果が得られます。つまり「Shift+Z」を押すと,すべてのペインに表示されている画像を等倍表示します。

なお分割したペインをデフォルトの1画像表示に戻すには「表示」「Split」「Single」を選択してください。

 ペインを左右に分割し,片方の画像をグレースケールで表示させてみた

画像

注1)
選択されたイメージペインにはオレンジ色の枠が表示されます。

メタデータを表示する

最近のデジタルカメラで撮影した写真であれば,撮影した際の情報,つまり使用した機材,絞り値,シャッタースピード,焦点距離,ISO感度といった情報がファイルに書き込まれています。画像を閲覧する際には「この写真はどのような条件で撮影されたのか」という情報を合わせて見たいものですよね。メニューの「表示」「Image Overlay」「Image Overlay」にチェックを入れると,イメージペインの左下にメタデータが表示されます。「表示」「Image Overlay」「Show Histogram」にチェックを入れると,メタデータにくわえてヒストグラムが表示されるようになります。キーボードの「i」キーを押す度に,「メタデータ表示」「ヒストグラム表示」「表示なし」を循環しますので,覚えておくと便利です。

色ごとの輝度分布を見たい場合は,ヒストグラムが表示されている状態でキーボードの「k」を押してください。キーを押す度にヒストグラムのチャネルが,「RGB」「R」「G」「B」「Value」を循環します。またキーボードの「j」を押すと,ログスケールとリニアスケールを切り替えることができます。

より詳細なExifデータを見たい場合は,メニューの「表示」「Exif window」を選択してください。別ウィンドウでExif情報を確認することができます。

 メタデータとヒストグラムのオーバーレイ表示

画像

画像

 別ウィンドウでメタデータを表示

画像

著者プロフィール

水野源(みずのはじめ)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。理想のフリーデスクトップ環境を求めて東へ西へ……のはずが,気がついたら北の大地で就職していたインフラ寄りのエンジニア。株式会社インフィニットループ所属。

コメント

コメントの記入