Ubuntu Weekly Recipe

第346回 UbuntuとOpenNebulaでクラウド環境を構築してみよう(後編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

前回のRecipeで,物理マシン2台にOpenNebulaのフロントエンドとホストをそれぞれセットアップしました。後編では,フロントエンド上のonedにホストやネットワーク,ディスクイメージといったリソースを登録し,OpenNebula環境を組み立てます。また,組み上がったOpenNebula環境で仮想マシンを作成してログインしてみます。

OpenNebulaへのリソース登録

今回は以下の順番でonedにリソースを登録します。

  1. ホストの登録
  2. ネットワークの登録
  3. ディスクイメージの登録
  4. テンプレートの登録

これらの登録作業はOpenNebulaの管理ユーザーであるoneadminから行います。登録作業はCLI,WebインターフェースSunstoneのどちらからでも可能です。今回はSunstoneから設定してみます。Sunstoneにoneadminユーザーでログインしてください図1)⁠

図1 Sunstoneにoneadminユーザーでログインする

図1 Sunstoneにoneadminユーザーでログインする

ホストの登録

Sunstoneの左側にメニューがまとまっています。⁠Infrastructure⁠をクリックし,展開されるサブメニューの⁠Hosts⁠をクリックすると,ホストの管理画面が表示されます図2)⁠

図2 ホスト管理画面

図2 ホスト管理画面

ここではホスト名⁠host001⁠のマシンをホストとして登録します。緑地に白抜きの⁠+⁠ボタンをクリックすると,Create Hostウィンドウがポップアップします。ホスト名またはIPアドレスを入力し,ホストの所属するクラスターと,そのホストで使用するVirtuarization,Information,Networkingそれぞれのドライバスクリプトを選択します図3)⁠

図3 ホスト名の入力とドライバスクリプト選択

図3 ホスト名の入力とドライバスクリプト選択

  • Hostname
    • ホストとして登録する物理マシンのホスト名またはIPアドレスを記入します。
  • Cluster
    • ホストが属するクラスターを選びます。今回はクラスター設定については省略します。Default(none)を選択してください。
  • Virualization
    • ハイパーバイザ用のドライバスクリプトを選びます。今回はハイパーバイザにKVMを使用するため,KVMドライバを選択します。
  • Information
    • モニタリング用ドライバスクリプトを選びます。基本的にはVirtuarizationと同じものを選べば良いです。今回はKVMを選択します。
  • Networking
    • ネットワーク用ドライバスクリプトを選択します。ホスト上で稼働する仮想マシンのネットワーク制御に何を使用するかがここで決まります。802.1QやOpen vSwitch,iptablesなどが選べます。今回は特にネットワーク制御は行わないため,Default(dummy)を選択します。

“Create⁠ボタンをクリックすると物理マシンがホストとしてOpenNebula環境に登録されます。無事登録されるとStatusがONになります図4)⁠

図4 登録完了

図4 登録完了

ホスト登録時に,各種ドライバスクリプトがホストの/var/tmp/one以下に転送されます。

著者プロフィール

大田晃彦(おおたあきひこ)

株式会社 創夢 所属。UbuntuとGentooでアニメを録画したりしながら暮らしています。全体的に浅いです。

コメント

コメントの記入