Ubuntu Weekly Recipe

第366回 Ubuntuのディスク管理ツールを活用する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回はUbuntuにインストールされているディスク管理ツール(Disks)の解説をします。

Disksとは

DisksはUbuntuとUbuntu GNOMEにインストールされているディスク管理ツールです。GNOMEに由来するのですが,GNOMEはコアアプリケーションの名称をシンプルなものにしています。このDisksもそうですし,ファイルブラウザーはFiles”,WebブラウザーはWebです注1)。本稿ではディスク管理ツールと称します。

注1)
ファイルブラウザーはNautilusとして、WebブラウザーはEpiphanyとしてよく知られているので,未だにそちらのほうが通りが良いような気がしますし,聞くほうもわかりやすいです。

このディスク管理ツールはHDDやSSDのほか,光学メディアやUSBメモリー,SDカードなどあらゆるデータを読み込み/書き込みできるものが扱えますが,ここでは便宜上ディスクと総称します。

ディスク管理ツールがどのバージョンのUbuntuから使えるようになったのかは正確には確認できませんでしたが,少なくとも8.04にはなく,10.04にはありました。当時のプログラム名はpalimpsestでした図1)。これは12.04まで採用されていましたが,12.10以降は完全に書き換えられ,gnome-disksというプログラム名になりました図2)。今回はこのgnome-disksを対象とするため,12.04ユーザーは対象外となります。検証環境は14.04です。

図1 Ubuntu 12.04のpalimpsestです。うちにはもう実機がないので,仮想マシンのです。

図1 Ubuntu 12.04の“palimpsest”です。うちにはもう実機がないので,仮想マシンのです。

図2 Ubuntu GNOME 14.04のgnome-disksです。筆者が現在メインで使用しているPCのスクリーンショットです。合計17.5TBですが,近日中に20.5TBに増強予定です。

図2 Ubuntu GNOME 14.04の“gnome-disks”です。筆者が現在メインで使用しているPCのスクリーンショットです。合計17.5TBですが,近日中に20.5TBに増強予定です。

あまりにも当たり前すぎるのか,あるいは存在感がないのか,多機能で便利なツールなのですが,あまり語られることがありません。と言うわけで,今回ピックアップすることにしました。

起動と概要

Unity Dashでdisks(引用符は不要)などで検索すれば「ディスク」が表示されるので,これをクリックして起動します。図3が起動直後の画面です。

図3 ディスク管理の起動直後の画面

図3 ディスク管理の起動直後の画面

正直なところパッと見た感じではわかりにくいので,ひとつひとつ解説して行きます。

右上の大きな歯車アイコン

ディスクに関するサブメニューが表示されます。詳しくは後述します。

「デバイス」の右にあるチェック

これをクリックすると複数のディスクが選択できるようになります。選択すると左下に箒らしきアイコンが表示され,初期化できます。複数のディスクを初期化する場合に便利です注2)。選択を終わらせる場合は[完了]をクリックします。ちなみにGNOME 3.14(Ubuntu 15.04)以降からはなくなっています注3)。

パーティションの右下にある★アイコン

これはどうもシステムで管理していることを意味するようです。具体的には/etc/fstabなどです。

パーティションの右下にある▶(三角)アイコン

マウントしている場合に表示されます。

パーティションの下枠にある■アイコン

選択しているパーティションをアンマウントします。

パーティションの下枠にある―アイコン

選択しているパーティションを削除します。その必要がある場合は,まずはここで削除するようにすると良いでしょう。

パーティションの下枠にある小さな歯車アイコン

選択しているパーティションについてのサブメニューを表示します。

注2)
自分でもツッコミを入れながら書いていますが……。
注3)
これは別に複数のディスクの初期化のために用意された機能ではなく,RAIDの管理に使用するためのものだったのが,GNOME 3.14以降はその機能が削除されたために複数のディスクを選択する必要がなくなり,ついでに削除されたものと思われます。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。

コメント

コメントの記入