Ubuntu Weekly Recipe

第380回 Ubuntu 15.04オフラインミーティングレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

去る6月20日にグリー株式会社さん主催のもと,六本木にてUbuntu 15.04リリースパーティ兼オフラインミーティング15.06が開催されました。今回はこのイベントレポートをお送りします。

オフラインミーティング

Ubuntu Japanese Teamはグリー株式会社さん主催のもと,半年に一度「オフラインミーティング」を開催しています。

これはUbuntuが半年に一度,4月と10月にリリースされるので,それに合わせてリリースパーティやりたいよねというのが,主な目的です。⁠パーティ」なので,食べ物も出ますし,お酒も出ます注1)⁠せっかくUbuntuユーザーが集まるのだからと前でセミナーをやっていたりしますが,別に後ろでセミナーの邪魔にならない程度の酒盛りをしていてもかまいませんし,なんなら手持ちのデバイスを広げて黙々とハッカソンを行っていてもかまいません。そういうイベントです注2)⁠

注1)
若い人も気軽に参加できるようにと,参加費は無料となるように心がけています。ただUbuntu Japanese Teamはただのボランティア集団です。過去に執筆した記事の原稿料・印税収入の一部やサイトのアフィリエイトなどをやりくりすることで,イベントを成り立たせています。
注2)
グリー株式会社さんに現在の会場を提供していただけるようになったのが2013年の5月のイベントからなので,今回で通算5回目の開催になります。ただしオフラインミーティングそのものは,2009年あたりから関東や関西でも何度か開催していました。

ATNDのページにもあるように,今回のテーマは「手軽に使えるコンピュータ」でした。無料でなおかつ自由に使えるUbuntuを活用して,どのようなことを実現できるのか,今後どのような使い方ができるようにしていくのか,そんな可能性を問うセミナーなどが行われました。

あなたとからあげ

今回の外向けのテーマは「手軽に使えるコンピュータ」でしたが,運営側の最大のテーマは「からあげ」でした。前回のイベントで「からあげが足りなかった」という意見がいくつか得られたからです。参加人数や年齢層,予算の懐具合,当日の予想気温,ウクライナの情勢,角度などを参考に分量を慎重に検討した結果,今回はからあげを「10kg」を注文することになりました。とはいえ,人はからあげのみにて生くる者にあらず,なのでいつものようにオードブルも用意しています。ついでに生ハムも前回あっという間になくなったので,これも多めに買うことになりました。

というわけで当日の午前中,Ubuntu Weekly Topicsでもお馴染みの吉田さんから食べ物の買い出し組注3に出た指令は「あとでからあげが10Kgぐらいとオードブルが届くから,そのサブとして生ハム1Kgとドーナツ70個ぐらい,それに適当におつまみを買ってきて」でした。50人ぐらいのイベントなのに,数がおかしい。

注3)
当日のスタッフとして買い出しに参加すると,決められた予算の中から自分の好きなおつまみや飲み物を多めに配分するという権利が暗黙的に得られます。ただし,買ったからと言って食べられるとは限りません。油断しているともう誰かが食べてたということもままあります。生ハム食べそびれた。

その結果がこれです。

図1 前菜のドーナツ

図1 前菜のドーナツ

図2 からあげとオードブル

図2 からあげとオードブル

図3 からあげをアップで

図3 からあげをアップで

図4 生ハム

図4 生ハム

図5 ソフトドリンク

図5 ソフトドリンク

図6 アルコール類は控えめに

図6 アルコール類は控えめに

ドーナツはからあげが届くまでのつなぎで,炭水化物で胃袋をはやめに満たしてしまおうという作戦です。ただドーナツを消費しないとからあげを置く場所があかないので,受付を済ませた人にアナウンスする会場の注意点に「オフラインミーティングにようこそ。まずはこのドーナツを食べろ」が追加される事態に。

そんななごやかな雰囲気のもと,からあげとオードブルが無事に届き,当日関西からやってきたいくやさんの乾杯の音頭によりイベントは始まりました。

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。

コメント

コメントの記入