Ubuntu Weekly Recipe

第383回 Xymonではじめるサーバーモニタリング

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

青葉若葉のみぎり,皆様にはますますご健勝のほどお喜び申し上げます。みなさまのサーバーも,なお一層お健やかにお過ごしのことと存じます。

本連載359回ではMuninを利用したサーバーリソースの可視化を紹介しました。また361回では柴田さんがSensuを紹介してくれました。サーバーを運用するにあたって,監視と通知を実現してくれる監視システムの存在が必要不可欠なことは,みなさんご理解いただけているかと思います。

監視システムには様々なOSSや商用サービスが存在しますよね。OSSであればNagios,Zabbix,あるいはCactiあたりが定番でしょうか。商用サービスではmackerelなどが最近は話題になりましたね。日本ではZabbixが比較的人気があるように思えます注1が,実際のところ,何を使ったらよいのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

注1)
個人の感想です。

筆者も,筆者の用途にとってはZabbixもCactiも少々大袈裟で面倒だなと感じています。そんな筆者がよく使うのが,シンプルに設定と死活監視が行えて,設定はプレーンなテキストファイルをetckeeperの管理下に置けるXymonです。そこで今回は,UbuntuとXymonでサーバー監視を行う方法を紹介します。

Xymonのインストール

Xymonは,いにしえのBig Brotherの流れを汲むサーバー/ネットワーク監視システムです。過去にはbbgen toolkitやhobbitと呼ばれていたこともありますので,懐かしいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。XymonサーバーのOSにはUbuntu 14.04.1 LTSを使います。14.04.2ではなく14.04.1を選択したのは,デフォルトのカーネルのバージョンとサポート期間が異なるためです。XymonはUbuntu 14.04 LTSのリポジトリにあるXymon 4.3.7ではなく,Ubuntu 15.04からバックポートしたXymon 4.3.17を使います注2)。これは,より新しいバージョンが使いたかったのと,4.3.7に含まれているApache用設定ファイルがApache 2.2向けで,2.4向けに修正するのが面倒だったというのが主な理由です。

注2)
ビルド済みのパッケージは筆者のPPA(https://launchpad.net/~mizuno-as/+archive/ubuntu/xymon)に置いてあります。

以下のコマンドを実行してください。Xymonサーバーと,依存関係によってXymonクライアントが同時にインストールされます。

$ sudo apt-add-repository ppa:mizuno-as/xymon
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install xymon

Xymonクライアントのインストール

監視対象のホストには,xymon-clientパッケージをインストールします。前述の通りXymonサーバーは,xymonパッケージのインストール時に,自分自身を監視するためのxymon-clientが同時にインストールされます。

XymonクライアントがXymonサーバーに接続して正しく情報を送るには,XYMONSERVERSとCLIENTHOSTNAMEという2つのパラメータが必要です注3)。これらは設定ファイル/etc/default/xymon-client内で設定されています。

注3)
なおXYMONSERVERSはコメントにある通り,スペースで区切って複数指定することが可能です。エージェントと直接通信するタイプの監視サーバーを複数立てることはあまりないかもしれませんが(逆に外部からポート監視のみをするサーバーを複数立てることはよくあります),覚えておくと役に立つかもしれません。

Debian/Ubuntuの場合,xymon-clientパッケージのインストール時に,debconfによってXYMONSERVERSの設定が行われます。Xymonサーバーが自分自身の場合,デフォルトの127.0.0.1のままにしておきましょう。Xymonサーバーとは異なるホストにxymon-clientだけをインストールした場合は,XymonサーバーのIPアドレスを入力してください。

CLIENTHOSTNAMEはサーバーのホスト名から自動的に設定されます。任意の値を設定したい場合は設定ファイルを書き換えるか,以下のコマンドを実行してください。設定値を変更した場合はxymon-clientの再起動も行っておきましょう。クライアントの設定はこれで完了です。実質パッケージをインストールするだけなので,とても簡単ですね。

$ sudo dpkg-reconfigure xymon-client

著者プロフィール

水野源(みずのはじめ)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。理想のフリーデスクトップ環境を求めて東へ西へ……のはずが,気がついたら北の大地で就職していたインフラ寄りのエンジニア。株式会社インフィニットループ所属。

コメント

コメントの記入