Ubuntu Weekly Recipe

第471回 Ubuntu 16.04 LTSでAMDGPU-PROドライバーを使用する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回は新しいAMDのグラフィックドライバーであるAMDGPU-PROをインストールし,ベンチマークを計測します。

AMDのグラフィックドライバーの現状

Ubuntu 14.04 LTSの段階では,AMD(旧ATI)のGPUでよく使われていたドライバーは大きく2種類でした。ひとつはオープンソースのRADEONドライバー(xserver-xorg-video-radeon)⁠もうひとつはプロプライエタリなAMD Radeon Software Crimson Edition(旧AMD Catalyst Graphics Driverで,パッケージ名は共通でfglrx)です※1)⁠

※1
ほかにもATI時代のxserver-xorg-video-r128やxserver-xorg-video-mach64,ラッパーのxserver-xorg-video-atiもありますが省略します。

2015年11月にAMDGPU(xserver-xorg-video-amdgpu)というオープンソースのドライバーが新たに公開されました。主に新しいGPUをサポートしています。

2016年3月にはUbuntu Weekly Topics 2016年3月18日号で既報のとおり,Ubuntu 16.04 LTS用のAMD Radeon Software Crimson Editionが提供されないことになりました。16.04に対応しないということは,同じカーネルとXスタックを採用している14.04.5でも使用できないということです。公式サポートでは14.04.2まで対応ということになっていますが,すでにカーネルのサポートが切れているために14.04.1までの対応になります。逆に言えば14.04.1ではAMD Radeon Software Crimson Editionが提供されており,現在でも使用できるということです。

そして2016年7月にはUbuntu Weekly Topics 2016年7月22日号で既報のとおり,新たなプロプライエタリなドライバーであるAMDGPU-PROドライバーがUbuntu 16.04 LTSで使用できるようになりました。

AMDGPU-PROドライバーは1〜2ヶ月の周期でアップデート版をリリースしており,リリースの度に対応するGPUが追加されているのは注目すべき点です。リリースノートはリリースの度に上書きされて,以前のバージョンは公開されていないようです。執筆段階で最新版である17.10で対応しているGPUの一覧は次のとおりです※2)⁠

※2
前のバージョンである16.60と比較するとモバイル用と思われる製品がサポートから外されており,新しいGPUである5XXシリーズが追加されています。
  • AMD Radeon™ RX 550 SeriesGraphics
  • AMD Radeon™ RX 570 SeriesGraphics
  • AMD Radeon™ RX 580 SeriesGraphics
  • AMD Radeon™ RX 460/470/480 Graphics
  • AMD Radeon™ R9 Fury/Fury X/Nano Graphics
  • AMD Radeon™ R9 380/380X/390/390X Graphics
  • AMD Radeon™ R9 285/290/290X Graphics
  • AMD Radeon™ R7 240/250/250X/260/260X/350
  • AMD Radeon™ HD 7700/7800/8500/8600
  • AMD Radeon™ R9 360 Graphics
  • AMD Radeon™ R5 340
  • AMD Radeon™ Pro WX-series
  • AMD FirePro™ W5100
  • AMD FirePro™ W4300
  • AMD FirePro™ W4100
  • AMD FirePro™ W2100
  • AMD FirePro™ W9100
  • AMD FirePro™ W600
  • AMD FirePro™ W8100
  • AMD FirePro™ S-Series
  • AMD FirePro™ W7100

この2〜3年で発売されたGPUには概ね対応しているといえます。

ダウンロードとインストール

AMDGPU-PROのダウンロードは,リリースノートにある「AMDGPU-Pro Driver Version ⁠バージョン番号)⁠ for Ubuntu ⁠対象となるUbuntuのバージョン)⁠をクリックします。

インストールは「How-To Install/uninstall AMDGPU-PRO driver on a Ubuntu ⁠対象となるUbuntuのバージョン)⁠ Based System」に記述されています。簡潔には次のとおりです。端末を起動して実行してください。

$ cd (先ほどダウンロードしたフォルダー)
$ tar xf amdgpu-pro-(バージョン).tar.xz
$ cd amdgpu-pro-(バージョン)
$ sudo ./amdgpu-pro-install -y
$ sudo usermod -a -G video $LOGNAME

再起動すればAMDGPU-PROドライバーが使えるようになっているはずです。

インストールスクリプトを読むとわかりますが,ローカルにaptリポジトリを作成してからインストールするという,ちょっと変わったやり方を採用しています。

アンインストール

アンインストールは次のコマンドを実行してください。

$ sudo amdgpu-pro-uninstall

ベンチマーク

ではベンチマークを見ていきましょう。今回AMDGPU-PROに対応したビデオカードを2枚,比較用のNVIDIA GeForce 1050 GPU搭載ビデオカードを1枚,合計3枚を用意して比較します。

RD-R7-250XE-LE1GB/D5/1ST

RD-R7-250XE-LE1GB/D5/1STはずいぶん古いモデルですが,AMDのGPUを搭載してLow Profileで1スロットのビデオカードとしては今でも最速クラスです。

[すべての設定][詳細][概要][グラフィック]を見ると,どんなGPUを使用しているのか,あるいはドライバーを使用しているのかがわかります。図1はオープンソース版のドライバー(RADEON)⁠図2はAMDGPU-PROを有効にした状態のスクリーンショットです。図2は型番を間違えているのが興味深いですが,これはAMD Radeon R7 250XEが日本市場限定だからなのでしょうか?

図1 RD-R7-250XE-LE1GB/D5/1STでオープンソース版ドライバーが有効になっている

画像

図2 RD-R7-250XE-LE1GB/D5/1STでAMDGPU-PROドライバーを有効にした。グラフィックはRadeoon R7 250XEとなるはずだが,そうはなっていない

画像

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

コメントの記入