Ubuntu Weekly Recipe

第471回 Ubuntu 16.04 LTSでAMDGPU-PROドライバーを使用する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

RD-RX460-E2GB

RD-RX460-E2GBは現行モデルですが,上位版であるRX 560がすでにリリースされているので型落ちしています。図3はオープンソース版ドライバー(AMDGPU)⁠図4はAMDGPU-PROを有効にした状態のスクリーンショットです。

図3 RD-RX460-E2GBでオープンソース版ドライバーが有効になっている

画像

図4 RD-RX460-E2GBでAMDGPU-PROドライバーを有効にした

画像

GeForce GTX 1050 2GT LP

GeForce GTX 1050 2GT LPは型番がストレートで非常に好感が持てます。

Gefore GTX 1050を含むPascalアーキテクチャのGPUドライバーのインストール方法は第456回で紹介していますが,少なくともドライバーに関しては現在,Ubuntu 16.04 LTSのリポジトリにあります図5)⁠CUDAは相変わらず古いバージョンのままなので別のリポジトリからインストールが必要です。

16.04.2でもオープンソース版のPascalアーキテクチャのGPUドライバーには非対応です。そこで,プロプライエタリなドライバのみで検証しました図6)⁠

図5 現在の16.04では,⁠追加のドライバー」でプロプライエタリなドライバーをインストールできる

画像

図6 プロプライエタリなドライバーをインストールし,再起動すると認識した

画像

使用したベンチマーク

ベンチマークアプリケーションとしてPhoronix Test Suiteを使って計測しました。このうち,Enemy TerritorySuperTuxKartを実行しています。後者はUbuntuのリポジトリにもあり,すぐにでも遊べます。

Enemy Territory

Enemy Territoryでは誤差の範囲とはいえ,想定とは逆の結果になりました表1)⁠スペック的には最速であるはずのGeForce GTX 1050はもっとも遅く,一番古いRadeon R7 250XEが最速です。とはいえ,この結果からはPascalアーキテクチャのGPUは全方面において速いわけではない,程度のことしか断言することはできません。

表1 Enemy Territory v2.60 Resolution: 1920 x 1080

型番 オープンソース プロプライエタリ
RD-R7-250XE-LE1GB/D5/1ST 105.93 143.87
RD-RX460-E2GB 106.23 139.50
GeForce GTX 1050 2GT LP - 70.63

SuperTuxKart

SuperTuxKartの結果の値はフレームレートなので,60が基準になります。GeForce GTX 1050は順当に一番速く描画も滑らかでしたが,AMDに関してはあろうことかオープンソースのドライバーよりAMDGPU-PROのほうが遅い,という結果になってしまいました表2)⁠このようにAMDGPU-PROには得手不得手があるため,絶対にインストールしなくてはいけないというものではありません。

表2 SuperTuxKart v0.9 Resolution: 1920 x 1080

型番 オープンソース プロプライエタリ
RD-R7-250XE-LE1GB/D5/1ST 56.68 23.10
RD-RX460-E2GB 53.59 16.67
GeForce GTX 1050 2GT LP - 67.23

まとめ

本稿はビデオカード購入の参考にするために書いたものではありません。そのため結論は避けますが,AMDのGPUを搭載したビデオカードを購入すればオープンソースとプロプライエタリ(AMDGPU-PRO)の選択肢があり,場合によっては後者が前者を凌駕する速度を出すこともあります。どうしてもCUDAが必要である,ということでもなければAMDのビデオカードも選択肢になるでしょう。

今回は取り上げませんでしたが,AMDGPU-PROはOpenCLに対応していますし,オープンソース版(AMDGPUのみ)でも16.10以降であれば同じくOpenCLに対応しています。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

コメントの記入