Ubuntu Weekly Recipe

第495回 Ubuntu Serverの新しいインストーラー「Subiquity」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Ubuntuでは現在,サーバー向けの新しいインストーラーである「Subiquity」を開発しています。Ubuntu 17.10からはSubiquity採用のイメージも実験的に配布されるようになりました。今回はこのSubiquityの使い方を紹介しましょう。

サーバー版のライブイメージ

Ubuntuでは主にデスクトップ版とサーバー版のインストールイメージをリリースしています。

このうちデスクトップ版については,ライブイメージとして提供していました。つまりDVDやUSBといったインストールメディアに書き込んで起動することで,インストールすることなくデスクトップ環境を試せるのです。またインストーラーそのものもUbiquityという独自のソフトウェアを開発し,なるべくシンプルにインストールできるようになっています。これはデスクトップLinuxとしてのUbuntuが,広く受け入れられる要因のひとつとなりました。

それに対してサーバー版はDebian Installerをそのままインストーラーとして採用していました。Debian Installerはより多くの環境・ハードウェアにおいて,さまざまな方法でゼロから確実にDebianをインストールできるように注意深く作られています。このためデスクトップ向けのUbiquityに比べると設定項目が多く,またステップごとに順番にデバイスを認識していくためにあまりお手軽とは言えません※1)⁠

※1
Debian Installerによるインストール作業は,第154回でも紹介したpreseedによって自動化できます。大量のサーバーにインストールするような目的であれば,preseedを使う方が真っ当なやり方でしょう。

サーバー版であってもデスクトップ版と同じくらい「よりかんたんにUbuntuをインストールできる」ようにすることは,長年の課題ではありました。特にMAASの導入によって多数のマシンに対してUbuntuサーバーを素早くインストールする必要がでてきたため,ここ数年はcurtinやcloud-initなどのインストーラーとその補助ツールの拡充を行っていたのです。インストーラーのコア部分となるcurtinの準備が整ったおかげで,あとはUI部分を作るだけでサーバー版のインストーラーを作成できるようになりました。

今回紹介する「Subiquity」はまさにそのUI部分となるソフトウェアです。⁠Subiquity」のテクニカルプレビュー版がリリースされたのが半年前の4月のことで,その際はUbuntu Weekly Topicsでも取り上げたので名前を覚えている人もいるかもしれません。UbuntuがIoT向けに提供しているUbuntu Coreでは,OEMインストールのように初回起動時にアカウント設定などを行う仕組み(console-conf)を導入しています。Subiquityはconsole-confの機能を発展的にサーバーインストールにも使うようにした新しいインストーラーなのです。

Ubuntu 17.10では通常のイメージとは別扱いではあるものの「Live Serverイメージ」と呼ばれる,インストーラーとしてSuiquityが立ち上がるイメージも提供されるようになりました。来年4月にリリースされる予定のUbuntu 18.04 LTSでは,ひょっとするとサーバー版はこのライブイメージが標準のイメージになっているかもしれません。

ライブイメージのダウンロード

サーバー版のライブイメージは,ARM64やPPC64などの他のアーキテクチャ用と同様に「Unsupported Ubuntu Images」というカテゴリーに属しているため,残念ながら公式的なミラーサーバーからはダウンロードできません。よってcdimage.ubuntu.comか,cdimage.ubuntu.comをミラーしているサーバーからイメージをダウンロードすることになります。

17.10の正式版であれば,以下から「ubuntu-17.10-live-server-amd64.iso」をダウンロードしましょう。

Bionic(18.04のコード名)のイメージビルドが開始したら,http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu-server/daily-live/からより新しいイメージをダウンロードできるようになるかもしれません。

イメージファイルの使い方はこれまでと同じです。適当なUSBスティックに書き込んで起動するか,仮想マシンマネージャーなどにイメージファイルを読み込ませて起動します。

インストールの流れ

ここからはスクリーンショットを使って,インストールの流れを紹介していきましょう。

図1 いつものGRUBメニュー

画像

図2 言語の選択メニュー

画像

GRUBメニューはいつものとおり「Install Ubuntu Server」を選択してください。上の画像はUEFIブートの場合で,古いBIOS上で起動した場合はもう少しグラフィカルなメニューになります。言語については,表示されているものしか選択できません。今のところ日本語には未対応です。

UIはurwidを用いてPythonで構築しています。以降は基本的にカーソルキーやエンターキーで操作していくことになります。

ちなみにこの時点でCtrl+Alt+F2キーを押してtty2に移動すると,ライブ環境のシェルに切り替わります。インストールせずにUbuntu Serverを使用したい場合は,このように仮想端末を切り替えましょう。

図3 ネットワーク設定

画像

インストールに利用するネットワークインターフェースを設定します。基本的にインターネット上のパッケージリポジトリからもパッケージをダウンロードするため,インターネットへの接続は必須です。インターネットへの接続ができないとエラー終了してしまいます。また残念ながらプロキシの設定は未実装です。インターネット必須・プロキシ環境不可はいずれもユースケースによっては不便なので,何らかの対応が行われる予定です。

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社 創夢所属。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。

コメント

コメントの記入