Ubuntu Weekly Recipe

第499回 Ubuntuで!YouTuberに俺はなる!(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

Ubuntu Japanese Team代表の小林です。当連載「Ubuntu Weekly Recipe」は,今回で499回,そして次回で500回を迎えます。また,来年の1月には連載開始より10周年となります。読者の皆さま,技術評論社様,これまで記事を執筆してくださった皆さまに感謝いたします。

さて,いつもの執筆陣は,12月3日に開催されるUbuntu 17.10リリース記念 & Ubuntu Weekly Recipe 500回記念オフラインミーティングの準備に忙しいようなので,これに参加できない私が今回と次回の記事を担当することにしました。

やはり500回で10周年という節目ですから,この10年を総括しつつ,新たな10年へのスタートにふさわしい記事を書こうと思ったのですが……どうしても思いつきませんでした。申し訳ありません。

代わりに,以下のようなことを考えました。

  • 10年前といえば……ちょうど日本でYouTubeが人気になりはじめた頃
  • 今や子供の将来の夢の第3位が「YouTuber」らしい
  • 10年前と違ってYouTubeもスマホで見るのが主流になってる
  • というかスマホで何でもできるので,PCを使う子供や若者は減ってるらしい
  • 「YouTuberになりたい!」と思った子供や若者は動画の編集ができるPCに興味を持つらしい
  • じゃあ次の10年のために,UbuntuでYouTuberになるための方法を今すぐ発信しないと!

ということで,⁠Ubuntuで!YouTuberに俺はなる!」というタイトルだけ思いつきました。五・七・五になっていて語呂もいいでしょう。⁠無料OS『Ubuntu』と無料の動画編集ソフトでYouTuberになろう!」がテーマです。今週は「UbuntuでYouTuberっぽい動画を作る」ために必要な動画編集の基本機能を確認し,来週,実際に「YouTuberっぽい動画」を作ってYouTubeにアップロードすることを目標とします。

使うソフトは「Shotcut」に決定!

「YouTuberに俺はなる!」とは言ったものの,私は動画をカットしてつなぎ合わせる程度の編集しかやったことがありません。とりあえず,Ubuntuで使えそうな動画編集用オープンソースソフトウェアを探してみました。

  • Shotcut(対応OS:Linux,Windows,macOS)
  • OpenShot(対応OS:Linux,Windows,macOS)
  • Lightworks(対応OS:Linux,Windows,macOS)
  • Kdenlive(対応OS:Linux,Windows(ベータ版)⁠macOS(要ビルド)⁠
  • LiVES(対応OS:Linux)
  • Cinelerra(対応OS:Linux)
  • flowblade ⁠対応OS:Linux)

などがあるようです。今回は,以下の理由で「Shotcut」を使うことに決めました。

Windows版がある

やはり,Web検索で使い方や編集テクニックを見つけやすいのは,Windows版もリリースされているソフトでしょう。ユーザー数が多くなるほど,情報も多くなるので。Windowsユーザーも多いShotcutは,ユーザーフォーラムも活発ですし,YouTubeにも解説動画が多数アップロードされています。また,新バージョンが月に1回リリースされています。

それに,WindowsでShotcutを使おうとしている思ったユーザーがWeb検索でこの記事を見つけて,Ubuntuに興味を持ってくれるかもしれません。そのためWindowsでも動くソフトを選びたいと考えました。タイトルに「Ubuntuで!」と入れてしまいましたが,気にしないことにします。Windowsでフリーソフトウェアを使ってYouTuberを目指す皆さんもぜひ参考にしてください。

Snapで最新版がインストールできる

動画編集ソフトは動画や音声を扱うため,インストールしてもライブラリのバージョンが合わないとか,コーデックが足りないなどの問題が起こりがちです。その点,ShotCutは最新版がSnapで提供されており,必要なものがまとめて入るのでトラブルも少ないでしょう。それに最新版をインストールするのも容易なので,⁠Windowsは最新版が入るのに,Ubuntuは入らないのかよ!」と言われることもありません。

では,ShotcatのSnapパッケージをUbuntuインストールしましょう。以下のコマンドを実行するだけです。

$ sudo snap install shotcut --classic

YouTuberに必要な編集技術は?

編集を始める前に,YouTuberとして動画をアップロードするために必要になりそうな編集技術を確認しておきましょう。以下の編集さえできれば,なんとかYouTuberっぽい動画を作れそうです。

動画の連結とカット
複数の動画を連結したり,不要な部分をカットする機能です。これは当然必要でしょう。シーンを切り替える時になめらかに切り替える機能も必須です。
読みやすい文字を入れる
やっぱり人気YouTuberを目指すなら,文字を動画に入れる技術は必須ですよね。動画と重ねても読みやすく色を変えたり装飾することも重要でしょう。
BGMを入れる
BGMも重要です。⁠この曲といえば,あのYouTuber」と言われるようになりたいものです。
SE(効果音)を入れる
動画を盛り上げるために,SEを入れるのも必須でしょう。人気YouTuberは必ず使っています。
画像や動画を貼り付ける
動画を盛り上げたり,説明を補完するために画像を張り込むような編集もよく見ますよね。
色を変える
回想シーンなどをモノクロやセピア調にする機能も使えたほうがいいでしょう。
スローモーション・早送りをする
衝撃の瞬間をスローモーションにしたり,冗長な部分を早送りすれば,動画のクオリティをさらに上げることができますね。

著者プロフィール

小林準(こばやしじゅん)

Ubuntu Japanese Team リーダー。2005年より日本国内でUbuntuの普及活動を行っている。著書に,Linuxシステムの管理に必要な知識を解説した『独習Linux』がある。

コメント

コメントの記入