Ubuntu Weekly Recipe

第513回 新しいパッケージの仕組み,Flatpakを使用する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

今回はSnapsと並ぶ新しいパッケージの仕組みであるFlatpakの使用方法を紹介します。

SnapsとFlatpak

UbuntuというかCanonicalはUbuntu 16.04 LTS以後,新しいパッケージの仕組みであるSnaps※1を強力に推進しています。実行環境であるsnapdやその周辺のパッケージはもちろん,Snapパッケージ自体も多数用意されています。そして来月リリースされるUbuntu 18.04 LTSでは4つのSnapパッケージがあらかじめインストールされることが決定しています。

※1
このテクノロジーをなんて呼ぶかは正直よくわかりません。もともとはSnappyとして知られていましたが,今はこの呼び方はしないように見受けられ,このドキュメントでSnapsと呼んでいるので本稿でもそれに従いました。

Snapsは依存関係も含めて1つのパッケージに内包する,サンドボックス上で動作する,ロールバックの仕組みがある,GUIアプリケーションやデーモンはもちろん,カーネルを含めたシステム丸ごとをパッケージ化できる,クロスディストリビューション(ほかのLinuxディストリビューションでも使用できる)である,サポートされているUbuntuのバージョンではすぐに使える,などが特徴です。

新しいパッケージの仕組みとして,ほかにもFlatpakがあります。Snapsと同じような特徴もあるせいかUbuntuではメジャーとはいえませんが,Flatpakのほうが優れている面もありますし,Snapsや従来のdpkgとも(ハードドライブの空き容量に余裕があれば)共存できるのもまた特徴です。

FlatpakとSnapsの最大の違いは,Flatpakはアプリケーション専用であることでしょう。よって,GUIアプリケーションであればFlatpakのほうが快適に使用できるものが多いのですが,実際はケースバイケースです。

SnapsもFlatpakもクロスディストリビューションということで,アップストリームの開発者がパッケージ作成者に頼らずにパッケージを提供することが気軽にでき,またその例も増えてきているのですが,Snapsを選択するか,はたまたFlatpakを選択するかはどれだけビルドとメンテが簡単かによりますし,それはアプリケーションによって異なるのです。

自分が使いたいアプリケーションの最新版がFlatpakで提供されるということは今後とも増えていくでしょう。

実行環境のインストール

Flatpakのパッケージは17.10からリポジトリにあるものの,バージョンが古すぎるので筆者のPPAからインストールするのがおすすめです。しかしIBusのバージョンが1.5.14から1.5.17に上がってしまうので気をつけください。理由はこのバージョンにしないとFlatpakアプリケーションで日本語の入力が行えないからです。同じ理由でFcitxのバージョンも上げる必要がありますが,筆者のPPAでは提供していません。Ubuntu 18.04 LTSではFcitxも使用できます。

Ubuntu 17.10でかつ筆者のPPAを追加する場合は端末で次のコマンドを実行してください。

$ sudo add-apt-repository ppa:ikuya-fruitsbasket/flatpak
$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

続けて実行環境をインストールします。

$ sudo apt install flatpak

完了後,ログアウトして再ログインしてください。

Flatpakパッケージのインストール

事前知識

Flatpakのパッケージをインストールする前に知っておくべきこととして,初期状態ではどこのリポジトリも登録されていないことです。

よってまずはリポジトリを登録するところですが,今回はFlathubにします。ここは事実上必須のリポジトリとなっています。

インストールするパッケージはLibreOfficeといいたいところですが,大きすぎるので新進気鋭のMarkdownエディターであるMarkerにします。

FlatpakはコマンドラインでもGUIでもどちらでも運用できますので,今回は両者を分けて紹介することにします。

コマンド編

おおむねFlathubのサイトに書いてあるとおりですが,まずは次のコマンドを実行してリポジトリを登録します。

$ flatpak remote-add --if-not-exists flathub https://dl.flathub.org/repo/flathub.flatpakrepo

パスワード入力後,登録が完了します。

インストールはFlathubのアプリケーション一覧「Command Line」タブにある「Marker」のコマンドを実行します。

$ flatpak install --from https://flathub.org/repo/appstream/com.github.fabiocolacio.marker.flatpakref

必要なランタイムをインストールするか質問されるので,"y"を入力してエンターキーを押してください。あとはしばらく待っているとインストールが完了します。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

コメントの記入