実践!仮想化ソフトウェア 2009

第1回 2009年の仮想化ソフトウェア概観─各ソフトウェアの特徴と最新動向

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

2009年は仮想化ソフトウェアのコモディティ化が一気に進んだ年と言えます。この連載では,比較的容易に試用可能なフリーの仮想化ソフトウェアを実際に導入し,最新の仮想化ソフトのポテンシャルを紹介したいと思います。

第1回目となる今回は,各仮想化ソフトウェアの現状を,2009年に起きた事柄と合わせて概観してみます。

VMwareが「vSphere 4」にメジャーバージョンアップ

VMwareは,⁠Virtual Infrastructure 3」から名称も変更して「vSphere 4」へとメジャーバージョンアップを行いました。。

核となるハイパーバイザー部分は「VMware ESX Server」および「VMware ESXi」ですが,基本的な機能としては従来のバージョン3.5.0と大きく変わっているところはありません。バージョン2.5系からバージョン3.0へのメジャーバージョンアップ時には,ドライバモデルの変更や,VMFS2からVMFS3への変更など大幅な仕様変更が加わったことに比べると,変更されたところを見つけ出すのが難しい程度のバージョンアップとなっています。

vSphere 4でライセンスラインナップが大きく変更

では,大きく変わったのは何かというと,商品としてのライセンスのラインナップです。従来は2プロセッサか4プロセッサで使用することを前提としたライセンス形態でしたが,ライセンス単位が1プロセッサ毎になりました。そのため,小規模で利用するのであれば1プロセッサしか搭載していないサーバーでも利用することができます。1プロセッサがサポートするコア数は6コアまでとなっているので,従来の2コア×2プロセッサ=4コアよりもライセンス的に有利といえます。

また,vSphere 4にはさまざまな機能がオプションとして用意されており,エディションによって利用できるオプションが細かく異なっています。エディションは,最も基本となるStandard EdtionからAdvanced,Enterprise,Enterprise Plusと用意されています。

さらに,小規模なシステムを構成する場合には,最大3台までのESX Server/ESXiと,管理用のサーバーであるvCenter Serverが利用できるEssentials/Essentials Plusまでが用意されており,全部で6種類のライセンスとなっています。システムに応じて最適なライセンスを選択するには,かなり迷いそうです。

ライセンス選択は,大まかな目安として以下のように判断すればよいでしょう。

  • 小規模で拡張する必要がなければ,3台までの利用に制限されるがEssentials Plusを選択。Essentialsでは高可用性を実現する「VMware HA」が利用できないので,それであれば無償のVMware ESXiでもいいでしょう。
  • VMotion(VM無停止でのホスト間移動)が必要なければStandard。VMware HAが利用でき,Essentials Plusと異なり台数制限がありません。中規模レベルならStandardで十分。
  • Storage VMotionが必要なければAdvanced。VMotionは利用できるし,ストレージ間移動が必要な時は仮想マシンを計画停止すれば事足ります。
  • ブレードエンクロージャー間に跨るような大規模なネットワークが必要なければEnterprise。Enterprise Plusになると,vNetwork Distributed Switchが利用できるようになります。

新機能としてはvNetwork Distributed Switchに注目

vSphere 4に追加された新機能として注目したいのは,⁠vNetwork Distributed Switch」です。

vNetwork Distributed Switch
URLhttp://www.vmware.com/jp/products/vnetwork-distributed-switch/

仮想ネットワークの機能をより強化すると共に,⁠Cisco Nexus 1000V」のような仮想スイッチ製品を利用可能にしてくれます。

Cisco Nexus 1000V
URLhttp://www.vmware.com/products/cisco-nexus-1000V/

残念ながら,まだvNetwork Distributed Switchを活用しなければならないような実際のシステムを手がけたことがありませんが,使ってみたい機能として挙げられます。

VMware Fault Toleranceはまだまだこれから

新機能として挙げられるものとして「VMware Fault Tolerance」があります。仮想マシンの状態を常時複製し,耐障害性を高める機能です。

非常に興味深い機能ではありますが,機能的には仮想マシンに割り当てられる仮想CPUは1つ,1ホストあたり4VM,高速な複製用ネットワーク,負荷が高くなった際の複製待ちの発生など,要件を見極めて使わないといけない点が多々あるようです。

本当にFTレベルのシステムが必要であれば,今のところはハードウェアでFTをサポートする製品上でESX Serverを動かすのが現実的なように思われます。

今後,制限が取り払われ,高速通信のための10G Ethernetなどのコストが安くなれば利用可能性も高くなる,今後に期待の機能でしょう。

著者プロフィール

宮原徹(みやはらとおる)

「仮想化技術に特化した専門家集団」日本仮想化技術株式会社 代表取締役社長兼CEO。どんなに難しい案件でもこなせる,頼れる会社を目指して,日々研鑽中。仮想化技術の普及のために全国を飛び回る毎日です。

コメント

  • みやはら

    コメントありがとうございます。

    確かにHyper-V Serverは無償で利用できますが、今回の企画意図には合わない製品のため、あえて外してあります。

    Commented : #2  プレビュー (2009/09/30, 01:24)

  • Hyper-V

    > Hyper-VはWindows Server 2008の機能なので,ゲストOSの種類を問わずすべてのクライアントに2008対応CALが必要。
    とありますが、無償のVMware ESXiやXenServerを出すならHyper-V Serverも出さないとフェアな比較ではないのでは

    Commented : #1  bero (2009/09/25, 18:46)