実践!仮想化ソフトウェア 2009

第4回 Microsoft Hyper-Vを使ってみよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回はWindows Server 2008から標準で搭載された,Hyper-Vを使った仮想化環境の構築方法を解説します。

Microsoft Hyper-Vとは

Microsoft Hyper-V(以下Hyper-V)は,Microsoft社がWindows Server 2008のリリースと共に提供したハイパーバイザー型の仮想化環境です。従来はサーバ用途ではホストOS型のMicrosoft VirtualServerを無償で提供していましたが,あらたにハイパーバイザー型の仮想化環境を,別製品にせずWindows Server 2008の標準機能として提供されるようになりました(⁠without Hyper-V」と書かれた製品を除く)⁠

2009年10月22日からパッケージ版の販売も開始されたWindows Server 2008 R2では,Hyper-Vがバージョンアップし,Hyper-V 2.0になっています。

Microsoftは,Hyper-Vをベースにした「Hyper-V Server 2008」を別途無償で提供しています。ただし,ゲストOSとしてWindowsを動かすのであれば,結局ライセンスの購入が必要ですから,最初からWindows Server 2008でHyper-Vを動作させた方が良いですし,Linuxを動作させる場合には仮想マシンへのCPU割り当てが1コアしかサポートされていないため,VMware ESXiやXenServerを使用した方が向いているように思えます。

今のところ,Hyper-VはWindowsに詳しい管理者が扱う仮想化環境という位置づけが最もマッチする製品といえます。絶対に無償でやりたいという方は,まずはWindows Server 2008の評価版でHyper-Vを試した後,Hyper-V Server 2008にトライしてもらうのがよいでしょう。

Microsoft Hyper-V
URLhttp://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/technologies/hyperv.mspx
Hyper-V Server 2008
URLhttp://www.microsoft.com/japan/servers/hyper-v-server/default.mspx

Xenと似た構造を持つHyper-V

Hyper-Vの構造は,Xenと似ています。ドライバの入出力や全体管理を司る「親パーティション」⁠Domain 0に相当)と,実際に利用する「子パーティション」⁠Domain Uに相当)に別れています。

デバイスドライバは親パーティションとなるWindows Server 2008で動作するものが使用できるので,幅広いデバイスが利用できます。また,管理もWindowsのGUIが利用できるので,Windowsの管理に慣れている管理者にとっては扱いやすい仮想化環境と言えるでしょう。

Hyper-Vを実行するハードウェアの準備

Hyper-Vを実行するハードウェアは,基本的にWindows Server 2008が動作すればよいので,比較的どんなものでも対応しています。

ただし,Hyper-V 2.0からはWindows Server 2008 R2は64ビット版しか提供されなくなりました。デバイスドライバも64ビット版が提供される必要があるので,デバイスドライバの種類に注意が必要です。

CPUの設定

Hyper-Vを実行するには,CPUの設定で以下の設定が必要となります。

仮想化支援機能の有効化
Intel VTまたはAMD-Vが必要です。
データ実行防止機能の有効化
Intel XDまたはAMD NXが必要です。

設定はBIOS設定画面などで行えます。

著者プロフィール

宮原徹(みやはらとおる)

「仮想化技術に特化した専門家集団」日本仮想化技術株式会社 代表取締役社長兼CEO。どんなに難しい案件でもこなせる,頼れる会社を目指して,日々研鑽中。仮想化技術の普及のために全国を飛び回る毎日です。