インターネットって何だろう?

第40回 2011年アジア太平洋地域のIPv4アドレス在庫が枯渇

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

2011年4月15日に,アジア太平洋地域及び日本のIPv4アドレスが枯渇しました。具体的には,アジア太平洋地域のRIR(Regional Internet Registry)であるAPNICのIPv4アドレス在庫が枯渇しました。

APNICにおけるIPv4アドレス在庫枯渇のお知らせおよび枯渇後のJPNICにおけるアドレス管理ポリシーのご案内

「あれ?前にも枯渇のニュースがあったような……。」という人もいるかも知れませんが,2011年2月に枯渇したのは中央在庫と呼ばれるIANA在庫です。

IANA在庫の枯渇のアナロジーとしては「IPv4アドレス製造工場で製造中止された状態」のようなものです(IANAはIPv4アドレスを作っているわけではないので製造工場というよりも巨大倉庫ですが,そこら辺は愛嬌ということで許してください)⁠IANAからのIPv4アドレスブロックは世界5つのRIR(Regional Internet Registry)に割り振りされますが,RIRは問屋みたいなものです。

画像

RIRは,アナロジーとしては「小売店」のようなNIR(国別IR)などに割り振りします。 NIRなどは,ここで紹介するアナロジーとしては「顧客」となるISPなどに割り振りします。

ということで,今の状態に対するアナロジーとしては,⁠問屋の在庫が枯渇した」という感じかも知れません。

日本も在庫枯渇しました

APNICのIPv4アドレスついに枯渇したわけですが,日本のNIRであるJPNICはAPNICとIPv4アドレス在庫を共有しており,実際には日本国内からのリクエストをAPNICへと伝えるという状態であるため,⁠問屋と小売店が同時に枯渇した」という状態とも言えます。

顧客の手元にあるIPv4アドレスの在庫が切れると,その顧客は利用するIPv4アドレス数を増やさずにネットワークの規模拡大をしなければなりません。

画像

世界に5つあるRIRのうち,APNICのIPv4アドレス在庫が大方の予想通り最初に枯渇しましたが,これからは誰も体験したことのない未知のゾーンへと突入したとも言えそうです。アジア太平洋地域以外でIPv4アドレス在庫が枯渇している地域は,まだ無いのです。

APNICの定義する「枯渇」と,それによる変化

IANAにおけるIPv4アドレス在庫は「全ての/8ブロック割り振りが完了して,/8ブロック在庫がゼロになったとき」でしたが,APNICの定義する「IPv4アドレス在庫」は,⁠APNICが保持するIPv4アドレス在庫が/8ブロック1個分まで減少したら」となっています。

そのため,APNICの在庫としてのIPv4アドレスが全くゼロになったわけではありません。しかし,最後の/8ブロックへと突入し,⁠枯渇」がトリガーされたとこで,APNICによる割り振りの方法が今までと変わります)⁠

「来る来る詐欺」と言われ続けていたIPv4アドレス枯渇ですが,そろそろ本番になりつつあるようです。実際にユーザが影響を受け始めるのは,数ヵ月もしくは1年ぐらい先だろうと思われます。

これから徐々にNATやALGなどIPv4アドレスの利用効率を上昇させる技術に関して検討や導入が増えるでしょうし,それと平行してIPv6対応に関しての話題も増えそうです。

※)
詳しくはIPv4枯渇~これからのインターネットの変化とデータセンター~@HOSTING-PROをご覧ください。

地震の影響でIPv6サービス開始は遅れる

IPv4アドレス枯渇の話題で気になるのがIPv6対応です。日本のインターネットで多くのユーザに対するIPv6サービスが開始するのは,2011年4月であるとされていました。

具体的にはNTT-NGNの案2(トンネル方式)が4月に開始し,案4(ネイティブ方式)「その数ヵ月後」とされていましたが,通信事業社やISP各社が震災復旧を行っていたため,4月のIPv6サービス開始は難しいと言われています。多くのISPは,NTT-NGNのIPv6マルチプレフィックス問題対応が開始されないと顧客へのIPv6サービスを開始できないので,自動的に日本における一般ユーザへのIPv6サービス開始は遅れています。

NTT-NGNに関係しないISP(たとえばCATV網)も,震災復旧/対応や計画停電対応などで本来計画されていたよりもIPv6サービス開始が遅れそうであるという声もチラホラ聞きます。しかし,IPv6対応は今後増えて行くでしょう。

KDDIによる光ファイバサービスである「auひかり」におけるIPv6アドレス割り当てサービスは2011年4月18日に開始しましたし,ソフトバンクBBのYahoo!BBでは2010年2月から6rd技術によるIPv6サービスを行っています。

最後に

これまで,10回以上に渡ってIPv4アドレス枯渇に関して紹介してきましたが,次回からは多少方向性を変えて国境とインターネットについて語りたいと思います。

何でIPv6について語らないんだよ! というご意見もあるとは思いますが,ちょっと話がマニアックになりつつあるので,少し息抜き的な内容として国境関連の話を書いてからIPv6について語ろうと思います。

著者プロフィール

あきみち

「Geekなぺーじ」を運営するブロガー。

慶應義塾大学SFC研究所上席所員。全日本剣道連盟 情報小委員会委員。通信技術,プログラミング,ネットコミュニティ,熱帯魚などに興味を持っている。

近著「インターネットのカタチ - もろさが織り成す粘り強い世界」

Twitter IDgeekpage

インターネットってなんだろう?(てくらぼ)

コメント

コメントの記入