ここは知っておくべき!Windows Server 2008技術TIPS

第1回 Windows Server 2008でのサーバ管理

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

初回である今回は,Windows Server 2008のサーバ管理についてご紹介します。⁠サーバーマネージャ」「Power Shell」について見ていきましょう。そのあとにWindows Server 2008 R2での変更点や強化されたポイントを取り上げます。

サーバーマネージャ

従来のサーバOSで各サービスを管理する際には,⁠管理ツール」からアクセスできる専用のMMCスナップインや,カスタマイズしたMMCスナップインを使っていたかと思います。2008では,⁠サーバーマネージャ」という新しいツールを利用することで,従来からのスタートメニューからアクセスできる管理ツールが統合され,さらに従来「コンピュータの管理」で行っていた操作が実行できます。

また,新しいサービスのインストールも,別途「プログラムの追加と削除」「Windowsコンポーネントの追加と削除」などを利用せずに,この「サーバーマネージャ」から可能となっています。

図1 サーバーマネージャ

図1 サーバーマネージャ

「サーバーマネージャ」の起動方法はとても簡単です。インストール直後であれば,⁠初期構成タスク」⁠コンピュータ名やネットワーク設定などの従来インストール中での設定項目を構成するためのもの)を閉じれば自動的に起動します。また,スタートメニューやクイック起動ツールバーから起動可能です。

左ペインは「役割」⁠機能」⁠診断」⁠構成」⁠記憶域」の5つがあり,新しい機能をインストールする場合には「役割」あるいは「機能」から行います。ただし,この「役割」「機能」の違いがはじめは区別しにくいと感じるかもしれません。

一言で言うと,⁠役割」はサーバの主要な働き,⁠機能」はその補助的な働きを指しています。

それぞれのインストールは各ノード(左ペインの「役割」「機能」⁠を右クリックして,⁠追加」を選択します。追加ウィザードが起動しますので,簡単に進むことができます。削除の場合も同じく右クリックから操作可能です。

図2 役割ウィザード

図2 役割ウィザード

表1 役割の一覧

アプリケーション サーバー
DHCP サーバー
DNS サーバー
IIS
Active Directory 証明書サービス
Active Directory ドメイン サービス
Active Directory フェデレーション サービス
Active Directory ライトウェイト ディレクトリ サービス
Active Directory Rights Management サービス
FAX サーバー
ファイル サービス
Windows Server 仮想化
ネットワーク ポリシーとアクセス サービス
印刷サービス
ターミナル サービス
Universal Description, Discovery, and Integration サービス
Windows 展開サービス

表2 機能の一覧

Microsoft .NET Framework 3.0 の機能
BitLocker ドライブ暗号化
BITS サーバー拡張
接続マネージャ管理キット
デスクトップ エクスペリエンス
フェールオーバー クラスタリング
グループ ポリシーの管理
インターネット印刷クライアント
インターネット記憶域ネーム サーバー
LPR ポート モニタ
メッセージ キュー
マルチパス I/O
ネットワーク負荷分散
ピア名解決プロトコル
高品質な Windows オーディオ ビデオ エクスペリエンス
RDC(Remote Differential Compression)
リモート アシスタンス
リモート サーバー管理ツール
リムーバブル記憶域マネージャ
RPC Over HTTP プロキシ
NFS 用サービス
簡易 TCP/IP サービス
SMTP サーバー
SNMP サービス
記憶域ネットワーク用記憶域マネージャ
UNIX ベース アプリケーション用サブシステム
Telnet クライアント
Telnet サーバー
簡易ファイル転送プロトコル クライアント
Windows Internal Database
Windows インターネット ネーム サービス(WINS)
Windows Server バックアップ
Windows システム リソース マネージャ
ワイヤレス LAN サービス
Windows PowerShell
Windows プロセス アクティブ化サービス

「診断」では,イベントビューアやデバイスマネージャが利用できます。⁠構成」ではローカルアカウント管理やタスクスケジューラへアクセスでき,⁠記憶域」からはバックアップやディスクの管理が操作可能です。

以前のOSでは操作の内容によって,⁠管理ツール」「コンピュータの管理」を切り替えなければいけませんでしたが,1つのコンソールに統合化されましたのでとても便利になったのではないかと思います。

ただし,いくつか気になることも。まず,このサーバーマネージャはローカルのサーバだけを管理するようになっていますので,一度に複数のサーバを管理することはできません。また,Vistaなどの以前のOSにサーバーマネージャをインストールして使用することもできませんので注意しましょう。

著者プロフィール

安藤奈帆子(あんどうなほこ)

マイクロソフト認定トレーナー(パソナテック所属)として,ITプロフェッショナル向けコースを担当するほか,教育企画・開発を担当。

Microsoft Certified Trainer Award 2006新人賞 受賞
Microsoft Certified Trainer Award 2009優秀賞 受賞

パソナテックMicrosoft University
URLhttp://www.pasonatech.co.jp/msu/

コメント

コメントの記入