改訂第4版 PC UNIXユーザのための PostgreSQL 完全攻略ガイド

[表紙]改訂第4版 PC UNIXユーザのための PostgreSQL 完全攻略ガイド

B5変形判/416ページ/CD1枚

定価(本体3,280円+税)

ISBN 4-7741-2056-1

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

もはやただのオープンソースとは言えない浸透度を誇る最強フリーDB・PostgreSQL。本書は国内随一のPostgreSQLオーソリティ・石井達夫氏による「シーラカンス本」待望の第4版です。概要,インストール,環境設定,基本的な構文,内部構造,アプリケーション作例に加え,本版では運用管理やセキュリティにより多くのページを割いています。これからPostgreSQLの導入を考えている方はもちろん,すでに使い込んでいるユーザにも自信を持ってお勧めできる1冊です。

こんな方におすすめ

  • データベース管理者
  • Webアプリプログラマ
  • 商用DBからの乗り換えを検討中の方

目次

Chapter1 Introduction〜PostgreSQLの世界へようこそ

  • 1.1PostgreSQLとは
    • 1.1.1 .データベースとは
    • 1.1.2 .オープンソースデータベースPostgreSQL
  • 1.2PostgreSQLの歴史
    • 1.2.1 .Ingres
    • 1.2.2 .postgres
    • 1.2.3 .postgresの終焉
    • 1.2.4 .postgres95
    • 1.2.5 .PostgreSQLの誕生
    • 1.2.6 .日本語対応と国際化
    • 1.2.7 .PostgreSQLクロニクル
  • 1.3PostgreSQLの特徴
    • 1.3.1 .SQLのサポート
    • 1.3.2 .無償利用&ソースコードの公開
    • 1.3.3 .数多くのプラットフォームで稼動
    • 1.3.4 .多彩なプログラミングインターフェイスをサポート
    • 1.3.5 .クライアント/サーバアーキテクチャ
    • 1.3.6 .日本語化&国際化対応(マルチバイトサポート)
    • 1.3.7 .ユーザ定義関数
    • 1.3.8 .ユーザ定義データ型
    • 1.3.9 .リレーショナルデータモデルを超えるオブジェクト指向機能
    • 1.3.10 .PostgreSQLが扱うことのできる各種上限値

Chapter2 Instrallation〜PostgreSQLをセットアップしよう

  • 2.1インストールの前に
    • 2.1.1 .ドキュメント
  • 2.2インストールのための準備
    • 2.2.1 .ソースの入手方法
    • 2.2.2 .必要なツール類
  • 2.3コンパイルとインストール
    • 2.3.1 .必要なディスク容量
    • 2.3.2 .インストールのステップ
    • 2.3.3 .専用アカウント作成などの準備
    • 2.3.4 .ソースの展開
    • 2.3.5 .いよいよコンパイル
  • 2.4環境設定
    • 2.4.1 .コマンドサーチパス
    • 2.4.2 .環境変数
  • 2.5初期設定
    • 2.5.1 .データベースの初期化
    • 2.5.2 .postmasterの起動
    • 2.5.3 .postmasterの終了
    • 2.5.4 .regression test
    • 2.5.4 .postmasterの自動起動
  • 2.6ユーザ登録&ユーザDB作成
    • 2.6.1 .ユーザ登録
    • 2.6.2 .データベースの作成
  • 2.7基本的な使い方
    • 2.7.1 .psql
    • 2.7.2 .テーブルの作成
    • 2.7.3 .データ登録
    • 2.7.4 .データの表示
    • 2.7.5 .UPDATE
    • 2.7.6 .DELETE
    • 2.7.7 .DROP TABLE
    • 2.7.8 .COPY
    • 2.7.9 .psqlのヘルプ機能
    • 2.7.10 .バックスラッシュコマンド
  • 2.7.11 psqlの起動オプション

Chapter3 Learning PostgreSQL〜PostgreSQLをより深く知る

  • 3.1PostgreSQLのプロセス&モジュール構造
    • 3.1.1 .PostgreSQLを構成するプロセス
    • 3.1.2 .PostgreSQLのモジュール構造
    • 3.1.3 .PostgreSQLのデータ構造
  • 3.2PostgreSQLのソースツリー
  • 3.3PostgreSQLの問い合わせ言語
  • 3.4PostgreSQLの問い合わせ言語
    • 3.4.1 .概要
    • 3.4.2 .数値データ型
    • 3.4.3 .文字列データ型
    • 3.4.4 .日付データ型
    • 3.4.5 .バイナリデータ型
    • 3.4.6 .その他のデータ
    • 3.4.7 .その他の関数
    • 3.4.8 .配列
    • 3.4.9 .ラージオブジェクト
  • 3.5PostgreSQLの問い合わせ言語
    • 3.5.1 .スキーマ
    • 3.5.2 .制約
    • 3.5.3 .デフォルト値
    • 3.5.4 .シーケンスとシリアル型
    • 3.5.5 .ドメイン
    • 3.5.6 .一時テーブル
    • 3.5.7 .CREATE TABLE AS
    • 3.5.8 .ALTER TABLE
  • 3.6PostgreSQLの問い合わせ言語
    • 3.6.1 .ビュー
    • 3.6.2 .ビューの有用性
    • 3.6.3 .PostgreSQLのビューの制限
    • 3.6.4 .ルール
    • 3.6.5 .更新可能なビュー
    • 3.6.6 .ルールの利用性
    • 3.6.7 .ルールとトリガ
  • 3.7PostgreSQLの問い合わせ言語
    • 3.7.1 .相関名
    • 3.7.2 .DISTINCT
    • 3.7.3 .SELECT ...INFO
    • 3.7.4 .GROUP BYとHAVING
    • 3.7.5 .ORDER BY
    • 3.7.6 .CASE
    • 3.7.7 .NULLIF
    • 3.7.8 .COALESCE
    • 3.7.9 .行値コンストラクタ
    • 3.7.10 .サブクエリー
    • 3.7.11 .ALL/ANY/SOME
    • 3.7.12 .UNION
    • 3.7.13 .INTERSECT/EXCEPT
    • 3.7.14 .結合(JOIN)
    • 3.7.15 .カーソル
    • 3.7.16 .PREPAREとEXECUTE
  • 3.8PostgreSQLの問い合わせ言語
    • 3.8.1 .はじめに
    • 3.8.2 .CREATE FUNCTION
    • 3.8.3 .SQL関数
    • 3.8.4 .PL/pgSQL関数
  • 3.9PostgreSQLの問い合わせ言語
    • 3.9.1 .インデックスとは
    • 3.9.2 .CREATE INDEX/DROP INDEX文
    • 3.9.3 .VACUUM
    • 3.9.4 .関数インデックス
    • 3.9.5 .式インデックス
    • 3.9.6 .複合インデックス
    • 3.9.7 .部分インデックス
    • 3.9.8 .インデックスと CLUSTERコマンド
  • 3.10  PostgreSQLの問い合わせ言語
      • 3.10.1 .トリガの定義
      • 3.10.2 .トリガ用関数の定義
    • 3.11PostgreSQLの問い合わせ言語
      • 3.11.1 .トランザクションとは
      • 3.11.2 .トランザクションの開始/終了
      • 3.11.3 .トランザクションの特性
      • 3.11.4 .トランザクションの利用例
      • 3.11.5 .トランザクションの分離レベル
      • 3.11.6 .MVCC
      • 3.11.7 .トランザクションの同時実行制御
      • 3.11.8 .ロックモード
      • 3.11.9 .デッドロック
      • 3.11.10 .一時テーブルとトランザクション
    • 3.12PostgreSQLの問い合わせ言語
      • 3.12.1 .外部キー
      • 3.12.2 .参照整合性制約
      • 3.12.3 .参照操作
      • 3.12.4 .NULLの扱いとMATCHオプション
      • 3.12.5 .参照整合性チェックの遅延
      • 3.12.6 .参照整合性制約の追加/削除
      • 3.12.7 .まとめ
    • 3.13PostgreSQLの問い合わせ言語
      • 3.13.1 .インフォメーションスキマーとは
      • 3.13.2 .PostgreSQLにおけるインフォメーションスキマー
      • 3.13.3 .インフォメーションスキマーで使われるデータ型
      • 3.13.4 .インフォメーションスキマーの構成要素

    Chapter4 Making Applications〜PostgreSQLアプリケーションを作成する

    • 4.1アプリケーション作成の前に
      • 4.1.1 .アプリケーションの概要
      • 4.1.2 .テーブル定義について
      • 4.1.3 .データのPostgreSQLへの取り込み
      • 4.1.4 .名詞管理アプリケーションの使い方
      • 4.1.5 .注意事項
    • 4.2PHPインターフェイスを使って
      • 4.2.1 .PHPとは
      • 4.2.2 .PEARとは
      • 4.2.3 .Smartyとは
      • 4.2.4 .PHPなどの導入
      • 4.2.5 .アプリケーションの導入
      • 4.2.6 .アプリケーションの起動
      • 4.2.7 .ソースコードの解説
      • 4.2.8 .ドキュメントについて
    • 4.3Perlインターフェースを使って
      • 4.3.1 .PostgreSQLとPerl
      • 4.3.2 .DBD-Pgとは
      • 4.3.3 .DBIとDBD-Pgの導入
      • 4.3.4 .CGIとTemplate
      • 4.3.5 .アプリケーションの導入
      • 4.3.6 .アプリケーションの起動
      • 4.3.7 .ソースコードの解説
      • 4.3.8 .ドキュメントについて

    Chapter5 Managing PostgreSQL〜PostgreSQLの管理

    • 5.1PostgreSQLの管理とは
    • 5.2セキュリティ管理
      • 5.2.1 .pg_hba.conf
      • 5.2.2 .ユーザ単位の認証
      • 5.2.3 .GRANTによるアクセス権限の付与
      • 5.2.4 .REVOKEによるアクセス権限の剥奪
      • 5.2.5 .アクセス権限の確認
      • 5.2.6 .SSLによる通信経路の暗号化
    • 5.3ログ管理
      • 5.3.1 .syslogの設定
      • 5.3.2 .postgresql.confの設定
      • 5.3.3 .syslog以外へのログの取得
    • 5.4バックアップとリストア
      • 5.4.1 .データベースのバックアップ
      • 5.4.2 .バックアップの方法
      • 5.4.3 .バックアップの実際〜pg_dumpとpg_dumppall
    • 5.5VACUUM
      • 5.5.1 .VACUUMによる不要領域の再利用
      • 5.5.2 .トランザクションカウンタのオーバフローへの対処
      • 5.5.3 .VACUUM FULL
    • 5.6パフォーマンスチューニング
      • 5.6.1 .メモリ資源
      • 5.6.2 .大規模ユーザ数への対応
      • 5.6.3 .WAL
      • 5.6.4 .EXPLAINコマンドを理解する
      • 5.6.5 .VACUUMによる統計情報の更新
      • 5.6.6 .クエリの書き方における注意事項
      • 5.6.7 .SMPの効果
    • 5.7データベース監視
      • 5.7.1 .統計情報収集器
      • 5.7.2 .ロックの監視
    • 5.8レプリケーションの利用
      • 5.8.1 .pgpoolの仕組み
      • 5.8.2 .縮退運転
      • 5.8.3 .コネクションプール
      • 5.8.4 .pgpoolのインストール
      • 5.8.5 .pgpoolの設定
      • 5.8.6 .pgpoolの起動
      • 5.8.7 .pgpoolの利用
      • 5.8.8 .pgpoolの状態確認
      • 5.8.9 .pgpoolの利用上の注意
      • 5.8.10 .オーバーヘッド
      • 5.8.11 .他のレプリケーションソフト

    Appendix App.1 参考文献 App.2 付属CD-ROMについて

著者プロフィール

石井達夫(いしいたつお)

SRA OSS, Inc.日本支社 取締役支社長。SRA OSS, Inc.日本支社に所属。最近アナログ回帰が著しく,TODOは手帳に万年筆で書き込んでいます。

著書