知りたい!サイエンスシリーズ海野和男 昆虫擬態の観察日記

[表紙]海野和男 昆虫擬態の観察日記

四六判/224ページ

定価(本体1,680円+税)

ISBN 978-4-7741-3136-8

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

昆虫は,なぜかくもいろいろなものに化けることができるのか? 観察すればするほど,その巧妙さに舌を巻く。そんな昆虫の魅力に惹かれ,擬態を撮影してきた写真家・海野和男。日本を代表する昆虫写真家が,カメラを通して見続けてきた昆虫のだましあい戦略とはどんなものだろうだろう。

本書では,海野和男の手記とともに美しい昆虫擬態の写真を一挙公開。世界中の昆虫が繰り広げる擬態の世界を,思う存分楽しんでみよう。

こんな方におすすめ

  • 昆虫好きな方
  • 生物の不思議を垣間見たい方
  • 美しい写真好きな方

この書籍に関連する記事があります!

世界の海野が撮る昆虫の擬態
この夏,全く昆虫に出逢わなかった人は,ほとんどいないだろう。とかくこの世は昆虫だらけ。世界中のあらゆる場所に,膨大な種類の昆虫が住んでいる。

目次

Chapter 1 擬態って一体なんだろう?

  • 1-1 昆虫のカムフラージュ
  • 1-2 目立ちたくない VS 目立ちたい
  • 1-3 擬態はいかに発達したか

Chapter 2 目立ちたくない昆虫たち

  • 2-1 カムフラージュをする昆虫たち
  • 2-2 チョウやガの幼虫のカムフラージュ
  • 2-3 葉に化ける
  • 2-4 枝に化ける
  • 2-5 コケに化ける
  • 2-6 糞に似る糞装術
  • 2-7 とけ込む模様
  • 2-8 カムフラージュの天才・カマキリ

Chapter 3 目立ちたい昆虫たち

  • 3-1 目立つ擬態
  • 3-2 日本の擬態チョウ
  • 3-3 世界の擬態チョウ
  • 3-4 毒チョウ同士の擬態
  • 3-5 ハチに似た擬態
  • 3-6 アリに擬態する
  • 3-7 テントウムシやハムシ,ホタルに擬態する昆虫たち

Chapter 4 擬死と威嚇

  • 4-1 擬死
  • 4-2 威嚇