書籍の概要

この本の概要

私たち自身のからだはもちろんのこと,私たちの身の回りのものは,すべて元素で構成されています。元素を知ることで,ものを見る目が深くなり,よりいっそうこの世界に親しみを感じることができるようになります。本書では,最初に元素の基礎知識を解説し,さらに原子番号順に個々の元素を取り上げ,発見の歴史やどう実用されているかなどが,見開きページでわかりやすくやわらかく説明しています。化学を学びなおしたいと思っている初学者におすすめです。

こんな方におすすめ

  • 化学を学びなおしたいと思っている初学者

この書籍に関連する記事があります!

裸眼じゃ原子は見えないけれど
今,あなたの目の前にあるものは何でしょう。この文章を読んでいるということは,あなたの眼が捉えているのは,紙版の電脳通信でしょうか,それともWeb版電脳通信でしょうか。

目次

序章 元素の全体像をおさえよう―知っておきたい基礎知識

  1. 元素はあいうえお?
  2. 原子の大きさと重さ
  3. 原子の姿はどう考えられてきた?
  4. 元素の数はどれくらい?
  5. この宇宙と元素の関係
  6. 元素と地球と私たち
  7. 私たちのからだの成分分析
  8. 周期表を見れば性質がわかる
  9. 電子の並びこそが周期だった
  10. 周期表を作った科学者たち
  11. 周期表にもいろいろあった
  12. 周期表と日本の発展

本章 個々の元素と親しくなろう―元素の身近な話題と発見の歴史