WEB+DB PRESS plusシリーズ誰も書かなかった SEサバイバルガイド
〜やりたいことしかやらない「悪魔の流儀(デーモン・スタイル)」

[表紙]誰も書かなかった SEサバイバルガイド 〜やりたいことしかやらない「悪魔の流儀(デーモン・スタイル)」〜

四六判/224ページ

定価(本体1,680円+税)

ISBN 978-4-7741-3814-5

ただいま弊社在庫はございません。

電子版

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

IT業界に働く技術者の生存競争はどんどん厳しくなっていますが,その中で生き残っていくために必要なのは,あれもこれもやろうとするのではなく,「しがらみのない状態で,自分が本当に大事だと思うことだけにもっと時間とエネルギーを注く」というシンプルなルールです。本書では,こうしたスタンスに立つ人を「悪魔」(デーモン)になぞらえて,ITコンサルタントとして第一線で活躍する筆者が,その公私に渡るノウハウを注いで,読者がしたたかに生き残っていくための戦略と戦術について解説します。

こんな方におすすめ

  • 将来に不安を持っているSEの方
  • 仕事にストレスを感じているSEの方
  • 将来何をしたらよいかわからないSEの方

この書籍に関連する記事があります!

[祝]12冊記念! WEB+DB PRESS plusシリーズ大集合
刻々と移り変わる情報技術,インターネットの業界。次々と登場する新技術を,日々キャッチアップするのは大変です。技術の進化を追うためは,知識の積み重ねが必要な場面が多々あります。

目次

序章 なぜ悪デーモン魔は生き残れるのか

Ⅰ あなたの隣の「デキるSE(悪魔)」

  • SEとして生き残るための法則「悪魔の流儀」
  • 悪魔の具体的なイメージ
  • 悪魔が生き残れる理由
  • 悪魔の流儀の3つの柱

第1章 悪魔のビジョン:自分の価値基準で行動する

Ⅰ 悪魔は価値観がはっきりしている

  • その価値観は将来につながっているか
  • あなたのビジョンは何?
  • というわけで,ビジョンを持ちましょう
  • ビジョンを明らかにする手順
  • あなたはどうなりたいか
  • やりたいことをはっきりさせる
  • 自分のものさしを持つ
  • 悪魔の流儀を確立する
  • 段階を経て,最適な方法を探る

Ⅱ 悪魔はあくまでも自分が基準

  • 悪魔は自律している
  • 悪魔の思考法
  • アクティビティ管理も自分本位
  • 従来の方法の問題
  • 悪魔の優先度判断
  • 悪魔は積極的に先送りする
  • 悪魔はぶれない

Ⅲ 悪魔は開き直っている

  • 決して「自分勝手」なわけではない
  • 開き直ればネガティブにならない

第2章 悪魔の戦略:やりたいことに集中する

Ⅰ 悪魔はやりたいことを優先する

  • 仕事をしててもスキルアップしない?
  • やりたいことを優先するメリット

Ⅱ 悪魔はやりたくないことを捨てる

  • 悪魔はやりたいことしかやらない
  • 「気にならない」メールには返事をしない
  • 気にならない会議には出ない

第3章 悪魔の戦術:できる方法でやる

Ⅰ 悪魔はがんばらない

  • できない無理はしない
  • 「自分だけで何とかしよう」とは思わない
  • 完璧を求めない
  • 現実解を求める
  • がんばり過ぎない
  • 生活時間を優先する
  • ストレスはスグに発散する
  • 悪魔は何を勉強するか
  • 「読み書きソロバン」
  • 記憶(知識)は必須ではない
  • 記憶力を“放棄”する

Ⅱ 悪魔は最短距離を選ぶ

  • 生き残るための工夫
  • できるように工夫する
  • 「努力しない」工夫をする
  • 目的にこだわる
  • あるものは使う
  • 人を使う

Ⅲ 悪魔は必要なときは惜しまない

  • 悪魔は怠け者?
  • 気になることは徹底的に自分で
  • 時間を作る
  • 細切れ時間を活用する
  • 意図的に時間を分割する
  • 集中できる場所を確保する
  • やむをえないものは覚える
  • 覚えたことを人に説明する

著者プロフィール

桐山俊也(きりやまとしや)

某SI会社エグゼクティブ/ディレクター。オフィスの家具選びから大手企業のグループIT戦略策定まで,どんなテーマにも喰らいつく悪食コンサルタント。私生活でも非常に多趣味。凝り性のクセに飽きっぽいので,常に新しい分野を捜し求めている。いつも泰然としていて物事に動じない,困った顔を見たことがない…とは周囲の評。どうみても仕事や人生をなめている悪魔。


川村丹美(かわむらあけみ)

某SI会社,セキュリティ/リスクマネジメントのコンサルタント。雑誌編集,保険勧誘員,社長秘書,その他経験した職種と渡り歩いた会社数は著者3人の中ではダントツ。まわりからは「40%の努力と10%の皮肉と50%の愛情」で構成されていると評価を受けるなど,普段は悪魔をカモフラージュしている。器用で気配りもできる,もっとも天使に近い悪魔。


西澤晋(にしざわすすむ)

あるときは会計士,あるときは某SI会社ERPプロジェクトのマネジャー兼コンサルタント,そしてあるときはセールス部門の部門長。しかしてその実体は,週末ごとに山野やを放浪する生粋のバードウォッチャー。「会社は副業」などと公言してはばからないが,実力も実績もあるので,社内では怖いものナシ。お気楽&ポジティブマインドで我が道を行く,生まれついての悪魔。