ThinkMapシリーズ明日の水は大丈夫? バケツ1杯で考える「水」の授業

[表紙]明日の水は大丈夫? バケツ1杯で考える「水」の授業

A5判/160ページ

定価(本体1,480円+税)

ISBN 978-4-7741-3986-9

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

トイレの水からごはんの水,地球の水,パレスチナの水,水道水をめぐる危機など,水をめぐるイロイロを「バケツ1杯=人間ひとりが1日生きていくのに最小限必要な量」ではかります。休み時間や給食もある「水」の授業,はじまりはじまり~!

イラストは,月刊IKKI,ネムキ等で活躍中の岩岡ヒサエ氏による描き下ろし。部屋に飾って楽しめる時間割Mapもついてるよ!

こんな方におすすめ

  • 水問題に関心のある人
  • 水についてたのしく教えたい人・学びたい人
  • 水なしに生きられないすべての人

著者の一言

学校で「水の授業」をしながら,水を身近にとらえる方法をずっと考えてきました。その結果,あみだしたのが,「バケツ1杯=10リットル」ではかるという方法です。体重50キロの人の体にはバケツ3杯の水が入っています。日本人は1日バケツ25杯の水を使い,水道からは1分間にバケツ1.2杯の水が流れますが,西アフリカでは1日にバケツ1杯も使えません。お茶碗1杯のごはんをつくるにはバケツ28杯の水が必要で,日本の水道水はバケツ1杯1.53円です。バケツ1杯の森羅万象をのぞいてみませんか?

本書のサンプル

本書の一部ページを,PDFで確認することができます。

本書の紙面イメージは次のとおりです。画像をクリックすることで拡大して確認することができます。

サンプル画像1

サンプル画像2

サンプル画像3

目次

はじめに

1時間目 生きるための水,暮らすための水

  • 体重50キロの大人が体内にもっている水
  • 体から失うと死んでしまう水の量
  • 4人家族が1日生きるために,最低限必要な水
  • 日本人が1日に使う水の量
  • 水道の蛇口から1分間に流れていく水の量
  • 西アフリカの村での1日の水使用量
  • エチオピアの村で使っていた水瓶に入る水
  • 人間が人間らしい生活を営める水の量
  • ラーメンの汁で汚れた水をきれいに戻すために必要な水

休み時間 世界各地の「水の声」

2時間目 食料づくりの水,製品づくりの水

  • 牛肉10グラムをつくるための水
  • オガララ水系の水が0.1秒間になくなる量
  • 発展途上国で利用できる淡水のうち,かんがいによってロスする水
  • 鉄1キログラムつくるのに必要な水
  • 長江で0.1秒に排出される工場排水
  • 世界で0.1秒間に農業で使われる水

休み時間 世界の「水」なぞなぞ

3時間目 地球の水をはかってみよう

  • 地球の水は約13億5000万立方キロメートル
  • 高さ50メートルの樹が,地中から吸い上げた水を1日で空中に放出する量
  • 地球の水を給水車1台分としたとき人間の使える淡水の量
  • 日本人1人が1日に使える水の量
  • 北京の生活用水の増加量
  • 中国北部の農村での1日の給水量
  • 0.01秒間にグリーンランドの氷河が溶けるスピード

休み時間 水の性質あれこれ

4時間目 日本に入ってくる水

  • イスラエルで使える水,パレスチナで使える水
  • 日本人1人が1年間に海外から輸入するボトル水
  • 日本人が1日1人当たり輸入している水
  • 牛肉を食べたときの日本人1人当たり年間水輸入量
  • Tシャツ1枚分のコットンをつくるのに必要な水
  • 食料輸入がストップしたときの1日の献立に使われる水

給食 給食の水をはかってみよう!

5時間目 まちのなかの水を考える

  • 水道料金の全国平均
  • 水道水とボトル水の料金を比較すると
  • 最高においしい水の値段
  • 同じ水道料金でも,ろ過方法によって味は違う
  • 高度浄水処理によって増加する費用
  • 15年前と比べた水道料金の上昇
  • バケツ1杯のわき水の値段
  • 東京都内で1日に処理される下水の量

休み時間 上下水道のはじめて

6時間目 水のスマートユース

  • 体を洗っているときにシャワーを止めて節約できる水
  • 洗車方法を変えたときに節約できる水の量
  • 食器洗浄機を使ったときの水使用量
  • トイレの水は減少中
  • 日本人が1日に食べ残す水
  • お風呂の水をリユースできる洗濯機の水使用量
  • 1年間に利用される雨水の量
  • 1日当たりに再利用される下水処理水
  • 海水を真水に変えるのに必要な電力
  • 日本の1日のODA援助額で買える,日本の水道水の量
  • あるメーカーが田んぼに川から水を引き,地下にしみ込んだ水の量

放課後 水は変化の触媒

終わりに

著者プロフィール

橋本淳司(はしもとじゅんじ)

水ジャーナリスト,作家。日本水フォーラム節水リーダー。1967年,群馬県館林市生まれ。学習院大学卒業後,出版社勤務を経て現職。日本国内,世界各地の「水」を取材し,水をテーマにしたルポルタージュ,エッセイなど多数執筆。同時に水の大切さ,水のスマートユース(賢い利用法)を伝える「水の授業」を東京学芸大学,つくば国際大学高校,横浜市立桂小学校などで展開。Think The Earth Project「みずのがっこう」では副校長を勤める。主な著書に,『世界が水を奪い合う日・日本の水が奪われる日』『水の大研究』『水問題の重要性に気づいていない日本人』(以上PHP研究所),『おいしい水 きれいな水』(日本実業出版社)などがある。

著者ホームページ:http://www.aqua-sphere.net/