デジタル一眼レフ ベストショットの撮り方教えます

[表紙]デジタル一眼レフ ベストショットの撮り方教えます

B5変形判/160ページ

定価(本体1,980円+税)

ISBN 978-4-7741-4196-1

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

せっかく買ったデジタル一眼レフ,その能力を引き出し,撮影したいと思う人は多いのではないでしょうか? 撮りたいと思った瞬間を写真として残すノウハウを,カメラマンである筆者がやさしくアドバイスしてくれます。

「基礎編」でひと通り撮影に関する知識をおさえ,「実践編」で被写体に合わせたワンポイントアドバイスを読んで撮影。レベルアップには撮影の回数を重ねることも大事ですが,まずは本書で撮影のノウハウを学び,いざというときの撮影に備えましょう!

こんな方におすすめ

  • 指示を仰ぐ先輩カメラマンなどがいない方
  • 技術に興味があり,こだわりのある方
  • 自分の撮影方法の幅を広げたい方
  • 写真の基礎を勉強したい方
  • 楽しくスキルアップしたい方

著者の一言

一眼レフカメラはどんどん性能が良くなり,趣味としても多くのユーザーに愛用されるようになりました。性能が良くなっている反面,使うユーザー側も,スキルアップしなくては折角の機能を持てあますことになりかねません。

本当の意味での「カメラの構え方」とは,どんなことなのか? 実際に写真を撮影する時に必要な「露出の関係」とはどんなことなのか? 写真を撮影する時に「一番大切なこと」は,どのようなことなのか? これらを基礎編にて,わかりやすく解説しています。初心者の方から,中級者の方まで,読んでいただきたいと思います。

そして,初めての方は,何度も読み返して基礎を自分のモノにしていただけますと著者としては喜びの極みでございます。

応用編では実際に作者が撮影するときに,気を付けていることはもちろんのこと,初めて撮影する方の「わからない」を解説しています。

「写真道」は奥が深いもの。私もマダマダ修行中ですので,これからもたくさん学んで行きたいと思います。

これから写真を始める方に,ぜひ読んでいただきたいです。

一度,目を通していただき,そして気に入ったらぜひお買い上げください。きっと写真を撮る時にお役に立つと思います。よろしくお願いします。

本書のサンプル

本書の紙面イメージは次のとおりです。画像をクリックすることで拡大して確認することができます。

サンプル画像1

サンプル画像2

サンプル画像3

目次

  • ギャラリー

基礎編Ⅰ

  • シャッター速度とF値
  • ISO感度について
  • 色温度と色補正
  • 一眼レフカメラの構え方
  • 被写界深度

基礎編Ⅱ

  • 四大要素①「光」
  • 四大要素②「構図」
  • 四大要素③「ピント」
  • 四大要素④「色」
  • デジタルカメラの特性
  • レンズについて

実践編

テーブルフォト

  • 生花
  • 野菜
  • フルーツ
  • ケーキ
  • 料理
  • 食器
  • テーブル
  • 透明素材
  • グラス
  • 金属小物
  • ジュエリー
  • 小物

シーネリーフォト

  • 都市
  • 高層建築
  • 街並
  • 建築物
  • 建造物
  • 彫刻
  • 神社・仏閣
  • 夜景

ネイチャーフォト

  • 空と雲
  • 植物
  • 富士山
  • 太陽

スナップフォト

  • 魚眼レンズ
  • シルエット
  • 水族館
  • 動物園

ポートレート

  • 赤ちゃん
  • 子供
  • 女性
  • 男性

巻末付録

  • ストロボについて
  • 動体予測と手ぶれ補正

デジカメ用語辞典

著者プロフィール

原智幸(はらともゆき)

1973年生まれ。東京ビジュアルアーツ(旧東京写真学校)商業写真科卒業後,(株)日本パブリックセンターに就業し,カメラマンとしての第一歩を経験。SHOTにてスポーツの写真,アーバンアーツ(株)にて建築写真,(有)ヨコヲスタジオにてスタジオ写真を学ぶ。

1996年より一貫して競馬撮影を継続。JRAのフリーカメラマンとして活動中。現在は,社台サラブレッドクラブ,サンデーサラブレッドクラブ,サラブレッドクラブラフィアンの契約カメラマン。競馬はライフワーク的な部分も多いが,料理や建築,犬の撮影も得意とする。競馬の写真集著書は4種。2005年にJRAのブランドCMを担当した。

http://www.foreseerphoto.com