高速・多機能を実現する PIC32MX活用ガイドブック

[表紙]高速・多機能を実現する PIC32MX活用ガイドブック

B5変形判/392ページ/CD1枚

定価(本体3,300円+税)

ISBN 978-4-7741-4215-9

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

PIC32MXは,80MIPSという高速処理が可能なCPUをもつ32ビットマイコンです。メモリ容量も大きくなり,より大規模なアプリケーションも実装できるようになりました。また,32×32ビットの乗算器を備え,各種の内蔵周辺モジュールも数多く実装されていて,応用範囲が幅広いマイコンです。

このPIC32MXの詳しい使い方や,複雑なアプリを効率よく開発するためのRTOSについて,豊富な実例を交えて詳しく解説しています。プログラムや製作例のパターン図などをおさめたCD-ROM付きです。

こんな方におすすめ

  • PIC32MXを使ってみたい方
  • PICでRTOSを使いたい方

目次

第1章 PIC32MXファミリの概要

第2章 PIC32MXファミリのアーキテクチャ

  • 2-1 全体構成
  • 2-2 MIPS社のCPUの特徴
  • 2-3 メモリアーキテクチャ
  • 2-4 バスマトリクス
  • 2-5 プリフェッチキャッシュモジュール
  • 2-6 クロックモジュール
  • 2-7 リセット
  • 2-8 電源と省電力制御
  • 2-9 割り込み
  • 2-10 システムの最適化設定

第3章 開発環境

  • 3-1 ソフトウェア開発環境概要
  • 3-2 開発用ソフトウェアツールの概要
  • 3-3 開発用ハードウェアツールの概要

第4章 Cコンパイラの使い方

  • 4-1 「MPLAB C for PIC32」の概要
  • 4-2 MPLAB C for PIC32の仕様
  • 4-3 割り込み処理の記述
  • 4-4 コンフィギュレーションとその記述方法
  • 4-5 実行時の環境
  • 4-6 標準入出力関数

第5章 汎用ユニットの製作

  • 5-1 汎用ユニットの概要
  • 5-2 汎用ユニットの製作
  • 5-3 汎用ユニットの外部インターフェース

第6章 周辺モジュールの使い方

  • 6-1 I/Oポートの使い方
  • 6-2 カラー漢字グラフィック液晶表示器の使い方
  • 6-3 DMAモジュールの使い方
  • 6-4 タイマモジュールの使い方
  • 6-5 UARTモジュールの使い方
  • 6-6 A/Dコンバータモジュールの使い方
  • 6-7 コンパレータと電圧リファレンスモジュールの使い方
  • 6-8 出力コンペアモジュールの使い方
  • 6-9 入力キャプチャモジュールの使い方
  • 6-10 SPIモジュールの使い方
  • 6-11 SDカードとファイルシステムの使い方
  • 6-12 I2Cモジュールの使い方
  • 6-13 RTCCモジュールの使い方
  • 6-14 フラッシュメモリの読み書きの仕方
  • 6-15 省電力制御とウォッチドッグタイマの使い方

第7章 FreeRTOSの概要

  • 7-1 FreeRTOSの概要
  • 7-2 FreeRTOSの全体構成
  • 7-3 FreeRTOSの基本動作
  • 7-4 FreeRTOSの移植
  • 7-5 FreeRTOSの構成設定

第8章 FreeRTOSの使い方

  • 8-1 FreeRTOSの全体記述とタスクの作り方
  • 8-2 タスクの動かし方
  • 8-3 キューバッファの使い方
  • 8-4 割り込み処理の構成とAPI関数
  • 8-5 セマフォの使い方
  • 8-6 排他制御
  • 8-7 RAMメモリ管理の方法
  • 8-8 デバッグの仕方

第9章 FreeRTOSの応用例

  • 9-1 卓上型MP3プレーヤの概要
  • 9-2 ハードウェアの製作
  • 9-3 プログラムの製作
  • 9-4 動作確認