技評SE選書シリーズいちばんやさしいデータベースの本

[表紙]いちばんやさしいデータベースの本

四六判/160ページ

定価(本体1,680円+税)

ISBN 978-4-7741-4312-5

ただいま弊社在庫はございません。

電子版

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

SE,プログラマーの必須知識である「データベース」について,基本からていねいに解説したデータベース入門。「データベースとは何か」「そもそもデータとは?」という基本から始めるので,途中でつまずくことなく読み進めることができる。データベース設計やSQLによるプログラミングなど,実務に欠かせない技術についてもしっかりと解説。

こんな方におすすめ

  • SEになりたての人
  • データベース開発の基礎力を身につけたい人
  • IT業界に興味のある人

目次

第1章 データベース入門

  • 1. そもそもデータとは何か
  • 2. データベースとは
  • 3. データモデルについて
  • 4. スキーマについて

第2章 データベースシステム入門

  • 1. トランザクションについて
  • 2. ロックについて
  • 3. 障害回復について
  • 4. ユーザー権限について

第3章 リレーショナルデータベース入門

  • 1. 関係代数について
  • 2. データ型について
  • 3. さまざまなキー
  • 4. インデックスとは
  • 5. ビューとは
  • 6. SQLとは
  • 7. ストアドプロシージャとは
  • 8. ストアドファンクションとは
  • 9. トリガーとは

第4章 データベース設計入門

  • 1. システムの目的を明確にする
  • 2. 正規化について
  • 3. データの整合性について
  • 4. データのセキュリティについて
  • 5. データベースのパフォーマンス
  • 6. データベースの保守について

第5章 SQL入門

  • 1. 本章で使うサンプルテーブル
  • 2. テーブルからデータを取得する
  • 3. テーブルにデータを追加する
  • 4. テーブルのデータを更新する
  • 5. テーブルのデータを削除する
  • 6. SQLの拡張命令について

第6章 さまざまなデータベースの技術とその用途

  • 1. データウェアハウス
  • 2. 分散データベース
  • 3. オブジェクトデータベース
  • 4. XMLデータベース
  • 巻末補足(1) リレーショナルデータベースの種類
  • 巻末補足(2) オープンソースソフトウェアについて